「アバルト124スパイダー」に発売2周年記念モデルが登場

2018.07.28 自動車ニュース
「アバルト124スパイダー 2イヤーアニバーサリー」
「アバルト124スパイダー 2イヤーアニバーサリー」拡大

FCAジャパンは2018年7月28日、2シーターオープン「アバルト124スパイダー」に特別仕様車「2イヤーアニバーサリー」を設定し、100台限定で販売を開始した。

 
「アバルト124スパイダー」に発売2周年記念モデルが登場の画像拡大
 
「アバルト124スパイダー」に発売2周年記念モデルが登場の画像拡大
 
「アバルト124スパイダー」に発売2周年記念モデルが登場の画像拡大

今回の特別仕様車は、アバルト124スパイダーの日本導入2周年を記念した限定モデルである。特徴は専用設定のボディーカラーにあり、1周年記念モデルで好評を博した「メタリックブラック」と、今回が初採用となる「メタリックシルバー」という、カタログモデルには設定のない2色が用意されている。

さらに、アダプティブ機能付きフルLEDヘッドライト、レザーシート、ナビゲーション用SDカード、CD/DVDプレーヤー+フルセグ地上デジタルTVチューナーなどからなる「レザー/ナビゲーションパッケージ」(通常はオプション扱い)が標準装備される。

トランスミッションは6段MTのみ。メタリックブラックとメタリックシルバー、それぞれ50台ずつが販売される。価格は420万2000円。

(webCG)

関連キーワード:
124スパイダー, アバルト, 自動車ニュース

アバルト 124スパイダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
  • プジョー208 GTライン(後編) 2020.10.8 谷口信輝の新車試乗 フルモデルチェンジした「プジョー208」に乗った谷口信輝は、「これなら安心してすすめられる」とつぶやいた。そんな評価の決め手となった、最新型の注目ポイントとは?
  • ラインナップから読み解くジャガーのいま【XE&XF×サトータケシ】 2020.10.9 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD> ジャガーネスを味わうのならサルーンに限る。人気自動車ライターのサトータケシはそう断言する。なぜなら最新の「XE」「XF」には、1965年以来スポーツサルーンを絶やすことなくつくり続けてきた、ジャガーならではのノウハウが注ぎ込まれているからだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.19 試乗記 フィアットの往年の2シーターオープン「124スパイダー」が、アバルトブランドの下でよみがえった。「マツダ・ロードスター」の骨格を持つ現代の124スパイダーの走りやいかに? 富士スピードウェイからの第一報。
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
ホームへ戻る