ボルボが「XC60」の仕様を変更、今夏より新価格での販売を開始

2018.07.17 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2018年7月17日、ミドルクラスSUV「XC60」の一部仕様を変更するとともに、一部のモデルで価格改定を実施し、同年8月15日に販売を開始すると発表した。

今回の仕様変更では、上級グレード「インスクリプション」において、「テイラード・ダッシュボード&インナードアパネル・トップ」と「haman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステム」(600W、14スピーカー、サブウーファー付)を標準装備とした。

改定後の各モデルの価格は以下の通り。

  • XC60 T5 AWDモメンタム:599万円(599万円)
  • XC60 D4 AWDモメンタム:629万円(599万円)
  • XC60 D4 AWD R-DESIGN:679万円(649万円)
  • XC60 T5 AWDインスクリプション:694万円(694万円)
  • XC60 T6 AWD R-DESIGN:724万円(724万円)
  • XC60 D4 AWDインスクリプション:724万円(694万円)
  • XC60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション:899万円(899万円)

※カッコ内は従来の価格。

(webCG)

「ボルボXC60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション」
「ボルボXC60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション」拡大

関連キーワード:
XC60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ XC60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • ボルボXC60リチャージプラグインハイブリッドT8 AWDインスクリプション【試乗記】 2020.12.22 試乗記 プラグインハイブリッドシステムを搭載する「ボルボXC60」で、日本有数の豪雪地帯である青森・酸ヶ湯経由のルートをテストドライブ。後輪にモーターを用いたAWDの性能や、ボルボ自慢のセーフティーデバイスの実力を確かめた。
  • 第3回:実力チェック! ボルボのSENSUS 2017.12.8 徹底検証! ボルボXC60 フルモデルチェンジで2代目となった、ボルボのプレミアムSUV「XC60」。最新型のインフォテインメントシステムでは、どんなことができるのか。ヒューマン・マシン・インターフェイスにおける使い勝手をチェックした。
  • 「ボルボXC40」のプラグインハイブリッドモデルに599万円のエントリーグレードが登場 2021.7.21 自動車ニュース ボルボがコンパクトSUV「XC40」に、プラグインハイブリッドモデルのエントリーグレードとして「リチャージプラグインハイブリッドT5インスクリプション エクスプレッション」を新設定。一部の装備を簡素化し、599万円という価格を実現している。
  • ボルボXC60 B6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)/V60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.23 試乗記 ボルボの中核を担う「60シリーズ」に、新エンジンを搭載した「XC60 B6 AWD R-DESIGN」と、「V60」初の「R-DESIGN」モデルとなる「V60 B5 R-DESIGN」が登場。ともに48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載した両モデルは、どのような走りを見せるのか?
ホームへ戻る