アストン、ニューモデル「DBSスーパーレッジェーラ」を間もなく発表

2018.04.18 自動車ニュース
「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ」
「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ」拡大

英アストンマーティンは2018年4月18日、高性能スポーツモデル「DBSスーパーレッジェーラ」を同年の第2四半期に発表すると予告した。

 

「DBS」は、アストンマーティンのハイパフォーマンスモデルにたびたび用いられてきた名称であり、最初は1967年にウィリアム・タウンズが設計した当時の新世代モデルに、2度目は2007年にマレック・ライヒマンが開発を主導したフラッグシップモデルにそれぞれ使用された。

今回発表がアナウンスされたDBSスーパーレッジェーラは、アストンマーティンの中期経営計画「セカンドセンチュリープラン」の一環として企画されたもので、同社がラインナップする2ドアスポーツモデルのフラッグシップとなる予定だ。

また「DBS」とともにモデル名を構成する「スーパーレッジェーラ」とは「超軽量」の意味で、イタリアのカロッツェリア、トゥーリングが得意とした特殊なボディー製法の名称でもある。軽量・高剛性なボディーを得るため、アストンマーティンでも「DB4」や「DB5」「DB6」などに採用された。新しいDBSスーパーレッジェーラの詳細についてはまだ明らかとなっていないが、アストンマーティンはこの車名が「このニューモデルがどのようなクルマとなるかを示すヒントとなる」としている。

(webCG)
 

関連キーワード:
DBSスーパーレッジェーラ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.23 試乗記 ついにミドシップの新型が発表された「シボレー・コルベット」。“最後のFR”となることが確定した現行モデルとのドライブを通し、アメリカ伝統のスーパースポーツが革新の道を選んだ理由と、今日に至るコルベットの歴史に思いをはせた。
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)/ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.10.2 試乗記 公約通り、ほぼ9カ月に1台の割合でニューモデルを市場投入しているアストンマーティン。フラッグシップモデルとして誕生した「DBSスーパーレッジェーラ」の実力を試す場としてふさわしいのは、やはりサーキットである。
ホームへ戻る