【東京オートサロン2018】三菱が特別仕立ての「エクリプス クロス」を展示

2017.12.18 自動車ニュース
「三菱エクリプス クロス プレミアムスポーツ コンセプト」
「三菱エクリプス クロス プレミアムスポーツ コンセプト」拡大

三菱自動車は2017年12月18日、カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2018」(開催期間:2018年1月12日~14日)における出展概要を発表した。

「エクリプス クロス フィールドアスリート コンセプト」
「エクリプス クロス フィールドアスリート コンセプト」拡大
「デリカ D:5アクティブギア」
「デリカ D:5アクティブギア」拡大

2018年の東京オートサロンで三菱は、新ブランドメッセージ“Drive your Ambition”をテーマにブースを展開。新型クロスオーバー「エクリプス クロス」をベースとしたカスタマイズモデルを2車種展示するほか、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV プレミアムスポーツ コンセプト」と、「デリカD:5アクティブギア」も出展する。

各車の概要は、以下の通り。

エクリプス クロス プレミアムスポーツ コンセプト

クーペとしてのスタイリッシュさを高めたモデル。フロントバンパーおよびサイドドアガーニッシュをボディー同色とし、下部をモノトーンに統一することで、より上質でスポーティーなハイスピードツアラーのイメージを演出。RAYS製アルミホイール「STRATAGIA Avventura」(20×8.5Jサイズ)、高速安定性に優れる「ヨコハマ・アドバンスポーツV105」(245/40R20サイズ)を装着し、スポーティーさを際立たせた。

エクリプス クロス フィールドアスリート コンセプト

大地を疾走するダイナミックなSUVをイメージし、強い輝きと高品質感を表現した、ブロンズメタリックのボディーカラーを採用。エンジンフードプロテクターや、RAYS製アルミホイール「FDX-F7」(18×7.5Jサイズ)、「ヨコハマ・ジオランダーA/T G015」(225/55R18サイズ)を装着し、走破性が高くタフなSUVのイメージを強調した。

アウトランダーPHEV プレミアムスポーツ コンセプト

カーボン柄を部分的にあしらったフロント、サイドおよびリアのエアダムを装着。RAYS製アルミホイール「VERSUS STRATAGIA VOUGE」(20×8.5Jサイズ)と「ヨコハマ・アドバンスポーツV105」(245/40R20サイズ)も装備。都会に映えるスタイリングとした。

デリカ D:5アクティブギア

フロントバンパープロテクターとサイドアンダーガードバーでタフさを強調するとととに、ヘビーデューティーキャリアとリアラダーを装着して積載量を確保。足まわりには「ヨコハマ・ジオランダーA/T-S」(225/55R18サイズ)が組み合わされる。

(webCG)

関連キーワード:
エクリプス クロス, 三菱, 東京オートサロン2018, モーターショー, 自動車ニュース

三菱 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る