ブラックが基調の「ジープ・レネゲード ナイトイーグル」限定発売

2018.06.09 自動車ニュース
「ジープ・レネゲード ナイトイーグル」
「ジープ・レネゲード ナイトイーグル」拡大

FCAジャパンは2018年6月9日、「ジープ・レネゲード」の特別仕様車「Night Eagle(ナイトイーグル)」を台数200台の限定で発売した。

「リミテッド」と「トレイルホーク」に新たに採用された、8.4インチオーディオナビゲーションシステム。
「リミテッド」と「トレイルホーク」に新たに採用された、8.4インチオーディオナビゲーションシステム。拡大
「レネゲード ナイトイーグル」。写真のボディーカラーは、すべて「グラナイトクリスタルメタリック」。
「レネゲード ナイトイーグル」。写真のボディーカラーは、すべて「グラナイトクリスタルメタリック」。拡大

今回のレネゲード ナイトイーグルは、2017年6月に発売された同名の限定車の第2弾。エントリーグレード「ロンジチュード」をベースに、黒を基調としたエクステリアパーツや上級グレード「リミテッド」に匹敵する先進安全装備が与えられている。

ボディーカラーは、前回の「カーボンブラックメタリック」に加え、レネゲード初設定となる「グラナイトクリスタルメタリック」をラインナップ。ブラックグリルやグロスブラックフロントフォグランプベゼル、グロスブラックリアバンパーディフレクター、18インチグロスブラックアルミホイールなどを採用し、精悍(せいかん)さを高めたとうたわれる。運転席の2ウェイパワーランバーサポートやリバーシブル式の高さ調整機能付きカーゴフロアなどもセリングポイントとなっている。

安全機能については、「LaneSense車線逸脱警報プラス」や「クラッシュミティゲーション(自動ブレーキ)付き前面衝突警報」「オートヘッドライト」「雨量感知機能ワイパー」などが搭載される。

価格は315万3000円。

また、今回の限定車発売に合わせ、レネゲード全車の仕様も変更。新たにApple CarPlayとAndroid Autoに対応した最新の「Uconnectシステム」が装備される(ロンジチュードには7インチラジオを、「リミテッド」と「トレイルホーク」には8.4インチオーディオナビゲーションシステムを採用)。

さらに、ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクションおよびParkviewリアバックアップカメラの採用モデルを全車に拡大したほか、USBポートを追加し、センターコンソールのデザインを変更。リミテッドとトレイルホークはボディーカラーの設定が増え、ロンジチュードとリミテッドのシートデザインが改められた。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ロンジチュード:299万円
  • リミテッド:337万円
  • トレイルホーク:365万円

(webCG)

関連キーワード:
レネゲード, ジープ, 自動車ニュース

ジープ レネゲード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.27 試乗記 およそ70年の歴史を持つ、本格クロスカントリーモデル「ジープ・ラングラー」。雪道を行く最強グレード「ルビコン」の走りは、ほかのクルマでは得がたい機能性を感じさせるものだった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2019.4.29 試乗記 燃料電池車、電気自動車、プラグインハイブリッド車の3つのパワートレインを同一プラットフォームに採用する、「3 in 1コンセプト」の下で誕生した「ホンダ・クラリティPHEV」。欧州を筆頭にパワートレインの電化が積極的に推し進められていく中、あらためて試乗してその存在意義を再考してみた。
  • BMWアルピナXD3(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.21 試乗記 アルピナの商品群において、数少ないSUVの一台である「XD3」。控えめを旨とするアルピナが手がけると、ディーゼルエンジンを積むSUVはどのようなクルマに仕上がるのか? 最大トルク700Nmの豪快さと、繊細なドライブフィールが織り成す妙味を楽しんだ。
ホームへ戻る