【ジュネーブショー2018】「ベントレー・ベンテイガ」にプラグインハイブリッド車が登場

2018.03.08 自動車ニュース
「ベントレー・ベンテイガ ハイブリッド」
「ベントレー・ベンテイガ ハイブリッド」拡大

英ベントレーは2018年3月5日、「ベンテイガ ハイブリッド」を発表した。

 
【ジュネーブショー2018】「ベントレー・ベンテイガ」にプラグインハイブリッド車が登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】「ベントレー・ベンテイガ」にプラグインハイブリッド車が登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】「ベントレー・ベンテイガ」にプラグインハイブリッド車が登場の画像拡大

ベントレー・ベンテイガ ハイブリッドは、エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドパワートレインと、外部からの充電機構を搭載したプラグインハイブリッド車(PHEV)である。

パワートレインは、新開発の3リッターV6ガソリンターボエンジンと、走行と発電の両方の機能を備えたモーター兼ジェネレーターの組み合わせで、満充電の状態からであれば50km(NEDC計測値)の距離を電気のみで走ることが可能。走行モードについては、他の一般的なPHEVと同じく「EVドライブ」「ハイブリッドモード」「ホイールドモード」の3種類が用意されている。

CO2排出量はNEDC計測値で75g/km。バッテリーの充電に要する時間は、充電環境に応じて2.5~7.5時間と公称されている。

ベントレーは同車について「世界初のラグジュアリーハイブリッド」と称しており、一部の市場で2018年の下半期から受注を開始するとしている。

(webCG)

関連キーワード:
ベンテイガ, ベントレー, ジュネーブモーターショー2018, モーターショー, 自動車ニュース

ベントレー ベンテイガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.25 試乗記 デビューから約5年というタイミングで、マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」。完璧の“さらに上”を目指したという大幅改良は、このラグジュアリーSUVにどのような変化をもたらしたのか? クローズドコースで実力の片りんに触れた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.25 試乗記 ベントレーの新たな旗艦モデルの座を担う、新型「フライングスパー」が日本上陸。最新のテクノロジーを惜しみなく投入して開発された、ラグジュアリースポーツサルーンの仕上がりをテストする。
  • ベントレー・ベンテイガ スピード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.6 試乗記 最高出力635PSを誇るベントレーのSUV「ベンテイガ スピード」に試乗。“世界最速のSUV”を謳うラグジュアリーカーの走りは、多くのハイパフォーマンスモデルとはひと味違う、このブランドならではのものだった。
ホームへ戻る