組み合わせは全1万4000通り 自分だけの「アバルト595」を仕立てられるカスタマイズプログラム実施

2021.04.14 自動車ニュース
カタログモデルでは選べないボディーカラー「マットブルー」が設定される。
カタログモデルでは選べないボディーカラー「マットブルー」が設定される。拡大

FCAジャパンは2021年4月13日、「アバルト595」シリーズのカスタマイズプログラム「メイクユアスコーピオン」を、同年5月31日までの期間限定で開始した。

 
組み合わせは全1万4000通り 自分だけの「アバルト595」を仕立てられるカスタマイズプログラム実施の画像拡大
 
組み合わせは全1万4000通り 自分だけの「アバルト595」を仕立てられるカスタマイズプログラム実施の画像拡大

メイクユアスコーピオンは通常は選択できないボディーカラーやシートカラー、アクセサリーパーツの組み合わせが可能になる、自分だけのアバルト595を仕立てられるカスタマイズプログラムである。2018年から何度か設定されており、今回はカタログモデルにはないボディーカラーの「マットブルー」が選べるようになっている。

選べるボディーカラーは「595」が3種類から8種類に、「595ツーリズモ」は4種類から9種類に、「595Cツーリズモ」は5種類から8種類に、「595コンペティツィオーネ」は5種類から14種類にそれぞれ拡大。モデルによってはビコローレ(ツートンカラー)やブラックトップも選択できる。

さらにインテリアやブレーキキャリパー(595以外)、ソフトトップ(595Cツーリズモ)の色も変更できる。キャリパーを変更すると、それに応じてセンターハブキャップの色も変更となる。これらのカラーリングの組み合わせが全372通り、デカールやミラーキャップ、サイドストライプ、LEDフロアバルブといったアクセサリーを含めると全1万4000通りの組み合わせが可能だという。

メイクユアスコーピオンの価格は11万円(有償ボディーカラーの金額は含まない)。

(webCG)

関連キーワード:
595, 595Cツーリズモ, 595コンペティツィオーネ, 595ツーリズモ, アバルト, 自動車ニュース

アバルト 595 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • アバルト695ビポスト フルスペック仕様(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.29 試乗記 0-100km/h加速5.9秒をうたう究極のアバルト、「695ビポスト」に試乗。ノンシンクロの“ドグミッション”を搭載したスーパーアバルトは、一体どんな走りを見せるのだろうか。
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
ホームへ戻る