三菱が「デリカD:5」を一部改良 特別仕様車「ジャスパー」も発売

2018.04.26 自動車ニュース
「三菱デリカD:5 Dパワーパッケージ」
「三菱デリカD:5 Dパワーパッケージ」拡大

三菱自動車は2018年4月25日、ミニバン「デリカD:5」に一部改良を施し、販売を開始。同時に新たな特別仕様車「ジャスパー」を同年5月17日に発売すると発表した。

フロントマスクには、アンダーカバー一体型のバンパープロテクターが採用された。
フロントマスクには、アンダーカバー一体型のバンパープロテクターが採用された。拡大
「デリカD:5アクティブギア」
「デリカD:5アクティブギア」拡大

より力強いフロントマスクに

三菱の「デリカ」シリーズは、今年で誕生50年を迎える同社伝統のワンボックスモデルである。現行型のデリカD:5はその5代目のモデルとして、2007年にデビュー。今回の改良では、アンダーカバー一体型のフロントバンパープロテクターを採用することで、フロントまわりをより力強くアクティブなデザインに変更した。価格は240万8400円から405万5400円となっている。

また、今回の発表では2017年4月に発売された「アクティブギア」の継続販売についてもアナウンス。ディーゼル車の「Dパワーパッケージ<7人乗り>」をベースとした特別仕様車で、今回の改良にともなって専用ディーラーオプションパッケージ「ACTIVE GEARコンプリートパッケージ」のフロントバンパープロテクターを廃止(カタログモデル、特別仕様車ともに類似形状のフロントバンパープロテクターが標準装備となったため)。代わって、オレンジの「DELICA」ロゴを施したフロントバンパープロテクターデカールを新たに採用した。

一方インテリアでは、専用シートの座面と背もたれに用いているスエード調人工皮革にはっ水機能を追加している。

こちらの価格は、カーナビゲーションシステムの「MMCS」装着車で393万6600円、非装着車で376万3800円。

「デリカD:5ジャスパー」
「デリカD:5ジャスパー」拡大
フロントバンパープロテクターデカール(JASPERコンプリートパッケージ)
フロントバンパープロテクターデカール(JASPERコンプリートパッケージ)拡大
マッドフラップ(JASPERコンプリートパッケージ)
マッドフラップ(JASPERコンプリートパッケージ)拡大
カーゴフェンス(JASPERコンプリートパッケージ)
カーゴフェンス(JASPERコンプリートパッケージ)拡大
シートバンジーコード(JASPERコンプリートパッケージ)
シートバンジーコード(JASPERコンプリートパッケージ)拡大
フロアマット(JASPERコンプリートパッケージ)
フロアマット(JASPERコンプリートパッケージ)拡大

夏のレジャーを意識した特別仕様車

同時に発表されたジャスパーは、キャンプなど夏のアウトドアレジャーシーンをイメージしたデザインが特徴の特別仕様車である。ベース車はディーゼルエンジン搭載モデル「Dパワーパッケージ<8人乗り>」で、以下の点を特徴としている。

【エクステリア】
「JASPER」のデカールをテールゲートに、広大な山並みや鹿を描いたサイドストライプとデカールをボディーサイドに採用。メッキ装飾のフォグランプベゼルやウインカー付き電動格納式リモコンドアミラー、アウタードアハンドルや、ダーククローム調塗装の18インチアルミホイールも特徴となっている。

ボディーカラーはいずれもツートンで、同車専用色の「ディープシーグリーンマイカ/アイガーグレーメタリック」に、「アイガーグレーメタリック/ダイヤモンドブラックマイカ」「ウォームホワイトパール/スターリングシルバーメタリック」(3万2400円の有償色)の3種類。

【インテリア】
アッパーグローブボックスとパワーウィンドウスイッチパネルをピアノブラックとし、さらに前者には外観のサイドデカールと同じイメージのイラストデカールを採用。シート生地ははっ水機能を備えた専用スエード調人工皮革(ブラウン&シルバーステッチ)で、心地よい手触りに加え、滑りにくい立体的なボーダーキルティング形状とするなど、機能性にも配慮したものとなっている。装備の強化も図っており、運転席には電動パワーシート(スライド、リクライニング、ハイト、チルト)を採用。7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーションのMMCSも用意している。

【その他】
同車専用のディーラーオプションパッケージとして、キャンプなどのアウトドアレジャーに最適なパーツを組み合わせた「JASPERコンプリートパッケージ」を設定した。価格は11万5797円(参考取り付け工賃7840円を含む)。パッケージの内容は以下の通り。

  • フロントバンパープロテクターデカール(「DELICA」文字メッキ調)
  • マッドフラップ(レッド、「JASPER」ロゴ入り)
  • カーゴフェンス(「JASPER」ロゴ入り)
  • シートバンジーコード(ブラウン)
  • フロアマット(ブラック&ブラウン、「JASPER」ロゴワッペン付き<運転席/助手席>)

価格は、MMCS装着車で374万7600円、MMCS非装着車で357万0480円。

(webCG)

関連キーワード:
デリカD:5, 三菱, 自動車ニュース

三菱 デリカD:5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.20 試乗記 大きく変わったフロントマスクが話題の「三菱デリカD:5」だが、パワートレインをはじめとした中身の洗練ぶりもかなりのものだ。「デリカじゃなきゃダメ」というこだわりのユーザーを生み出す、孤高のミニバンの進化のほどを探った。
  • 第31回:三菱デリカD:5(前編) 2019.4.24 カーデザイナー明照寺彰の直言 箱型オフローダーからオラオラ系のミニバンに変身!? そのデザインが物議を醸しつつも、なんだかんだいって販売好調な「三菱デリカD:5」。劇的に変化したフロントマスクを、現役の自動車デザイナー明照寺彰はどう評価するのか?
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)/デリカD:5アーバンギア(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.30 試乗記 高い悪路走破性能を身上とする三菱のユニークなミニバン「デリカD:5」がマイナーチェンジ。“コワモテ”のフロントマスクばかりが話題を集めているが、実際に乗ってみると、パワートレインにもシャシーにもはっきり進化の感じられる、充実した改良となっていた。
  • マツダ3ファストバックXD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.16 試乗記 「アクセラ」から“グローバルネーム”へと車名が改められ、生まれ変わった「マツダ3」。新世代の世界戦略車と位置付けられるこのモデルは、果たしてCセグメント・ハッチバックのベンチマークとされる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を超えたのか。
  • 第540回:「デリカD:5」の過剰な走行性能が復活の兆し!?
    三菱の未来がかかる新たな研究開発設備を見学
    2018.12.11 エディターから一言 愛知県岡崎市にある、三菱自動車の開発・生産拠点。総面積100万平方メートルにもおよぶこの“地域”に2018年秋、新たなオフィスビルと環境試験棟の2棟が完成した。三菱の将来を託されたこれらの施設が報道陣向けにお披露目されたので、その様子をリポートする。
ホームへ戻る