ボルボが「XC60」の仕様を変更、今夏より新価格での販売を開始

2018.07.17 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2018年7月17日、ミドルクラスSUV「XC60」の一部仕様を変更するとともに、一部のモデルで価格改定を実施し、同年8月15日に販売を開始すると発表した。

今回の仕様変更では、上級グレード「インスクリプション」において、「テイラード・ダッシュボード&インナードアパネル・トップ」と「haman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステム」(600W、14スピーカー、サブウーファー付)を標準装備とした。

改定後の各モデルの価格は以下の通り。

  • XC60 T5 AWDモメンタム:599万円(599万円)
  • XC60 D4 AWDモメンタム:629万円(599万円)
  • XC60 D4 AWD R-DESIGN:679万円(649万円)
  • XC60 T5 AWDインスクリプション:694万円(694万円)
  • XC60 T6 AWD R-DESIGN:724万円(724万円)
  • XC60 D4 AWDインスクリプション:724万円(694万円)
  • XC60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション:899万円(899万円)

※カッコ内は従来の価格。

(webCG)

「ボルボXC60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション」
「ボルボXC60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション」拡大

関連キーワード:
XC60, ボルボ, 自動車ニュース