気分はジェームズ・ボンド! 映画『007』シリーズの劇中車をイメージしたアストンマーティン発売

2020.08.17 自動車ニュース
写真左から、アストンマーティンの限定車「DBSスーパーレッジェーラ007エディション」と「ヴァンテージ007エディション」。
写真左から、アストンマーティンの限定車「DBSスーパーレッジェーラ007エディション」と「ヴァンテージ007エディション」。拡大

英アストンマーティンは2020年8月17日(現地時間)、限定車「ヴァンテージ007エディション」「DBSスーパーレッジェーラ007エディション」を発表し、同日、販売を開始した。

オプションのスキーとスキーラックをルーフに積載した「ヴァンテージ007エディション」。
オプションのスキーとスキーラックをルーフに積載した「ヴァンテージ007エディション」。拡大
往年の「アストンマーティンV8」のものを模した、「ヴァンテージ007エディション」のシート。
往年の「アストンマーティンV8」のものを模した、「ヴァンテージ007エディション」のシート。拡大
センターコンソールには、劇中車の秘密兵器をイメージした「ガジェットプレート」も装着されている。
センターコンソールには、劇中車の秘密兵器をイメージした「ガジェットプレート」も装着されている。拡大

『007』ファンならたまらない

今回発表された2モデルは、映画『007』シリーズの25作目となる『ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開を記念してつくられた限定車。アストンマーティンのパーソナライゼーション部門であるQ by Aston Martinが開発を手がけた。

ヴァンテージ007エディションは、劇中に登場する「アストンマーティンV8」にヒントを得たもので、「カンバーランド・グレー」のボディーカラーやクロームベゼル付きの専用メッシュグリル、イエローの破線ディフューザーが特徴。さらに、スキーアウトリガー(スキー板の付いた補助具)から着想を得た限定のスキー/スキーラックも注文可能となっている。

インテリアはオブシディアンブラックレザーとダーククローム仕様で、センターコンソールには「007」のロゴが配され、サンバイザーにはロシアの警察無線の周波数を示す「96.60」の刺しゅうが施されている。

カーボン製シートバックを採用したシートはアストンマーティンV8を想起させるステッチパターンがポイントで、劇中でさまざまな武器を操作するスイッチを模した「ガジェットプレート」も装着されている。

ヴァンテージ007エディションは、MT車またはAT車が選択可能。100台限定で販売される。

イエローの破線が目を引く「ヴァンテージ007エディション」のリアディフューザー。
イエローの破線が目を引く「ヴァンテージ007エディション」のリアディフューザー。拡大
「DBSスーパーレッジェーラ007エディション」(写真)は25台の台数限定で販売される。
「DBSスーパーレッジェーラ007エディション」(写真)は25台の台数限定で販売される。拡大
「DBSスーパーレッジェーラ007エディション」のステアリングホイールやシートには赤いステッチが施される。
「DBSスーパーレッジェーラ007エディション」のステアリングホイールやシートには赤いステッチが施される。拡大
「DBSスーパーレッジェーラ007エディション」のインテリア。
「DBSスーパーレッジェーラ007エディション」のインテリア。拡大
「DBSスーパーレッジェーラ007エディション」のエクステリアには、ブラックカーボンファイバー製のパーツがおごられる。
「DBSスーパーレッジェーラ007エディション」のエクステリアには、ブラックカーボンファイバー製のパーツがおごられる。拡大

「DBS」は劇中車そのもの

一方、25台限定のDBSスーパーレッジェーラ007エディションは、特別色「セラミック・グレー」のボディーカラーをはじめ、『ノー・タイム・トゥ・ダイ』に登場する劇中車と同一の仕様になっている。

主な特別装備は以下の通り。

  • ブラックカーボンファイバー製のルーフ、ミラーキャップ、スプリッター、ディフューザー、エアロブレードII(リア)。
  • ダイヤモンド旋削仕上げを施したグロスブラックの21インチY字スポークホイール
  • ブラックエナメルを使用したクローム仕上げの007フェンダーエンブレム
  • リアスポイラーブレード部の007フォイル<はく押し>(ステンレススチールシルバー)
  • レッドステッチの施されたレザーシート
  • 007ロゴ入りのドアガード、アームレストバックルバッジ、サブウーファーカバー(リア)
  • 限定車であることを示す専用ドアシルプレート


ヴァンテージ007エディションの推奨小売価格は16万1000ポンド(邦貨にしておよそ2230万円)で、DBSスーパーレッジェーラ007エディションは同27万9025ポンド(およそ3870万円)。納車は2021年の第1四半期に始まる見込み。

(webCG)

関連キーワード:
ヴァンテージ, DBSスーパーレッジェーラ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • BMWが「M440i xDriveグランクーペ」を日本に導入 3リッター直6ターボの高性能モデル 2021.7.16 自動車ニュース BMWが「M440i xDriveグランクーペ」を日本で発売。同日発表された「4シリーズ グランクーペ」の高性能バージョンであり、最大トルク500N・m(51.0kgf・m)/1900-5000rpmを発生する3リッター直6ガソリンターボを搭載している。
  • ジャガーXF SE R-DYNAMIC P300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.5 試乗記 優雅さとスポーティーな走りを併せ持つジャガーのEセグメントモデル「XF」が、操作系の刷新を含む改良を受けて、2021年モデルへと進化。パワフルなガソリンターボエンジンと4WDを組み合わせた「XF SE R-DYNAMIC P300」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
ホームへ戻る