「トヨタ・パッソ」が大胆&おしゃれに変身

2018.10.10 自動車ニュース
「トヨタ・パッソ モーダ“Gパッケージ”」
「トヨタ・パッソ モーダ“Gパッケージ”」拡大

トヨタ自動車は2018年10月10日、マイナーチェンジしたコンパクトカー「パッソ」を発表。同日、販売を開始した。

「パッソ モーダ“Gパッケージ”」のリアビュー。


	「パッソ モーダ“Gパッケージ”」のリアビュー。
	拡大
「ドレスアップパッケージ」装着車のインテリア。
「ドレスアップパッケージ」装着車のインテリア。拡大
「パッソX“Lパッケージ・S”」
「パッソX“Lパッケージ・S”」拡大
「パッソ モーダ“Gパッケージ”」
「パッソ モーダ“Gパッケージ”」拡大

今回のマイナーチェンジでは、デザインの質感向上が図られるとともに、安全性が高められた。

「モーダ」シリーズについては、大開口のフロントグリルやL字型のフォグランプベゼルを採用することで、大胆さや上質さを強調。さらに、暖色系のボディーカラー「ブリリアントカッパークリスタルマイカ」をオプション設定した。また「モーダ“Gパッケージ”」には、15インチアルミホイールとLEDイルミネーション(フォグランプベゼル部)、合成皮革+ファブリックシート、本革巻きシフトノブをセットにした「ドレスアップパッケージ」を用意した。

「X」シリーズは、フロントグリル上部にシルバー塗装のアクセントを添えることで、シンプルかつシャープなイメージを演出した。

安全面では、歩行者も検知する衝突回避支援ブレーキや、夜間での歩行者の早期発見に貢献するオートハイビームなどをパッケージ化した衝突回避支援システム「スマートアシストIII」と、前後方向の障害物を検知するコーナーセンサーを標準装備。ベーシックグレード「X」を除き、車両を真上から見たような映像をナビ画面に表示して運転を支援する「パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ」も用意される。

FF車の価格は以下の通り。4WD車も、17万2800円高で全グレードにラインナップされる。

  • X:117万7200円
  • X“S”:124万2000円
  • X“Lパッケージ・S”:134万4600円
  • X“Gパッケージ”:147万4200円
  • モーダ:153万3600円
  • モーダ“Gパッケージ”:169万5600円

(webCG)
 

関連キーワード:
パッソ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ パッソ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • 「トヨタGRシリーズ発表会」の会場から 2017.9.19 画像・写真 2017年9月19日に、トヨタが新たなスポーツコンバージョン車のブランド「GR」シリーズを発表。東京・江東区青海のMEGA WEBで行われた発表会の様子や、展示車両の姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・ポルテ1.5G(FF/CVT)/スペイド13X(FF/CVT)【試乗記】 2012.8.16 試乗記 トヨタ・ポルテ1.5G(FF/CVT)/スペイド13X(FF/CVT)
    ……225万7350円/182万9750円

    助手席側に大きなスライドドアを持つ個性派コンパクト「トヨタ・ポルテ」が、8年目にして初のフルモデルチェンジ。使いやすさを向上したという新型を兄弟車「スペイド」とともに早速試した。
  • マツダ3【開発者インタビュー】 2019.3.21 試乗記 もうすぐ日本の道を走り始める新型「マツダ3」。新世代の“スカイアクティブテクノロジー”が投入されたハッチバック/セダンは、どのような考えとプロセスでつくられたのか? 車両開発を統括する松田健二さんに聞いた。
  • トヨタGRシリーズ【開発者インタビュー】 2017.9.19 試乗記 トヨタが、モータースポーツ直系のスポーツコンバージョンモデル「GR」シリーズの展開をスタート。そこにはどんなねらいがあり、今後はどのような戦略で取り組んでいくのか? 関係者に話を聞いた。
ホームへ戻る