「ボルボXC60」が「日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018」を受賞

2017.12.11 自動車ニュース

“その年の最も優秀なクルマ”を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018」の最終選考会が2017年12月11日に東京都内で開かれ、新型「ボルボXC60」が今年のイヤーカーに選ばれた。

ボルボ車としては初の受賞

今回の受賞は、輸入車としては「日本カー・オブ・ザ・イヤー2013-2014」の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」以来2度目、ボルボ車としては初となるもの。次点は「BMW 5シリーズセダン/ツーリング」だった。

その他各賞については、イノベーション部門賞を「トヨタ・プリウスPHV」が、エモーショナル部門賞を「レクサスLC」が、スモールモビリティ部門賞を「ホンダ N-BOX/N-BOXカスタム」がそれぞれ受賞。このほか、トヨタの「ハイブリッド車の世界累計販売が1000万台突破」と、レーシングドライバー佐藤琢磨選手の「インディアナポリス500マイルレースで日本人初の優勝」の2つの事案が、実行委員会特別賞を受賞した。

最終選考の対象車「10ベストカー」と、最終選考での順位および得票点数は以下の通り。

1位:ボルボXC60(294点)
2位:BMW 5シリーズセダン/ツーリング(242点)
3位:トヨタ・カムリ(232点)
4位:スズキ・スイフトシリーズ(210点)
5位:ホンダN-BOX/N-BOXカスタム(189点)
6位:レクサスLC(115点)
7位:アルファ・ロメオ・ジュリア(89点)
8位:マツダCX-5(83点)
9位:シトロエンC3(35点)
10位:フォルクスワーゲン・ティグアン(11点)

(webCG)

「ボルボXC60」
「ボルボXC60」拡大

関連キーワード:
XC60, ボルボ, -->, 自動車ニュース

ボルボ XC60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.9 試乗記 「ボルボV60」の高性能バージョン「T8ポールスターエンジニアード」に試乗。全車の電動化戦略を着々と進めるボルボ。その旗振り役を務めるように電気の力でハイパフォーマンスを手にしたコンプリートモデルの仕上がりは?
  • ボルボXC60 B6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)/V60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.23 試乗記 ボルボの中核を担う「60シリーズ」に、新エンジンを搭載した「XC60 B6 AWD R-DESIGN」と、「V60」初の「R-DESIGN」モデルとなる「V60 B5 R-DESIGN」が登場。ともに48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載した両モデルは、どのような走りを見せるのか?
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
ホームへ戻る