「ジープ・レネゲード」に安全装備充実の限定車「セーフティーエディション」が登場

2018.09.07 自動車ニュース
「ジープ・レネゲード セーフティーエディション」
「ジープ・レネゲード セーフティーエディション」拡大

FCAジャパンは2018年9月6日、「ジープ・レネゲード ロンジチュード」をベースに、安全装備を充実させた限定車「Safety Edition(セーフティーエディション)」を、同年9月15日から200台限定で販売すると発表した。

 
「ジープ・レネゲード」に安全装備充実の限定車「セーフティーエディション」が登場の画像拡大
 
「ジープ・レネゲード」に安全装備充実の限定車「セーフティーエディション」が登場の画像拡大
 
「ジープ・レネゲード」に安全装備充実の限定車「セーフティーエディション」が登場の画像拡大

この限定車には、車両が車線を逸脱しそうになった際に注意を促す「レーンセンス車線逸脱警報プラス」や、前方車両に急接近した際、警告とともにブレーキアシストを作動させる「前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付き)」、オートヘッドライト、雨量感知機能ワイパーが特別装備されている。

ボディーカラーは全4色で、通常のロンジチュードには設定がない「ソーラーイエロー」が、限定モデル専用色としてラインナップされている。

価格はベースモデルの11万円高となる310万円。

(webCG)

関連キーワード:
レネゲード, ジープ, 自動車ニュース

ジープ レネゲード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る