装備充実の2018年型「ランドローバー・ディスカバリー」受注開始

2018.04.03 自動車ニュース
「ランドローバー・ディスカバリー」
「ランドローバー・ディスカバリー」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年4月2日、定員7人のフルサイズSUV「ランドローバー・ディスカバリー」の2018年モデルについて概要を発表。同日、受注を開始した。

 
装備充実の2018年型「ランドローバー・ディスカバリー」受注開始の画像拡大
 
装備充実の2018年型「ランドローバー・ディスカバリー」受注開始の画像拡大

2018年モデルのディスカバリーは、従来型に比べ、主に以下の点が変更されている。

  • 最大8つのデバイスに対応するWi-FiホットスポットのLTE化
  • 車両から離れた場所でドアのロックや解除、シートやエアコンの設定ができる「リモートプレミアム」を装備
  • 最適化されたスマートフォンのアプリを車両のタッチスクリーンから操作できる「InControlアプリ」の搭載
  • 緊急時にスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールができる「プロテクト」を標準装備
  • 電話やエンターテインメント機能を操作できる12.3インチの高解像度インタラクティブドライバーディスプレイを採用
  • 走行速度やナビゲーション情報をフロントガラスに映し出すヘッドアップディスプレイ(HUD)をオプションとして設定
  • 快適な車内空間を提供するナノイーエアコン(イオン空気清浄機能付きエアコン)をオプション装備に追加

ラインナップと価格は、以下のとおり。ボディーカラーはフジホワイト、ナルヴィックブラック、ロワールブルー、などをはじめとする全12色が用意される。

【ガソリンエンジン搭載モデル】

  • ディスカバリーHSE(P340):819万7000円
  • ディスカバリーHSEラグジュアリー(P340):921万7000円

【ディーゼルエンジン搭載モデル】

  • ディスカバリーHSE(D258):839万7000円
  • ディスカバリーHSEラグジュアリー(D258):941万7000円

(webCG)

関連キーワード:
ディスカバリー4, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー ディスカバリー4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(後編)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 “これぞジープ”の味を守り続ける「ラングラー」と、新世代のオフローダーへと大胆な変身を遂げた「ランドローバー・ディフェンダー」。後半ではメカニズムの違いがもたらす走破性や乗り味の違いを考えながら、林道を奥へ奥へと進んでみた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(前編)【試乗記】 2020.11.23 試乗記 昔ながらの味わいを守り続ける「ジープ・ラングラー」と、電子制御によって武装し、ぐっと現代的に変身した新型「ランドローバー・ディフェンダー」。この2台で林道に繰り出し、日常生活には過剰ともいえる本格オフローダーが人気を集める理由を考えてみた。
ホームへ戻る