錦織 圭選手とコラボした「ジャガーFペース」限定発売

2018.03.01 自動車ニュース
「ジャガーFペースKEI NISHIKORI EDITION」
「ジャガーFペースKEI NISHIKORI EDITION」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年3月1日、ジャガーブランドのSUV「Fペース」に特別仕様車「KEI NISHIKORI EDITION(錦織 圭エディション)」を設定し、50台の台数限定で受注を開始した。

 
錦織 圭選手とコラボした「ジャガーFペース」限定発売の画像拡大
 
錦織 圭選手とコラボした「ジャガーFペース」限定発売の画像拡大
 
錦織 圭選手とコラボした「ジャガーFペース」限定発売の画像拡大

今回のFペースKEI NISHIKORI EDITIONは、ジャガーのブランドアンバサダーを務めるプロテニスプレイヤー錦織 圭選手とのコラボレーションによる特別仕様車であり、過去に設定された「Fタイプ」「XE」「XF」のKEI NISHIKORI EDITIONに続く、第4弾となる。

ベース車両は、最高出力250ps、最大トルク365Nmの2リッター直4ターボエンジンを搭載する「Rスポーツ」。ホイールやグリル、サイドのパワーベントまで黒で統一した「ナルヴィクブラック」のエクステリアや、ブラックとレッドで仕立てたグレインレザーのスポーツシートを備えるインテリアを特徴とする。

さらに、錦織選手のネーム入りバッジが装着されるほか、アダプティブクルーズコントロールやブラインドスポットモニター、リバーストラフィックディテクション、通信機能を持ったインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」なども装備される。

これらを含む主な特別装備は以下の通り。

  • ブラックパック(グロスブラックラジエーターグリル、グロスブラックサラウンド、ボディー同色ドアクラッディング<グロスブラックフィニッシャー>、グロスブラックサイドパワーベント<「R-SPORT」バッジ付き>)
  • 特別仕様車限定バッジ
  • 19インチ「スタイル5037」アロイホイール(5スポーク、グロスブラックフィニッシュ)
  • グロスブラックルーフレール
  • ピメント/エボニーグレインレザースポーツシート
  • リア電動リクライニングシート
  • ラックステックインストゥルメントトッパー
  • リモートリアシートリリース
  • エボニーヘッドライニングカラー
  • 電動調整ステアリングコラム
  • ステアリングホイールヒーター
  • インテリアムードライト
  • コネクティビティー(プロテクト、コネクトプロパック)
  • アダプティブクルーズコントロール(キューアシスト付き)
  • ブラインドスポットモニター&リバーストラフィックディテクション
  • タイヤリペアシステム

価格はベースモデルより62万円高の799万円。

(webCG)

関連キーワード:
Fペース, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー Fペース の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFペースSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2019.9.17 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、「ジャガーFペース」のトップモデル「SVR」に試乗。驚異の加速力と快適さを併せ持った走りは、SUVの皮をかぶったジャガー製スポーツカーのそれだった。
  • ジャガーFペースS(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.18 試乗記 ジャガーのSUV「Fペース」のフラッグシップモデル「S」に試乗。380psものパワーを秘めたスーパーチャージドエンジンを搭載し、足まわりを22インチタイヤで固めた漆黒のFペースは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • ジャガーFペース35t Rスポーツ/Fペース20d プレステージ【試乗記】 2016.8.1 試乗記 ジャガー初のSUV「Fペース」に試乗。「ポルシェ・マカン」や「BMW X4」に真っ向から勝負を挑む新種のスポーツカーは、どのような走りを見せるのか。ガソリン車とディーゼル車の2車種について、その仕上がりを報告する。
  • 新型「メルセデス・ベンツCクラス」登場 電動化と運転支援をさらに追求 2021.2.24 自動車ニュース 独ダイムラーは2021年2月23日(現地時間)、新型「メルセデス・ベンツCクラス」の概要を発表した。欧州では同年3月30日に受注開始、同年夏にデリバリーが始められる見込み。
  • マツダMX-30 EVモデル ハイエストセット(FWD)【試乗記】 2021.2.15 試乗記 マツダから「MX-30」の電気自動車(EV)バージョン、その名も「EVモデル」が登場した。クリーンディーゼルや「スカイアクティブX」など、かねて内燃機関に対する強いこだわりを主張してきたマツダ。ブランド初となる量産EVの仕上がりは?
ホームへ戻る