錦織 圭選手とコラボした「ジャガーFペース」限定発売

2018.03.01 自動車ニュース
「ジャガーFペースKEI NISHIKORI EDITION」
「ジャガーFペースKEI NISHIKORI EDITION」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年3月1日、ジャガーブランドのSUV「Fペース」に特別仕様車「KEI NISHIKORI EDITION(錦織 圭エディション)」を設定し、50台の台数限定で受注を開始した。

 
錦織 圭選手とコラボした「ジャガーFペース」限定発売の画像拡大
 
錦織 圭選手とコラボした「ジャガーFペース」限定発売の画像拡大
 
錦織 圭選手とコラボした「ジャガーFペース」限定発売の画像拡大

今回のFペースKEI NISHIKORI EDITIONは、ジャガーのブランドアンバサダーを務めるプロテニスプレイヤー錦織 圭選手とのコラボレーションによる特別仕様車であり、過去に設定された「Fタイプ」「XE」「XF」のKEI NISHIKORI EDITIONに続く、第4弾となる。

ベース車両は、最高出力250ps、最大トルク365Nmの2リッター直4ターボエンジンを搭載する「Rスポーツ」。ホイールやグリル、サイドのパワーベントまで黒で統一した「ナルヴィクブラック」のエクステリアや、ブラックとレッドで仕立てたグレインレザーのスポーツシートを備えるインテリアを特徴とする。

さらに、錦織選手のネーム入りバッジが装着されるほか、アダプティブクルーズコントロールやブラインドスポットモニター、リバーストラフィックディテクション、通信機能を持ったインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」なども装備される。

これらを含む主な特別装備は以下の通り。

  • ブラックパック(グロスブラックラジエーターグリル、グロスブラックサラウンド、ボディー同色ドアクラッディング<グロスブラックフィニッシャー>、グロスブラックサイドパワーベント<「R-SPORT」バッジ付き>)
  • 特別仕様車限定バッジ
  • 19インチ「スタイル5037」アロイホイール(5スポーク、グロスブラックフィニッシュ)
  • グロスブラックルーフレール
  • ピメント/エボニーグレインレザースポーツシート
  • リア電動リクライニングシート
  • ラックステックインストゥルメントトッパー
  • リモートリアシートリリース
  • エボニーヘッドライニングカラー
  • 電動調整ステアリングコラム
  • ステアリングホイールヒーター
  • インテリアムードライト
  • コネクティビティー(プロテクト、コネクトプロパック)
  • アダプティブクルーズコントロール(キューアシスト付き)
  • ブラインドスポットモニター&リバーストラフィックディテクション
  • タイヤリペアシステム

価格はベースモデルより62万円高の799万円。

(webCG)

関連キーワード:
Fペース, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFペースSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2019.9.17 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、「ジャガーFペース」のトップモデル「SVR」に試乗。驚異の加速力と快適さを併せ持った走りは、SUVの皮をかぶったジャガー製スポーツカーのそれだった。
  • ジャガーFペース35t Rスポーツ/Fペース20d プレステージ【試乗記】 2016.8.1 試乗記 ジャガー初のSUV「Fペース」に試乗。「ポルシェ・マカン」や「BMW X4」に真っ向から勝負を挑む新種のスポーツカーは、どのような走りを見せるのか。ガソリン車とディーゼル車の2車種について、その仕上がりを報告する。
  • メルセデス・ベンツE200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2019.12.4 試乗記 最高出力184PSの1.5リッター直4ターボエンジンに「BSG」と呼ばれるマイルドハイブリッド機構を組み込んだ「メルセデス・ベンツE200アバンギャルド」のパワートレイン。効率化と高性能化をうたうこのダウンサイジングユニットの実力を確かめた。
  • ジャガーIペースHSE(4WD)【試乗記】 2019.10.21 試乗記 欧州プレミアムブランドの電気自動車(BEV)として、いち早く“公道デビュー”を果たした「ジャガーIペース」。航続距離438km(WLTCモード)という実用性と、スポーツカーもかくやの動力性能を併せ持つ次世代ラグジュアリーカーが見せる新世界とは?
  • ニューヨークショー2018(ジャガー/ランドローバー) 2018.4.13 画像・写真 ジャガー・ランドローバーはニューヨークショー2018でハイパフォーマンスSUV「ジャガーFペース SVR」を初公開した。電気自動車の「Iペース」や2ドアの「レンジローバー」、ウェイモと連携した自動運転開発車両などとともに、写真で紹介する。
ホームへ戻る