トーヨーから低燃費&長持ちな新タイヤ「SD-7」が登場

2018.02.23 自動車ニュース

東洋ゴム工業は2018年2月22日、低燃費タイヤの新製品「SD-7」を同年4月1日に発売すると発表した。

SD-7は、低燃費性能と耐摩耗性能の両立をうたう乗用車用のスタンダードタイヤである。開発には東洋ゴム独自の材料設計技術やシミュレーション技術が用いられており、トレッド面については操縦安定性を高めるためにワイドを図るとともに、外側からの力による変形に強い高剛性リブパターンを採用。摩耗の抑制と転がり抵抗の低減を両立しているという。

また、高硬度のプライトッピングやビードフィラーの採用によって強化されたタイヤの剛性も、操縦安定性の向上に貢献。走行時のエネルギーロスを低減するため、ゴムの配合も見直されている。

これらの技術の採用により、SD-7は従来製品の「TEO plus」より転がり抵抗が17%低減するとともに、耐摩耗性能(摩耗ライフ)が12%向上。タイヤラベリング制度では、転がり抵抗は5段階評価中3段階目の「A」、ウエットグリップ性能については4段階評価中3段階目の「c」を取得している。なお、同時に発売となる小型車/軽自動車用の「SD-k7」については、転がり抵抗は5段階評価中4段階目の「B」、ウエットグリップ性能については4段階評価中4段階目の「d」、ないし3段階目の「c」となっている。

サイズは、SD-7が155/80R13から225/45R18までの21種類。SD-k7が135/80R12から165/50R15までの14種類。ともにオープン価格での販売となる。

(webCG)
 

「トーヨーSD-7」
「トーヨーSD-7」拡大

関連キーワード:
タイヤ・スタッドレスタイヤ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事