装備充実の2018年型「ランドローバー・ディスカバリー」受注開始

2018.04.03 自動車ニュース
「ランドローバー・ディスカバリー」
「ランドローバー・ディスカバリー」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年4月2日、定員7人のフルサイズSUV「ランドローバー・ディスカバリー」の2018年モデルについて概要を発表。同日、受注を開始した。

 
装備充実の2018年型「ランドローバー・ディスカバリー」受注開始の画像拡大
 
装備充実の2018年型「ランドローバー・ディスカバリー」受注開始の画像拡大

2018年モデルのディスカバリーは、従来型に比べ、主に以下の点が変更されている。

  • 最大8つのデバイスに対応するWi-FiホットスポットのLTE化
  • 車両から離れた場所でドアのロックや解除、シートやエアコンの設定ができる「リモートプレミアム」を装備
  • 最適化されたスマートフォンのアプリを車両のタッチスクリーンから操作できる「InControlアプリ」の搭載
  • 緊急時にスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールができる「プロテクト」を標準装備
  • 電話やエンターテインメント機能を操作できる12.3インチの高解像度インタラクティブドライバーディスプレイを採用
  • 走行速度やナビゲーション情報をフロントガラスに映し出すヘッドアップディスプレイ(HUD)をオプションとして設定
  • 快適な車内空間を提供するナノイーエアコン(イオン空気清浄機能付きエアコン)をオプション装備に追加

ラインナップと価格は、以下のとおり。ボディーカラーはフジホワイト、ナルヴィックブラック、ロワールブルー、などをはじめとする全12色が用意される。

【ガソリンエンジン搭載モデル】

  • ディスカバリーHSE(P340):819万7000円
  • ディスカバリーHSEラグジュアリー(P340):921万7000円

【ディーゼルエンジン搭載モデル】

  • ディスカバリーHSE(D258):839万7000円
  • ディスカバリーHSEラグジュアリー(D258):941万7000円

(webCG)

関連キーワード:
ディスカバリー4, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー ディスカバリー4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク(4WD/9AT)【海外試乗記】 2019.4.5 試乗記 ランドローバーのベストセラーSUV「レンジローバー イヴォーク」がフルモデルチェンジ。将来の電動化も見据えたという新たなプラットフォームを手にした新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。ギリシャ・アテネで試乗した。
  • 第1回:認定中古車のレンジローバー イヴォークを試す 2019.4.26 ランドローバーに認定中古車という選択肢<PR> 英国が誇るSUVの老舗、ランドローバーのモデルを手に入れるのなら、認定中古車という選択肢は大いにアリ。ラグジュアリーコンパクトSUVの先駆けである「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の試乗を通し、リポーターがそう結論づけた理由とは?
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.15 試乗記 アウディ スポーツが開発を手がけた、「A4」シリーズのトップモデル「RS 4アバント」に試乗。その走りは、ドイツで生まれた高性能マシンならではの“クールな全能性”を感じさせるものだった。
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
  • 2代目となる新型「レンジローバー イヴォーク」がデビュー 2018.11.23 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーが新型「レンジローバー イヴォーク」を発表した。デザインは従来モデルのクーペスタイルをよりモダンに進化させたもの。シャシーには新世代のエンジン横置きプラットフォームを採用しており、将来的にはPHEVの導入も予定している。
ホームへ戻る