【東京オートサロン2018】三菱が特別仕立ての「エクリプス クロス」を展示

2017.12.18 自動車ニュース
「三菱エクリプス クロス プレミアムスポーツ コンセプト」
「三菱エクリプス クロス プレミアムスポーツ コンセプト」拡大

三菱自動車は2017年12月18日、カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2018」(開催期間:2018年1月12日~14日)における出展概要を発表した。

「エクリプス クロス フィールドアスリート コンセプト」
「エクリプス クロス フィールドアスリート コンセプト」拡大
「デリカ D:5アクティブギア」
「デリカ D:5アクティブギア」拡大

2018年の東京オートサロンで三菱は、新ブランドメッセージ“Drive your Ambition”をテーマにブースを展開。新型クロスオーバー「エクリプス クロス」をベースとしたカスタマイズモデルを2車種展示するほか、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV プレミアムスポーツ コンセプト」と、「デリカD:5アクティブギア」も出展する。

各車の概要は、以下の通り。

エクリプス クロス プレミアムスポーツ コンセプト

クーペとしてのスタイリッシュさを高めたモデル。フロントバンパーおよびサイドドアガーニッシュをボディー同色とし、下部をモノトーンに統一することで、より上質でスポーティーなハイスピードツアラーのイメージを演出。RAYS製アルミホイール「STRATAGIA Avventura」(20×8.5Jサイズ)、高速安定性に優れる「ヨコハマ・アドバンスポーツV105」(245/40R20サイズ)を装着し、スポーティーさを際立たせた。

エクリプス クロス フィールドアスリート コンセプト

大地を疾走するダイナミックなSUVをイメージし、強い輝きと高品質感を表現した、ブロンズメタリックのボディーカラーを採用。エンジンフードプロテクターや、RAYS製アルミホイール「FDX-F7」(18×7.5Jサイズ)、「ヨコハマ・ジオランダーA/T G015」(225/55R18サイズ)を装着し、走破性が高くタフなSUVのイメージを強調した。

アウトランダーPHEV プレミアムスポーツ コンセプト

カーボン柄を部分的にあしらったフロント、サイドおよびリアのエアダムを装着。RAYS製アルミホイール「VERSUS STRATAGIA VOUGE」(20×8.5Jサイズ)と「ヨコハマ・アドバンスポーツV105」(245/40R20サイズ)も装備。都会に映えるスタイリングとした。

デリカ D:5アクティブギア

フロントバンパープロテクターとサイドアンダーガードバーでタフさを強調するとととに、ヘビーデューティーキャリアとリアラダーを装着して積載量を確保。足まわりには「ヨコハマ・ジオランダーA/T-S」(225/55R18サイズ)が組み合わされる。

(webCG)

関連キーワード:
エクリプス クロス, 三菱, 東京オートサロン2018, モーターショー, 自動車ニュース

三菱 エクリプス クロス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱の最新電動SUV「エクリプス クロスPHEV」「アウトランダーPHEV」の魅力に迫る 2021.2.25 電気の力を多彩に活用 三菱の最新PHEVを味わう<AD> 三菱自動車のプラグインハイブリッド車は電気の使い方が多彩だ。環境対応は当然として、走りの楽しさと上質さも追求。さらにクルマ自体を“電源”としても使えるようにしている。「エクリプス クロスPHEV」と「アウトランダーPHEV」、2台の最新モデルでその世界を味わってみた。
  • 三菱エクリプス クロスP(4WD)【試乗記】 2021.3.25 試乗記 三菱のクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に、「アウトランダー」ゆずりの電動パワートレインを搭載したPHEVが登場。ハイテクの電動四駆と引き締まった高剛性ボディー、おうようなクルマの挙動が織り成すその走りは、三菱製4WD車の伝統を感じさせるものだった。
  • プジョー508SW GTハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】 2021.7.13 試乗記 スタイリッシュなプジョーのフラッグシップワゴン「508SW」にプラグインハイブリッドモデルが登場。興味津々でステアリングを握った清水草一が、既存モデルとの走りの違いや留意すべきポイントを報告する。
  • ホンダ・ヴェゼルG(4WD/CVT)【試乗記】 2021.7.12 試乗記 電動化! ハイブリッド! で攻勢をかけている新型「ホンダ・ヴェゼル」だが、注目度の低い(?)純ガソリンエンジン搭載モデルがあるのをご存じだろうか。この最廉価グレードはヴェゼルファンに対するホンダの良心か、それとも……?
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
ホームへ戻る