三菱が「デリカD:5」をビッグマイナーチェンジ

2018.11.21 自動車ニュース
改良型「三菱デリカD:5」(写真左)と「デリカD:5アーバンギア」(同右)。
改良型「三菱デリカD:5」(写真左)と「デリカD:5アーバンギア」(同右)。拡大

三菱自動車は2018年11月21日、2018年度内に発売を予定しているミニバン「デリカD:5」の改良モデルを発表し、予約注文受け付けを開始した。

「デリカD:5」のフロントマスク。ヘッドランプは縦長の部分で、つり目の部分はポジションランプ。
「デリカD:5」のフロントマスク。ヘッドランプは縦長の部分で、つり目の部分はポジションランプ。拡大
「デリカD:5」のリアまわりは、コンビランプとガーニッシュを一体化したデザインとなっている。
「デリカD:5」のリアまわりは、コンビランプとガーニッシュを一体化したデザインとなっている。拡大
「デリカD:5」は、インストゥルメントパネルの装飾にサバ杢の立体木目を採用している。
「デリカD:5」は、インストゥルメントパネルの装飾にサバ杢の立体木目を採用している。拡大
洗練されたモダンなイメージを目指したという「デリカD:5アーバンギア」。
洗練されたモダンなイメージを目指したという「デリカD:5アーバンギア」。拡大
「アーバンギア」ではリアガーニッシュがクリアとなるほか、マフラー部分に切り欠きのないバンパーを採用している。
「アーバンギア」ではリアガーニッシュがクリアとなるほか、マフラー部分に切り欠きのないバンパーを採用している。拡大
「アーバンギア」はインパネ装飾にバール杢を採用した。
「アーバンギア」はインパネ装飾にバール杢を採用した。拡大

今回の改良では、内外装デザインのブラッシュアップに加えて、パワートレインや先進安全装備の強化を図るなど、全方位的な進化を遂げている。

外装は「TOUGH TO BE GENTLE(タフ トゥ ビー ジェントル)」をコンセプトに、従来の力強いイメージに加えて、上質感を付与することを目指した。フロントまわりでは、三菱の最新のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」とマルチLEDヘッドライトを採用。リアでは、コンビネーションランプとリアゲートガーニッシュに連続性を持たせたデザインとした。

ボディーカラーには、歴代「デリカ」シリーズが採用してきた「グリーン」を受け継ぎ、新たに「エメラルドブラックパール」を設定。モノトーンだけでなく、「アイガーグレーメタリック」と組み合わせた2トーンも用意する。

インテリアでは、インストゥルメントパネルのデザインを水平基調のものへと一新。サバ杢(原木が二股に分かれたサバ部分)柄の立体木目の装飾を加えることで、上質さを表現している。このほか、ステッチを施したソフトパッドや削り出しメタルのようなデザインのモードセレクトダイヤル、立体盤面のメーターデザインなども採用した。

先進安全装備については、三菱の予防安全技術パッケージ「e-Assist」を新たに設定。歩行者も検知可能な衝突被害軽減ブレーキや全車速域に対応したアダプティブクルーズコントロール、レーンチェンジアシスト機能を備えた後側方車両検知警報システムなどにより、ドライバーをアシストする。

既存の2.2リッターディーゼルエンジンにも手を加え、最大トルクを360Nmから380Nmへと強化。ワイドかつクロスレシオ化した新開発の8段ATと組み合わせることで、動力性能と燃費性能の強化(13.0km/リッター→13.6km/リッター、JC08モード)を図っている。また、三菱車としては初めて、排ガス浄化システムに尿素SCRを採用したほか、4WDシステムにヨーレートフィードバック制御を加えることで、ハンドル操作に対する車両挙動の正確さを高めている。

また、標準車のほかに、新たなデザインラインとして、洗練されたモダンなイメージを目指したという「アーバンギア」を設定。エクステリアでは専用デザインのフロントグリルやフロントバンパー、マフラー部分の切り欠きを廃したリアバンパーを採用。インテリアではインパネ装飾にバール杢(根の近くのこぶにできる希少価値の高い木目)を用いたほか、つやのある青みがかった黒木目のアクセントを加えている。

価格は385万円~425万円となる見込み。なお、三菱自動車は、カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2019」(会期:2019年1月11日~13日)に、改良型デリカD:5を参考出品する。

(webCG)

関連キーワード:
デリカD:5, 三菱, 自動車ニュース

三菱 デリカD:5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.20 試乗記 大きく変わったフロントマスクが話題の「三菱デリカD:5」だが、パワートレインをはじめとした中身の洗練ぶりもかなりのものだ。「デリカじゃなきゃダメ」というこだわりのユーザーを生み出す、孤高のミニバンの進化のほどを探った。
  • BMWアルピナXD3(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.21 試乗記 アルピナの商品群において、数少ないSUVの一台である「XD3」。控えめを旨とするアルピナが手がけると、ディーゼルエンジンを積むSUVはどのようなクルマに仕上がるのか? 最大トルク700Nmの豪快さと、繊細なドライブフィールが織り成す妙味を楽しんだ。
  • メルセデス・ベンツC200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド(4WD/9AT)【試乗記】 2019.5.13 試乗記 大幅な改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」において、フラッグシップモデルとなるのが「C200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド」。新たなマイルドハイブリッド機構が搭載されたパワートレインは、どんな走りをもたらしたのか?
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
ホームへ戻る