トヨタ、「プリウスPHV」にサポカーS ワイドの特別仕様車を設定

2017.12.25 自動車ニュース

トヨタ自動車は2017年12月25日、「プリウスPHV」に特別仕様車「S“Safety Plus”」「S“ナビパッケージ・Safety Plus”」「A“Utility Plus”」を設定し、2018年1月8日に発売すると発表した。

今回の特別仕様車は「インテリジェントクリアランスソナー」を特別装備し、衝突回避支援システム「Toyota Safety Sense P」と併せ、「セーフティ・サポートカーS(通称:サポカーS)」の「ワイド」に相当している。

特別仕様車S“Safety Plus”、とS“ナビパッケージ・Safety Plus”は、「S」グレードをベースに、駐車場などにおけるアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する安全機能「インテリジェントクリアランスソナー」、スイッチを押すだけで駐車スペースを判断して駐車のアシストを行う「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」を特別装備した。

さらにS“Safety Plus”は、外出先でも短時間で充電可能な急速充電インレット、後退時にバックカメラによる後方映像の画面表示を可能にする「ナビレディセット」を特別装備し、一方S“ナビパッケージ・Safety Plus”は、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W、ヴィークルパワーコネクター付き)、ETC2.0ユニットを特別装備し、それぞれ利便性が高められている。

A“Utility Plus”については、「インテリジェントクリアランスソナー」と「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」を標準装備した「A」グレードをベースに、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W、ヴィークルパワーコネクター付き)、ETC2.0ユニットを特別装備した。

それらに加えて、すべての特別仕様車でステアリングとシフトパネルをブラック加飾とすることで、上質な室内空間を演出している。

価格は以下のとおり。

  • S“Safety Plus”:332万5320円
  • S“ナビパッケージ・Safety Plus”:373万0320円
  • A“Utility Plus”:382万9680円

(webCG)

「トヨタ・プリウスPHV」の特別仕様車「S“Safety Plus”」。
「トヨタ・プリウスPHV」の特別仕様車「S“Safety Plus”」。拡大

関連キーワード:
プリウスPHV, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ プリウスPHV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 東京オートサロン2020(モデリスタ/TRD) 2020.1.11 画像・写真 持ち味の異なる、トヨタ系カスタマイズブランドのモデリスタとTRDがコラボレーション。初のタッグから生まれた特別な「プリウスPHV」は、どんなクルマに仕上がっているのか?
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.8.22 試乗記 発売迫る「スバル・レヴォーグ」の新型に先行試乗。人気のスポーツワゴンの2代目は、どんなクルマに仕上がったのか? プロトタイプの試乗会でわかった“先代からの進化”について詳しくリポートする。
  • 気づけばもうすぐ10周年! 「レクサスCT200h」長寿の秘密に迫る
    2020.9.7 デイリーコラム カタログから消えることなく9年と8カ月。レクサスのハッチバック「CT200h」が、国産車では異例といえるほど長期にわたって販売されているのはなぜか? その長寿の理由について、ジャーナリストが解説する。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
ホームへ戻る