MTで乗れる「アバルト595/595Cツーリズモ」限定発売

2018.03.30 自動車ニュース
「アバルト595ツーリズモ」
「アバルト595ツーリズモ」拡大

FCA ジャパンは2018年3月28日、「アバルト595ツーリズモ」および「アバルト595Cツーリズモ」に、限定車「595ツーリズモMTリミテッド」「595CツーリズモMTリミテッド」を設定し、同年4月7日より計150台を販売すると発表した。

「アバルト595Cツーリズモ」
「アバルト595Cツーリズモ」拡大
「アバルト595ツーリズモ」のインテリア。
「アバルト595ツーリズモ」のインテリア。拡大
通常はリアのみに装着されるKONI製ショックアブソーバーがフロントにも採用される。
通常はリアのみに装着されるKONI製ショックアブソーバーがフロントにも採用される。拡大

今回の限定車MTリミテッドの特徴は、その名の通り、595/595Cツーリズモでは日本初となるマニュアルトランスミッションとの組み合わせを実現したこと。また、オープンボディーとMTの組み合わせを選択できるという点でも、2012年に30台限定で発売された「500Cグリージョ レコード」以来のモデルとなる。

595/595CツーリズモMTリミテッドは、エクステリアもユニークな仕立てとなっており、専用デザインの17インチ20スポークアルミホイールや、イエロー塗装を施したブレーキキャリパーにより、足元をスタイリッシュに演出。また走りに関しても、通常はリアのみに装着されるKONI製ショックアブソーバーをフロントにも採用することで、MT車にふさわしいスポーティーなハンドリング性能と快適な乗り心地を高次元でバランスしたという。

ボディーカラーは595には「トロフェオグレー」、595Cには「ガーラホワイト」が設定される。

モデルごとの販売台数と価格は以下の通り。

  • 595ツーリズモMTリミテッド(右ハンドル:60台):345万円
  • 595ツーリズモMTリミテッド(左ハンドル:40台):345万円
  • 595CツーリズモMTリミテッド(右ハンドル:50台):376万円

(webCG)

関連キーワード:
595Cツーリズモ, 595ツーリズモ, アバルト, 自動車ニュース

アバルト 595Cツーリズモ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595Cピスタ(FF/5MT)【試乗記】 2020.7.31 試乗記 コンパクトでキュートなボディーとホットなエンジンで人気の「アバルト595」シリーズにブルーのボディーカラーも鮮やかな限定車が登場。果たしてその実力はサーキットを表す「ピスタ」の名に恥じないものなのか。オープントップモデルで検証した。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
ホームへ戻る