「ボルボXC60」が「日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018」を受賞

2017.12.11 自動車ニュース

“その年の最も優秀なクルマ”を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018」の最終選考会が2017年12月11日に東京都内で開かれ、新型「ボルボXC60」が今年のイヤーカーに選ばれた。

ボルボ車としては初の受賞

今回の受賞は、輸入車としては「日本カー・オブ・ザ・イヤー2013-2014」の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」以来2度目、ボルボ車としては初となるもの。次点は「BMW 5シリーズセダン/ツーリング」だった。

その他各賞については、イノベーション部門賞を「トヨタ・プリウスPHV」が、エモーショナル部門賞を「レクサスLC」が、スモールモビリティ部門賞を「ホンダ N-BOX/N-BOXカスタム」がそれぞれ受賞。このほか、トヨタの「ハイブリッド車の世界累計販売が1000万台突破」と、レーシングドライバー佐藤琢磨選手の「インディアナポリス500マイルレースで日本人初の優勝」の2つの事案が、実行委員会特別賞を受賞した。

最終選考の対象車「10ベストカー」と、最終選考での順位および得票点数は以下の通り。

1位:ボルボXC60(294点)
2位:BMW 5シリーズセダン/ツーリング(242点)
3位:トヨタ・カムリ(232点)
4位:スズキ・スイフトシリーズ(210点)
5位:ホンダN-BOX/N-BOXカスタム(189点)
6位:レクサスLC(115点)
7位:アルファ・ロメオ・ジュリア(89点)
8位:マツダCX-5(83点)
9位:シトロエンC3(35点)
10位:フォルクスワーゲン・ティグアン(11点)

(webCG)

「ボルボXC60」
「ボルボXC60」拡大

関連キーワード:
XC60, ボルボ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.24 試乗記 新千歳空港を起点に、北海道を西へ東へとあてのない旅に出た『webCG』取材陣。ドライブのパートナーは、ディーゼルエンジンを搭載した「ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション」。1000km近いロングドライブの後に、リポーターは何を思う?
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.5.24 試乗記 ライバルがひしめき合うコンパクトSUVの世界に現れた、ボルボ渾身(こんしん)のニューモデル「XC40」。そのデザインや走りは、北欧ブランドならではの個性にあふれていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • ホンダCR-V EX・マスターピース(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.11 試乗記 日本市場を去ってから2年あまり。いよいよ「ホンダCR-V」が帰ってきた。とはいえ、見た目にも中身にもメインマーケットであるアメリカの空気が漂っているのは否めないところ。日本の道路における使い勝手はどうなのか!?
ホームへ戻る