ロールス・ロイスのSUV、車名は「カリナン」に決定

2018.02.14 自動車ニュース
「ロールス・ロイス・カリナン」
「ロールス・ロイス・カリナン」拡大

英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2018年2月13日、同社初のSUVの車名を「カリナン(CULLINAN)」とすると発表した。

 
ロールス・ロイスのSUV、車名は「カリナン」に決定の画像拡大
 
ロールス・ロイスのSUV、車名は「カリナン」に決定の画像拡大
 
ロールス・ロイスのSUV、車名は「カリナン」に決定の画像拡大

世界最大のダイヤにちなむ

カリナンという車名は、1905年に南アフリカの鉱山で採掘された世界最大のダイヤモンドの名前にちなんでいる。また、ロールス・ロイスにとっては、初めてのSUV(同社はハイ・ボディー・ビークルと呼ぶ)のプロジェクト名を「プロジェクト・カリナン」と呼んできた経緯もある。

同社のトルステン・ミュラー・エトヴェシュ代表取締役社長はこう命名した理由を、「カリナンという名前は、この新型車が踏まえる思想の多くの側面を具現するもので、最大の圧力を受けても怯(ひる)まぬ耐久性や絶対の堅実性、希少性と尊さ、チャールズ・ロールズのパイオニア精神、冒険精神、サー・ヘンリー・ロイスの技術革新性、そしてむろんのこと、世界のどこを走っても際立つ絶対のラグジュアリーを表現している」と語っている。

カリナンは、新型「ファントム」で初めて採用された同社独自のアルミスペースフレーム構造「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」を使用する2番目のモデルとなる。

(webCG)

関連キーワード:
カリナン, ロールス・ロイス, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・マイバッハS560 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.18 試乗記 マイナーチェンジを受けた「メルセデス・マイバッハSクラス」に試乗。技術の粋を集めた最上のラグジュアリーサルーンの、進化の度合いを測るとともに、メルセデスが目指した方向性を探った。
  • ベントレー・ベンテイガ 2020.7.1 画像・写真 2015年9月にデビューしてからおよそ5年。リニューアルにより最新世代の「コンチネンタルGT」や「フライングスパー」に共通する内外装デザインが与えられたラグジュアリーSUV「ベントレー・ベンテイガ」が登場。その姿を写真で紹介する。
  • 高級SUV「ロールス・ロイス・カリナン」日本上陸 2018.6.11 自動車ニュース ロールス・ロイス初のSUV「カリナン」が日本上陸。3ボックスタイプの“全地形対応型ハイボディー”が特徴の同車には、独立型の後席を持つ4人乗り仕様と、ベンチシートの5人乗り仕様がラインナップされる。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.25 試乗記 ベントレーの新たな旗艦モデルの座を担う、新型「フライングスパー」が日本上陸。最新のテクノロジーを惜しみなく投入して開発された、ラグジュアリースポーツサルーンの仕上がりをテストする。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
ホームへ戻る