日産が「NV100クリッパー」を仕様変更して発売

2018.04.09 自動車ニュース
「日産NV100クリッパー」
「日産NV100クリッパー」拡大

日産自動車は2018年4月9日、軽商用車「NV100クリッパー」の仕様を一部変更し、販売を開始した。

 
日産が「NV100クリッパー」を仕様変更して発売の画像拡大
 
日産が「NV100クリッパー」を仕様変更して発売の画像拡大

NV100クリッパーは、日産がスズキからOEM供給を受けて販売するワンボックスタイプの軽自動車であり、「スズキ・エブリイ」の姉妹車にあたる。

今回の仕様変更では、ハイルーフの「DX」にリモートコントロールエントリーシステムとカーアラーム、プライバシーガラスを標準装備としたほか、5段AGS車に標準装備としていたABSおよびEBD(電子制御式制動力配分システム)の設定を5段MT車にも拡大。あわせて「DX GLパッケージ」の5段MT車にもABSとEBDを標準装備としている。

価格は101万6280円~149万7960円。

(webCG)
 

関連キーワード:
NV100クリッパー, 日産, 自動車ニュース

日産 NV100クリッパー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産と三菱がスズキから軽商用車をOEM調達 2013.8.29 自動車ニュース 日産と三菱が、スズキから軽商用車のOEM供給を受けることで同社と合意した。
  • スズキ・ジムニー/メルセデス・ベンツGクラス(後編)【試乗記】 2019.7.18 試乗記 誕生以来、オフロード第一の姿勢を守り続ける「スズキ・ジムニー」と「メルセデス・ベンツGクラス」。より快適なクルマが存在する今日においても、ファンに厚く支持される両モデルの試乗を通し、今も昔も変わらない“愛され続けるクルマ”の条件について考えた。
  • 第540回:「デリカD:5」の過剰な走行性能が復活の兆し!?
    三菱の未来がかかる新たな研究開発設備を見学
    2018.12.11 エディターから一言 愛知県岡崎市にある、三菱自動車の開発・生産拠点。総面積100万平方メートルにもおよぶこの“地域”に2018年秋、新たなオフィスビルと環境試験棟の2棟が完成した。三菱の将来を託されたこれらの施設が報道陣向けにお披露目されたので、その様子をリポートする。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.12 試乗記 20年ぶりのフルモデルチェンジでデビューするや、たちまち入手困難となっている新型「ジムニー」。かくも絶大な支持を集める理由はどこにあるのか? その長所、そして短所を、ATの最上級グレードに試乗して確かめた。
  • 第99回:同業者最速(!?)ジムニー試乗 2018.7.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第99回は「同業者最速(!?)ジムニー試乗」。“チビGクラス”と注目の新型「ジムニー」に、ディーラーでいち早く試乗! カッコは? 乗り心地は? 乗り出し価格は? 気になる4AT仕様をチョイ乗りリポートする。 
ホームへ戻る