【ジュネーブショー2018】「ベントレー・ベンテイガ」にプラグインハイブリッド車が登場

2018.03.08 自動車ニュース
「ベントレー・ベンテイガ ハイブリッド」
「ベントレー・ベンテイガ ハイブリッド」拡大

英ベントレーは2018年3月5日、「ベンテイガ ハイブリッド」を発表した。

 
【ジュネーブショー2018】「ベントレー・ベンテイガ」にプラグインハイブリッド車が登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】「ベントレー・ベンテイガ」にプラグインハイブリッド車が登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】「ベントレー・ベンテイガ」にプラグインハイブリッド車が登場の画像拡大

ベントレー・ベンテイガ ハイブリッドは、エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドパワートレインと、外部からの充電機構を搭載したプラグインハイブリッド車(PHEV)である。

パワートレインは、新開発の3リッターV6ガソリンターボエンジンと、走行と発電の両方の機能を備えたモーター兼ジェネレーターの組み合わせで、満充電の状態からであれば50km(NEDC計測値)の距離を電気のみで走ることが可能。走行モードについては、他の一般的なPHEVと同じく「EVドライブ」「ハイブリッドモード」「ホイールドモード」の3種類が用意されている。

CO2排出量はNEDC計測値で75g/km。バッテリーの充電に要する時間は、充電環境に応じて2.5~7.5時間と公称されている。

ベントレーは同車について「世界初のラグジュアリーハイブリッド」と称しており、一部の市場で2018年の下半期から受注を開始するとしている。

(webCG)

関連キーワード:
ベンテイガ, ベントレー, ジュネーブモーターショー2018, モーターショー, 自動車ニュース

ベントレー ベンテイガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.25 試乗記 デビューから約5年というタイミングで、マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」。完璧の“さらに上”を目指したという大幅改良は、このラグジュアリーSUVにどのような変化をもたらしたのか? クローズドコースで実力の片りんに触れた。
  • メルセデス・ベンツのコンパクトモデルで安全運転支援システムが標準化 2020.9.17 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年9月17日、メルセデス・ベンツのコンパクトモデル「Aクラス」「Aクラス セダン」「Bクラス」「CLA」「CLAシューティングブレーク」について安全運転支援システムを標準化すると発表した。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.11 試乗記 ベントレーの高性能グランドツアラー「コンチネンタルGT」に、V8エンジン搭載車が登場。その走りは、3代続いたこのモデルの成功をあらためて実感させるパフォーマンスに満ちていた。
ホームへ戻る