「トヨタ・アクア」の衝突回避機能がレベルアップ

2018.04.03 自動車ニュース

「トヨタ・アクアS」(写真のボディーカラーはホワイトパールクリスタルシャイン)


	「トヨタ・アクアS」(写真のボディーカラーはホワイトパールクリスタルシャイン)
	拡大

トヨタ自動車は2018年4月3日、コンパクトカー「アクア」の仕様変更を発表。あわせて、特別仕様車「S“スタイルブラック”」を発売した。

特別仕様車「アクアS“スタイルブラック”」
特別仕様車「アクアS“スタイルブラック”」拡大

今回の仕様変更では、昼間の歩行者も検知対象とした「プリクラッシュセーフティー(レーザーレーダー+単眼カメラ)」を衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」に採用。さらに、アクセルペダルの踏み間違いによる駐車場などでの衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー」をオプション設定した。

なお、従来「Toyota Safety Sense PおよびC」ならびに「第2世代のToyota Safety Sense」とされていた衝突回避支援パッケージの呼称は、「Toyota Safety Sense」に統一している。

ボディーカラーは、オプションの新規設定色「ホワイトパールクリスタルシャイン」を含む全14色をラインナップ。ボディーカラーと異なるカラーパーツを組み合わせる「フレックストーン」についても、色のコンビネーションを改めた上で、「S」「G」「G“ソフトレザーセレクション”」の各グレードにオプション設定した。

あわせて、Sグレードをベースに内装をブラック基調とし、Toyota Safety Senseやインテリジェントクリアランスソナーなどを装備する特別仕様車、S“スタイルブラック”も設定している。

アクアのラインナップと価格は以下のとおり。

  • L:178万5240円
  • S:188万6760円
  • G:205万2000円
  • G“ソフトレザーセレクション”:207万9000円
  • クロスオーバー:205万2000円

(webCG)
 

関連キーワード:
アクア, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ アクア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー 2017.6.23 画像・写真 モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • 前編:いま、小さな個性派がアツい!? ~軽とコンパクトのキャラ立ちモデルを一挙紹介 2015.8.28 実力チェック! 人気の軽とコンパクト 軽自動車やコンパクトカーの世界は、エッジの効いたデザインや規格外のユーティリティー性も持ち味とする“個性派モデル”が花盛り。ここで、その背景となる自動車業界のトレンドを検証しつつ、いま注目すべきモデルをピックアップしてみよう。
  • トヨタ・アクアG“G’s”(FF/CVT)【試乗記】 2015.2.20 試乗記 ベストセラーのハイブリッドコンパクトカーをベースに、トヨタ自らスポーティーな味付けを施した「アクア“G’s”」。その走りの実力を試した。
  • トヨタ・アクアG(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.10 試乗記 トヨタ・アクアG(FF/CVT)
    ……221万150円

    2011年12月26日に発売されたコンパクトハイブリッドカー「アクア」。2012年上半期の販売台数は12万8000台を超え、2位にランクインした。アクアの魅力はどこにあるのか? 最上級グレードにあらためて試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
ホームへ戻る