【東京オートサロン2018】三菱が特別仕立ての「エクリプス クロス」を展示

2017.12.18 自動車ニュース
「三菱エクリプス クロス プレミアムスポーツ コンセプト」
「三菱エクリプス クロス プレミアムスポーツ コンセプト」拡大

三菱自動車は2017年12月18日、カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2018」(開催期間:2018年1月12日~14日)における出展概要を発表した。

「エクリプス クロス フィールドアスリート コンセプト」
「エクリプス クロス フィールドアスリート コンセプト」拡大
「デリカ D:5アクティブギア」
「デリカ D:5アクティブギア」拡大

2018年の東京オートサロンで三菱は、新ブランドメッセージ“Drive your Ambition”をテーマにブースを展開。新型クロスオーバー「エクリプス クロス」をベースとしたカスタマイズモデルを2車種展示するほか、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV プレミアムスポーツ コンセプト」と、「デリカD:5アクティブギア」も出展する。

各車の概要は、以下の通り。

エクリプス クロス プレミアムスポーツ コンセプト

クーペとしてのスタイリッシュさを高めたモデル。フロントバンパーおよびサイドドアガーニッシュをボディー同色とし、下部をモノトーンに統一することで、より上質でスポーティーなハイスピードツアラーのイメージを演出。RAYS製アルミホイール「STRATAGIA Avventura」(20×8.5Jサイズ)、高速安定性に優れる「ヨコハマ・アドバンスポーツV105」(245/40R20サイズ)を装着し、スポーティーさを際立たせた。

エクリプス クロス フィールドアスリート コンセプト

大地を疾走するダイナミックなSUVをイメージし、強い輝きと高品質感を表現した、ブロンズメタリックのボディーカラーを採用。エンジンフードプロテクターや、RAYS製アルミホイール「FDX-F7」(18×7.5Jサイズ)、「ヨコハマ・ジオランダーA/T G015」(225/55R18サイズ)を装着し、走破性が高くタフなSUVのイメージを強調した。

アウトランダーPHEV プレミアムスポーツ コンセプト

カーボン柄を部分的にあしらったフロント、サイドおよびリアのエアダムを装着。RAYS製アルミホイール「VERSUS STRATAGIA VOUGE」(20×8.5Jサイズ)と「ヨコハマ・アドバンスポーツV105」(245/40R20サイズ)も装備。都会に映えるスタイリングとした。

デリカ D:5アクティブギア

フロントバンパープロテクターとサイドアンダーガードバーでタフさを強調するとととに、ヘビーデューティーキャリアとリアラダーを装着して積載量を確保。足まわりには「ヨコハマ・ジオランダーA/T-S」(225/55R18サイズ)が組み合わされる。

(webCG)

関連キーワード:
エクリプス クロス, 三菱, 東京オートサロン2018, モーターショー, 自動車ニュース

三菱 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱エクリプス クロス ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.30 試乗記 クリーンディーゼルを搭載する、手ごろなサイズのSUV――「三菱エクリプス クロス」のディーゼルモデルは、日本国内ではなかなかレアな存在だ。では、その乗り味はどうか? 市街地から高速道路、ワインディングロードまで試乗して確かめた。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
  • トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】NEW 2020.1.21 試乗記 トヨタの新型SUV「ライズ」に試乗。全長4m以下のコンパクトなボディーに広い室内、そしてパワフルな1リッターエンジンなどさまざまな魅力を備えた同車だが、リポーターが何よりもしびれたのはその“軽さ”だった。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • BMW 623dグランツーリスモMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.1.7 試乗記 「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に追加設定されたディーゼルモデル「623dグランツーリスモMスポーツ」に試乗。定番のセダンでも人気のステーションワゴンでもない独自路線を行くクロスオーバーというポジションには、いったいどんな魅力があるのか。
ホームへ戻る