ダイハツ、コンパクトSUV「テリオス カスタム」ほかを出展

2018.08.02 自動車ニュース
「ダイハツ・テリオス カスタム」
「ダイハツ・テリオス カスタム」拡大

ダイハツ工業のインドネシアの現地法人であるアストラ・ダイハツ・モーター(ADM)は、インドネシアのジャカルタで開催されている「ガイキンド インドネシア国際オートショー2018」(開催期間:2018年8月2日~12日)に、コンパクトSUV「テリオス」ベースの特別仕様車「テリオス カスタム」やコンセプトカー「アイラ ターボ」など、計13台を出展した。

 
ダイハツ、コンパクトSUV「テリオス カスタム」ほかを出展の画像拡大
モックアップモデル「DAIHATSU ADVANCED TECH」
モックアップモデル「DAIHATSU ADVANCED TECH」拡大

今回お披露目されたテリオス カスタムは、2017年11月に発表したテリオスをベースに、アクセサリーパーツの採用などによって、さらにスポーティーなイメージを付与したというモデル。

また、コンセプトカーのアイラ ターボは、現地で人気のコンパクトカー「アイラ」をベースに、デザインや走りを“レーシング仕様”に仕立てたというモデルで、企画・開発はADMのR&Dメンバーが担当した。

ダイハツではこのほかにも、2017年の東京モーターショーに出展した軽商用EVコンセプト「DN PRO CARGO」や東京オートサロン2018に出展した「ブーン アクティブバージョン」、日本で市販している「タント カスタム」に加え、現地販売モデルの「アイラ」、「シグラ」、「セニア(モーターショー限定車)」、「テリオス」(3台)、「シリオン」(2台)の計13台を出展。また、同社が目指す先進技術のイメージを表現したモックアップモデル「DAIHATSU ADVANCED TECH」も展示している。

(webCG)
 

関連キーワード:
ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事