最高出力550psの「ジャガーFペース SVR」デビュー

2018.03.30 自動車ニュース
「ジャガーFペース SVR」
「ジャガーFペース SVR」拡大

英ジャガー・ランドローバーは2018年3月27日、ハイパフォーマンスSUV「ジャガーFペース SVR」を発表した。

 
最高出力550psの「ジャガーFペース SVR」デビューの画像拡大
 
最高出力550psの「ジャガーFペース SVR」デビューの画像拡大
 
最高出力550psの「ジャガーFペース SVR」デビューの画像拡大
 
最高出力550psの「ジャガーFペース SVR」デビューの画像拡大

最もパワフルなFペース

Fペース SVRは、「スポーツカーのパフォーマンスとSUVのデザインを融合した」とうたわれる高性能モデル。あらゆる路面状況において、ドライバーの期待に応えられるとアピールされる。

エクステリアは、ノーマルのFペースよりもひと回り大きなエアインテークとサイドフェンダーベント、ホイールアーチエクステンション、クアッドテールパイプ付きのバンパー、専用スポイラーなどが特徴。一方インテリアには、側面のサポートを強化したスリムラインスポーツシートや専用のステアリングホイールが備わる。

パワーユニットは、最高出力550ps、最大トルク680Nmを発生する5リッターV8スーパーチャージドガソリンエンジン。0-100km/h加速は4.3秒で、最高速度は283km/hと公表される。

排気系には、ジャガー独自のバリアブルバルブアクティブエキゾーストシステムを採用。その重量は標準のFペースのものより6.6kg軽量に仕上がっている。

そのほか、Fペースでは初となるリアエレクトロニックアクティブディファレンシャル(EAD)も見どころで、トルクオンデマンド式四輪駆動システムのインテリジェントドライブラインダイナミクスの制御技術は、EADのメリットを最大限に発揮できるよう最適化されている。アダプティブダイナミクスサスペンション、電動パワーアシストステアリング、ダイナミックドライビングモード用のソフトウエアも、SVR専用のものが与えられる。

ユーティリティーの面では、10インチのタッチスクリーンと12.3インチのHDインストゥルメントクラスターを備え、最大8つのデバイスを4GのWi-Fiに接続可能な「Touch Pro」インフォテインメントシステムがセリングポイントとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
Fペース, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー Fペース の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFペース35t Rスポーツ/Fペース20d プレステージ【試乗記】 2016.8.1 試乗記 ジャガー初のSUV「Fペース」に試乗。「ポルシェ・マカン」や「BMW X4」に真っ向から勝負を挑む新種のスポーツカーは、どのような走りを見せるのか。ガソリン車とディーゼル車の2車種について、その仕上がりを報告する。
  • ラインナップから読み解くジャガーのいま【F-PACE×安東弘樹】 2020.10.9 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD> “低くてスポーティー”を身上としてきたジャガーが、初めて世に問うた背の高いクルマ「F-PACE」。ジャガーが手がけるとSUVにはどんな魅力が宿るのか? あまたのクルマを乗り継いできたフリーアナウンサー安東弘樹が、一目ぼれで手に入れた「F-PACE」の思い出を語る。
  • ジャガーFペースSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2019.9.17 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、「ジャガーFペース」のトップモデル「SVR」に試乗。驚異の加速力と快適さを併せ持った走りは、SUVの皮をかぶったジャガー製スポーツカーのそれだった。
  • ジャガーFペースS(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.18 試乗記 ジャガーのSUV「Fペース」のフラッグシップモデル「S」に試乗。380psものパワーを秘めたスーパーチャージドエンジンを搭載し、足まわりを22インチタイヤで固めた漆黒のFペースは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.10.20 試乗記 SUVとクーペの融合が図られた、メルセデスの個性派モデル「GLEクーペ」がフルモデルチェンジ。新型のクリーンディーゼル搭載車に試乗した筆者は、その予想外の走りっぷりと優れたユーティリティーに、大いに驚かされたのだった。
ホームへ戻る