アルファ・ロメオがステルヴィオのカタログモデルを発表

2018.10.01 自動車ニュース
「ステルヴィオ2.0ターボQ4スポーツパッケージ」
「ステルヴィオ2.0ターボQ4スポーツパッケージ」拡大

FCAジャパンは2018年10月1日、新型SUV「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」を同年10月27日よりフルラインナップで販売すると発表した。同時にハイパフォーマンスバージョンの「クアドリフォリオ」を、2018年内に導入することも明らかにした。

「ステルヴィオ2.0ターボQ4スポーツパッケージ」
「ステルヴィオ2.0ターボQ4スポーツパッケージ」拡大
「ステルヴィオ2.0ターボQ4ラグジュアリーパッケージ」
「ステルヴィオ2.0ターボQ4ラグジュアリーパッケージ」拡大

ステルヴィオのラインナップは、「2.0ターボQ4スポーツパッケージ」と「2.0ターボQ4ラグジュアリーパッケージ」、そしてベースモデルとなる「2.0ターボQ4」の3モデルである。

今回導入する全モデルは、2018年6月の日本導入時に設定された「ファースト・エディション」と同様に、最高出力280ps、最大トルク400Nmを発生する2リッター直4ツインスクロールターボエンジンを搭載。可変トルク配分機構を備えた4WDシステム「アルファ・ロメオQ4」を採用している。

各グレードの主な装備は下記の通り。

【2.0ターボQ4(受注生産)】

  • バイキセノンヘッドライト
  • アダプティブクルーズコントロール
  • 車載インフォテインメントシステム「Connectシステム」(8.8インチディスプレイ、音声認識機能付き)
  • パワーテールゲート

【2.0ターボQ4スポーツパッケージ】
※2.0ターボQ4の主な装備に加えて

  • 電動6ウェイスポーツレザーシート
  • スポーツレザーステアリングホイール
  • レザーインストゥルメント&ドアパネル
  • アルミニウムパネル
  • レッド仕上げブレーキキャリパー
  • 19インチ5ホールアルミホイール

【2.0ターボQ4ラグジュアリーパッケージ】
※2.0ターボQ4の主な装備に加えて

  • 電動8ウェイプレミアムレザーシート
  • プレミアムレザーステアリングホイール
  • レザーインストゥルメント&ドアパネル
  • ウッドパネル(ウォールナットまたはグレイオーク)
  • 18インチ10ツインスポークアルミホイール

価格は以下の通り。

  • 2.0ターボQ4(受注生産):655万円
  • 2.0ターボQ4スポーツパッケージ:691万円
  • 2.0ターボQ4ラグジュアリーパッケージ:691万円

ボディーカラーは全5色。なお、ニュルブルクリンク北コースで量産SUV最速のラップタイムをマークしたハイパフォーマンスモデル、クアドリフォリオの価格は未発表である。

(webCG)
 

関連キーワード:
ステルヴィオ, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース

アルファ・ロメオ ステルヴィオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.5 試乗記 アルファ・ロメオが初めて手がけたSUV「ステルヴィオ」。そのラインナップに加わることになった、ディーゼルモデルの走りやいかに? ガソリンモデルにも試乗経験のある筆者が、乗り味を報告する。
  • メルセデス・ベンツA250eセダン(FF/8AT)【試乗記】 2021.7.28 試乗記 メルセデス・ベンツのFFセダン「Aクラス セダン」にプラグインハイブリッドモデルが登場。その環境性能に期待しつつ試乗した清水草一は、エコカーとは思えない、野蛮なほどのスポーティーさに驚かされたのだった。
  • BMW X7 xDrive40d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.27 試乗記 「BMW X7」に、3リッター直6ディーゼルエンジンと48Vのマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「xDrive40d」が登場。新しいパワートレインを積んだBMWの3列・フルサイズSUVは、そのコワモテとは裏腹に、フレンドリーで家族思いなクルマに仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲン・アルテオン シューティングブレークTSI 4MOTIONエレガンス【試乗記】 2021.7.23 試乗記 フォルクスワーゲンのフラッグシップ「アルテオン」がマイナーチェンジ。注目はこの改良を機に登場したステーションワゴン「アルテオン シューティングブレーク」である。流麗なフォルムと実用性の高さをうたうニューフェイスの仕上がりやいかに。
  • BMW X6 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.26 試乗記 電動化に対する考え方はそれぞれだが、ことBMWの場合は電気の力を環境対応に使いつつ、走りの楽しさにも活用している。マイルドハイブリッド化された直6エンジンを積む「X6」のあまりの出来栄えに感じ入ると同時に、味わえる残り時間を考えると寂しくなった。
ホームへ戻る