錦織 圭選手とコラボした「ジャガーFペース」限定発売

2018.03.01 自動車ニュース
「ジャガーFペースKEI NISHIKORI EDITION」
「ジャガーFペースKEI NISHIKORI EDITION」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年3月1日、ジャガーブランドのSUV「Fペース」に特別仕様車「KEI NISHIKORI EDITION(錦織 圭エディション)」を設定し、50台の台数限定で受注を開始した。

 
錦織 圭選手とコラボした「ジャガーFペース」限定発売の画像拡大
 
錦織 圭選手とコラボした「ジャガーFペース」限定発売の画像拡大
 
錦織 圭選手とコラボした「ジャガーFペース」限定発売の画像拡大

今回のFペースKEI NISHIKORI EDITIONは、ジャガーのブランドアンバサダーを務めるプロテニスプレイヤー錦織 圭選手とのコラボレーションによる特別仕様車であり、過去に設定された「Fタイプ」「XE」「XF」のKEI NISHIKORI EDITIONに続く、第4弾となる。

ベース車両は、最高出力250ps、最大トルク365Nmの2リッター直4ターボエンジンを搭載する「Rスポーツ」。ホイールやグリル、サイドのパワーベントまで黒で統一した「ナルヴィクブラック」のエクステリアや、ブラックとレッドで仕立てたグレインレザーのスポーツシートを備えるインテリアを特徴とする。

さらに、錦織選手のネーム入りバッジが装着されるほか、アダプティブクルーズコントロールやブラインドスポットモニター、リバーストラフィックディテクション、通信機能を持ったインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」なども装備される。

これらを含む主な特別装備は以下の通り。

  • ブラックパック(グロスブラックラジエーターグリル、グロスブラックサラウンド、ボディー同色ドアクラッディング<グロスブラックフィニッシャー>、グロスブラックサイドパワーベント<「R-SPORT」バッジ付き>)
  • 特別仕様車限定バッジ
  • 19インチ「スタイル5037」アロイホイール(5スポーク、グロスブラックフィニッシュ)
  • グロスブラックルーフレール
  • ピメント/エボニーグレインレザースポーツシート
  • リア電動リクライニングシート
  • ラックステックインストゥルメントトッパー
  • リモートリアシートリリース
  • エボニーヘッドライニングカラー
  • 電動調整ステアリングコラム
  • ステアリングホイールヒーター
  • インテリアムードライト
  • コネクティビティー(プロテクト、コネクトプロパック)
  • アダプティブクルーズコントロール(キューアシスト付き)
  • ブラインドスポットモニター&リバーストラフィックディテクション
  • タイヤリペアシステム

価格はベースモデルより62万円高の799万円。

(webCG)

関連キーワード:
Fペース, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • ニューヨークショー2018(ジャガー/ランドローバー) 2018.4.13 画像・写真 ジャガー・ランドローバーはニューヨークショー2018でハイパフォーマンスSUV「ジャガーFペース SVR」を初公開した。電気自動車の「Iペース」や2ドアの「レンジローバー」、ウェイモと連携した自動運転開発車両などとともに、写真で紹介する。
  • ジャガーFペースS(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.18 試乗記 ジャガーのSUV「Fペース」のフラッグシップモデル「S」に試乗。380psものパワーを秘めたスーパーチャージドエンジンを搭載し、足まわりを22インチタイヤで固めた漆黒のFペースは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)/スープラSZ-R(FR/8AT)/スープラSZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.31 試乗記 トヨタが建設を進めている新たな研究開発施設「トヨタテクニカルセンター下山」を舞台に、新型「スープラ」の3グレードを比較試乗。各モデルの特徴を探るとともに、「ニュルを模した」といわれるテストコースがこれからのクルマづくりにおいて担う役割に、思いをはせた。
  • アウディA6アバント55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.5.28 試乗記 世界的なSUVブームとなって久しいが、アウディは「アバント」の名称でスタイリッシュなワゴンを綿々とつくり続け進化させている。SUVに押され、このままワゴンは“オワコン”になってしまうのか? 新型「A6アバント」に乗り、ワゴンという選択肢をあらためて考えてみた。
ホームへ戻る