アストン、ニューモデル「DBSスーパーレッジェーラ」を間もなく発表

2018.04.18 自動車ニュース
「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ」
「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ」拡大

英アストンマーティンは2018年4月18日、高性能スポーツモデル「DBSスーパーレッジェーラ」を同年の第2四半期に発表すると予告した。

 

「DBS」は、アストンマーティンのハイパフォーマンスモデルにたびたび用いられてきた名称であり、最初は1967年にウィリアム・タウンズが設計した当時の新世代モデルに、2度目は2007年にマレック・ライヒマンが開発を主導したフラッグシップモデルにそれぞれ使用された。

今回発表がアナウンスされたDBSスーパーレッジェーラは、アストンマーティンの中期経営計画「セカンドセンチュリープラン」の一環として企画されたもので、同社がラインナップする2ドアスポーツモデルのフラッグシップとなる予定だ。

また「DBS」とともにモデル名を構成する「スーパーレッジェーラ」とは「超軽量」の意味で、イタリアのカロッツェリア、トゥーリングが得意とした特殊なボディー製法の名称でもある。軽量・高剛性なボディーを得るため、アストンマーティンでも「DB4」や「DB5」「DB6」などに採用された。新しいDBSスーパーレッジェーラの詳細についてはまだ明らかとなっていないが、アストンマーティンはこの車名が「このニューモデルがどのようなクルマとなるかを示すヒントとなる」としている。

(webCG)
 

関連キーワード:
DBSスーパーレッジェーラ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン DBSスーパーレッジェーラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
ホームへ戻る