トヨタが「ポルテ/スペイド」を一部改良、特別仕様車も

2017.12.11 自動車ニュース
「トヨタ・ポルテF“a la mode Brun(ア・ラ・モード・ブラン)”」
「トヨタ・ポルテF“a la mode Brun(ア・ラ・モード・ブラン)”」拡大

トヨタ自動車は2017年12月11日、コンパクトカー「ポルテ」「スペイド」に一部改良を実施するとともに、特別仕様車「ポルテF“a la mode Brun(ア・ラ・モード・ブラン)”」「スペイドF“Queen III”」を設定し、販売を開始した。

「ポルテF“a la mode Brun”」のインストゥルメントパネルまわり。
「ポルテF“a la mode Brun”」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「ポルテF“a la mode Brun”」のシート。
「ポルテF“a la mode Brun”」のシート。拡大
「スペイドF“Queen III”」
「スペイドF“Queen III”」拡大
「スペイドF“Queen III”」のインストゥルメントパネルまわり。
「スペイドF“Queen III”」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「スペイドF“Queen III”」のシート。
「スペイドF“Queen III”」のシート。拡大

装備の強化に加えカラーバリエーションも変更

今回の一部改良では、スマートエントリー&スタートシステム、盗難防止システム、オート電動格納式リモコンカラードドアミラーをセットにした「スマートエントリーパッケージ」を全車標準装備とした。

またポルテでは、内装色「フロマージュ」に使用するアクセントカラーを「ブラッドオレンジ」としたほか、外装色に新たに「アクアブルーメタリック」「ブルーメタリック」を採用。一方スペイドでは、外装色に「フレッシュグリーンマイカメタリック」「ブルーメタリック」を新設定した。

価格は両モデルともに182万8440円から212万8680円。

脱着・洗浄が可能なシートカバーを採用

同時に設定されたポルテF“a la mode Brun”とスペイドF“Queen III”は、いずれも充実した装備と特別な内外装の仕様を特徴とした特別仕様車である。概要は以下の通り。

【ポルテF“a la mode Brun”】
ファスナーで簡単に脱着でき、丸洗いが可能なウオッシャブルカバーシート、スーパーUVカットパッケージ、HIDパッケージなどを特別装備。内装色は「フロマージュ」で、各所にアクセントとしてブラウンを採用。天井とウオッシャブルカバーシートには千鳥格子柄をあしらった専用デザインを用いている。外装色には「アクアブルーメタリック」「チェリーパールクリスタルシャイン」「ホワイトパールクリスタルシャイン」「クリームベージュ」の4色を用意している。

【スペイドF“Queen III”】
ファスナーで簡単に脱着でき、丸洗いが可能なウオッシャブルカバーシートや、メッキの装飾パーツやデジタル式センターメーターなどからなるドレスアップパッケージ、スーパーUVカットパッケージ、HIDパッケージなどを特別装備。インテリアについては内装色をブラックとし、天井とウオッシャブルカバーシートは千鳥格子柄をあしらった専用デザインとしている。ボディーカラーは「ホワイトパールクリスタルシャイン」「ボルドーマイカメタリック」「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」、特別設定色の「ブラック」の全4色。

価格は両モデル共通で、FF車が199万4760円、4WD車が214万5960円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ポルテ, スペイド, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ポルテ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • ホンダ・シビック タイプR リミテッドエディション(FF/6MT)【試乗記】 2020.11.21 試乗記 ホームコースの鈴鹿サーキットで、ホンダがFF車最速の座を宿敵ルノーから奪還した。その立役者となったのが、「シビック タイプR」のマイナーチェンジと同時に登場した「リミテッドエディション」。聖地・鈴鹿に赴き、進化と速さの秘密を探った。
ホームへ戻る