アストン、ニューモデル「DBSスーパーレッジェーラ」を間もなく発表

2018.04.18 自動車ニュース
「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ」
「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ」拡大

英アストンマーティンは2018年4月18日、高性能スポーツモデル「DBSスーパーレッジェーラ」を同年の第2四半期に発表すると予告した。

 

「DBS」は、アストンマーティンのハイパフォーマンスモデルにたびたび用いられてきた名称であり、最初は1967年にウィリアム・タウンズが設計した当時の新世代モデルに、2度目は2007年にマレック・ライヒマンが開発を主導したフラッグシップモデルにそれぞれ使用された。

今回発表がアナウンスされたDBSスーパーレッジェーラは、アストンマーティンの中期経営計画「セカンドセンチュリープラン」の一環として企画されたもので、同社がラインナップする2ドアスポーツモデルのフラッグシップとなる予定だ。

また「DBS」とともにモデル名を構成する「スーパーレッジェーラ」とは「超軽量」の意味で、イタリアのカロッツェリア、トゥーリングが得意とした特殊なボディー製法の名称でもある。軽量・高剛性なボディーを得るため、アストンマーティンでも「DB4」や「DB5」「DB6」などに採用された。新しいDBSスーパーレッジェーラの詳細についてはまだ明らかとなっていないが、アストンマーティンはこの車名が「このニューモデルがどのようなクルマとなるかを示すヒントとなる」としている。

(webCG)
 

関連キーワード:
DBSスーパーレッジェーラ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る