トヨタ、「プリウスPHV」にサポカーS ワイドの特別仕様車を設定

2017.12.25 自動車ニュース

トヨタ自動車は2017年12月25日、「プリウスPHV」に特別仕様車「S“Safety Plus”」「S“ナビパッケージ・Safety Plus”」「A“Utility Plus”」を設定し、2018年1月8日に発売すると発表した。

今回の特別仕様車は「インテリジェントクリアランスソナー」を特別装備し、衝突回避支援システム「Toyota Safety Sense P」と併せ、「セーフティ・サポートカーS(通称:サポカーS)」の「ワイド」に相当している。

特別仕様車S“Safety Plus”、とS“ナビパッケージ・Safety Plus”は、「S」グレードをベースに、駐車場などにおけるアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する安全機能「インテリジェントクリアランスソナー」、スイッチを押すだけで駐車スペースを判断して駐車のアシストを行う「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」を特別装備した。

さらにS“Safety Plus”は、外出先でも短時間で充電可能な急速充電インレット、後退時にバックカメラによる後方映像の画面表示を可能にする「ナビレディセット」を特別装備し、一方S“ナビパッケージ・Safety Plus”は、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W、ヴィークルパワーコネクター付き)、ETC2.0ユニットを特別装備し、それぞれ利便性が高められている。

A“Utility Plus”については、「インテリジェントクリアランスソナー」と「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」を標準装備した「A」グレードをベースに、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W、ヴィークルパワーコネクター付き)、ETC2.0ユニットを特別装備した。

それらに加えて、すべての特別仕様車でステアリングとシフトパネルをブラック加飾とすることで、上質な室内空間を演出している。

価格は以下のとおり。

  • S“Safety Plus”:332万5320円
  • S“ナビパッケージ・Safety Plus”:373万0320円
  • A“Utility Plus”:382万9680円

(webCG)

「トヨタ・プリウスPHV」の特別仕様車「S“Safety Plus”」。
「トヨタ・プリウスPHV」の特別仕様車「S“Safety Plus”」。拡大

関連キーワード:
プリウスPHV, トヨタ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プリウスPHV 2016.6.15 画像・写真 トヨタが、2016年秋の発売を予定している新型「プリウスPHV」を、日本で初公開した。JC08モードのハイブリッド燃費は37.0km/リッター、EV走行距離は60km以上という新しいプラグンハイブリッド車の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト(後編)【試乗記】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト(前編)【試乗記】 2017.5.11 試乗記 外部から充電できるハイブリッド車「トヨタ・プリウスPHV」と、エンジンで発電した電力を使って走る「日産ノートe-POWER」。今が旬のエコカー2台をさまざまな道で乗り比べ、運転感覚や使い勝手の違いを詳しくリポートする。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2018.9.27 試乗記 2017年に登場した、ニスモの名を冠する「日産ノートe-POWER NISMO」。そのハイパワーバージョンとして「e-POWER NISMO S」が追加された。ガソリンエンジンモデルの「ノートNISMO」(98ps)と「ノートNISMO S」(140ps)の関係と同様に、末尾にある「S」の文字がハイパワーバージョンの証しとなる。
ホームへ戻る