三つ星は何軒? 『ミシュランガイド東京2018』発表

2017.11.28 自動車ニュース
『ミシュランガイド東京2018』
『ミシュランガイド東京2018』拡大

日本ミシュランタイヤは2017年11月28日、ホテル・レストランのガイドブック『ミシュランガイド』の最新版、『ミシュランガイド東京2018』の内容を発表した。発売は同年12月1日で、価格は3240円。

あいさつに立った日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ社長。「新しい『ミシュランガイド東京2018』には、創刊以来のモビリティーへの熱い思いが詰まっています。東京に住む人にも、東京を旅する人にも楽しみを提供したいです。あ、ご旅行の際にはぜひミシュランタイヤでどうぞ」と語った。
あいさつに立った日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ社長。「新しい『ミシュランガイド東京2018』には、創刊以来のモビリティーへの熱い思いが詰まっています。東京に住む人にも、東京を旅する人にも楽しみを提供したいです。あ、ご旅行の際にはぜひミシュランタイヤでどうぞ」と語った。拡大
『ミシュランガイド東京2018』では、59軒の店が新たに「ビブグルマン」として掲載された。写真はその関係者らによるフォトセッション。
『ミシュランガイド東京2018』では、59軒の店が新たに「ビブグルマン」として掲載された。写真はその関係者らによるフォトセッション。拡大
新たに星を獲得した店や星が増えた店、そして三つ星の店にはシェフジャケットが贈られた。
新たに星を獲得した店や星が増えた店、そして三つ星の店にはシェフジャケットが贈られた。拡大
『ミシュランガイド東京2018』に掲載される三つ星レストランは全部で12軒。ラインナップは2017年度版から変わっていない。
『ミシュランガイド東京2018』に掲載される三つ星レストランは全部で12軒。ラインナップは2017年度版から変わっていない。拡大

二つ星が2軒増、一つ星が5軒増

ミシュランガイドでは、「そのために旅行する価値がある卓越した料理」がある店を三つ星、「遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理」がある店を二つ星、「そのカテゴリーで特に美味しい料理」がある店を一つ星として評価する。また、これとは別に、「コストパフォーマンスの高いレストラン・5000円以下で食事ができるレストラン」を「ビブグルマン」として星を付けずに掲載している。

評価の基準は「素材の質」「調理技術の高さと味付けの完成度」「料理の独創性」「コストパフォーマンス」「常に安定した料理全体の一貫性」の5項目と公表されており、全て“お皿の上”のみを対象としている。そのため、サービスやしつらえなどは、星とは別の項目で評価する。

2018年度版では、三つ星獲得は12軒(前年比増減なし)、二つ星は56軒(同2軒増)、一つ星は166軒(同5軒増)、ビブグルマンが278軒(同37軒減)となっている。

三つ星を獲得した店は以下のとおり。

  • 麻布 幸村(日本料理):麻布十番
  • 臼杵ふぐ 山田屋(ふぐ):西麻布
  • 神楽坂 石かわ(日本料理):神楽坂
  • かんだ(日本料理):元麻布
  • カンテサンス(フランス料理):白金台
  • 虎白(日本料理):飯田橋
  • ジョエル・ロブション(フランス料理):恵比寿
  • すきやばし 次郎 本店(寿司):銀座
  • 鮨 さいとう(寿司):赤坂
  • 鮨 よしたけ(寿司):銀座
  • まき村(日本料理):大森
  • 龍吟(日本料理):六本木

なお、かんだ、カンテサンス、ジョエル・ロブション、すきやばし 次郎 本店の4軒は、ミシュランガイド東京が初めて刊行された2007年以来、11年連続で三つ星を獲得し続けている。

(webCG)

関連キーワード:
ミシュラン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事