ボルボが「XC60」の仕様を変更、今夏より新価格での販売を開始

2018.07.17 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2018年7月17日、ミドルクラスSUV「XC60」の一部仕様を変更するとともに、一部のモデルで価格改定を実施し、同年8月15日に販売を開始すると発表した。

今回の仕様変更では、上級グレード「インスクリプション」において、「テイラード・ダッシュボード&インナードアパネル・トップ」と「haman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステム」(600W、14スピーカー、サブウーファー付)を標準装備とした。

改定後の各モデルの価格は以下の通り。

  • XC60 T5 AWDモメンタム:599万円(599万円)
  • XC60 D4 AWDモメンタム:629万円(599万円)
  • XC60 D4 AWD R-DESIGN:679万円(649万円)
  • XC60 T5 AWDインスクリプション:694万円(694万円)
  • XC60 T6 AWD R-DESIGN:724万円(724万円)
  • XC60 D4 AWDインスクリプション:724万円(694万円)
  • XC60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション:899万円(899万円)

※カッコ内は従来の価格。

(webCG)

「ボルボXC60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション」
「ボルボXC60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション」拡大

関連キーワード:
XC60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ XC60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • 「ボルボXC40」にプラグインハイブリッドモデル登場 ボルボSUVのパワーユニットがすべて新世代に移行 2020.8.25 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2020年8月25日、コンパクトSUV「XC40」にプラグインハイブリッドモデルを設定するとともに、XC40およびミドルサイズSUV「XC60」、フラッグシップSUV「XC90」のパワートレインラインナップを一新し、同日、販売を開始した。
  • ボルボXC40リチャージプラグインハイブリッドT5インスクリプション(FF/7AT)【試乗記】 2020.8.28 試乗記 パワーユニットの電動化を推進するボルボが、コンパクトSUV「XC40」初となるPHVを2021年モデルとして導入。1.5リッター直3ターボ+電気モーターを搭載する「リチャージプラグインハイブリッド」の出来栄えを確かめた。
  • ボルボXC40 B5 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.16 試乗記 ボルボの電動化戦略の一翼を担う、SUV「XC40」のマイルドハイブリッドモデル。“エコ”ゆえにおとなしいキャラクターかと思いきや、その走りは驚くほどファン・トゥ・ドライブに満ちていた。
  • ボルボXC60 B5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.30 試乗記 順次、全モデルをモーター付きにするというボルボの電動化戦略。その意欲的な計画を支える一台が、セールス好調のSUV「XC60」にも設定された。最新のマイルドハイブリッドシステムを搭載する「XC60 B5」、その走りやいかに?
ホームへ戻る