【ジュネーブショー2018】「ベントレー・ベンテイガ」にプラグインハイブリッド車が登場

2018.03.08 自動車ニュース
「ベントレー・ベンテイガ ハイブリッド」
「ベントレー・ベンテイガ ハイブリッド」拡大

英ベントレーは2018年3月5日、「ベンテイガ ハイブリッド」を発表した。

 
【ジュネーブショー2018】「ベントレー・ベンテイガ」にプラグインハイブリッド車が登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】「ベントレー・ベンテイガ」にプラグインハイブリッド車が登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】「ベントレー・ベンテイガ」にプラグインハイブリッド車が登場の画像拡大

ベントレー・ベンテイガ ハイブリッドは、エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドパワートレインと、外部からの充電機構を搭載したプラグインハイブリッド車(PHEV)である。

パワートレインは、新開発の3リッターV6ガソリンターボエンジンと、走行と発電の両方の機能を備えたモーター兼ジェネレーターの組み合わせで、満充電の状態からであれば50km(NEDC計測値)の距離を電気のみで走ることが可能。走行モードについては、他の一般的なPHEVと同じく「EVドライブ」「ハイブリッドモード」「ホイールドモード」の3種類が用意されている。

CO2排出量はNEDC計測値で75g/km。バッテリーの充電に要する時間は、充電環境に応じて2.5~7.5時間と公称されている。

ベントレーは同車について「世界初のラグジュアリーハイブリッド」と称しており、一部の市場で2018年の下半期から受注を開始するとしている。

(webCG)

関連キーワード:
ベンテイガ, ベントレー, ジュネーブモーターショー2018, モーターショー, 自動車ニュース

ベントレー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ スピード(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.6.20 試乗記 2015年のデビュー以来、超高級SUVとして存在感を示してきた「ベントレー・ベンテイガ」。その高性能版となるニューモデル「ベンテイガ スピード」が得たものとは? 母国イギリスのサーキットでチェックしてみた。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【海外試乗記】 2019.6.4 試乗記 今後日本国内にも導入される、メルセデスのピュアEV「EQC」。ひと足早く海外でステアリングを握ってみると、EVとしての先進性よりむしろ、“極上のメルセデス”ともいうべき乗り味に驚かされることになった。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • メルセデス・ベンツA200d(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.18 試乗記 スタイリッシュなデザインや、AI技術を使ったインフォテインメントシステムで話題の4代目「メルセデス・ベンツAクラス」。最新のディーゼルモデルを走らせてみると、既存のガソリンターボ車とは異なる“オトナ”なドライブフィールが伝わってきた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
ホームへ戻る