「トヨタ・パッソ」が大胆&おしゃれに変身

2018.10.10 自動車ニュース
「トヨタ・パッソ モーダ“Gパッケージ”」
「トヨタ・パッソ モーダ“Gパッケージ”」拡大

トヨタ自動車は2018年10月10日、マイナーチェンジしたコンパクトカー「パッソ」を発表。同日、販売を開始した。

「パッソ モーダ“Gパッケージ”」のリアビュー。


	「パッソ モーダ“Gパッケージ”」のリアビュー。
	拡大
「ドレスアップパッケージ」装着車のインテリア。
「ドレスアップパッケージ」装着車のインテリア。拡大
「パッソX“Lパッケージ・S”」
「パッソX“Lパッケージ・S”」拡大
「パッソ モーダ“Gパッケージ”」
「パッソ モーダ“Gパッケージ”」拡大

今回のマイナーチェンジでは、デザインの質感向上が図られるとともに、安全性が高められた。

「モーダ」シリーズについては、大開口のフロントグリルやL字型のフォグランプベゼルを採用することで、大胆さや上質さを強調。さらに、暖色系のボディーカラー「ブリリアントカッパークリスタルマイカ」をオプション設定した。また「モーダ“Gパッケージ”」には、15インチアルミホイールとLEDイルミネーション(フォグランプベゼル部)、合成皮革+ファブリックシート、本革巻きシフトノブをセットにした「ドレスアップパッケージ」を用意した。

「X」シリーズは、フロントグリル上部にシルバー塗装のアクセントを添えることで、シンプルかつシャープなイメージを演出した。

安全面では、歩行者も検知する衝突回避支援ブレーキや、夜間での歩行者の早期発見に貢献するオートハイビームなどをパッケージ化した衝突回避支援システム「スマートアシストIII」と、前後方向の障害物を検知するコーナーセンサーを標準装備。ベーシックグレード「X」を除き、車両を真上から見たような映像をナビ画面に表示して運転を支援する「パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ」も用意される。

FF車の価格は以下の通り。4WD車も、17万2800円高で全グレードにラインナップされる。

  • X:117万7200円
  • X“S”:124万2000円
  • X“Lパッケージ・S”:134万4600円
  • X“Gパッケージ”:147万4200円
  • モーダ:153万3600円
  • モーダ“Gパッケージ”:169万5600円

(webCG)
 

関連キーワード:
パッソ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ パッソ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ【試乗記】 2020.8.10 試乗記 WRCへの投入を念頭に、トヨタが開発した「GRヤリス」。公道デビューを間近に控えたそのカタログモデル3グレードに試乗。トヨタ久々のコンパクトスポーツは、モータースポーツ直系マシンならではの“本気度”と、操る楽しさを併せ持つ一台となっていた。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】 2020.8.5 試乗記 WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • 第186回:コロナバブル恐るべし 2020.7.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第186回は「コロナバブル恐るべし」。新型ウイルスの感染拡大が叫ばれるなか、中古車市場にはある変化が起きていた! ポルシェやフェラーリの価格は? マニアックな世界でささやかれる、驚きの現象について考察する。
  • 第185回:骨の髄までしゃぶり尽くせ 2020.7.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第185回は「骨の髄までしゃぶり尽くせ」。愛車の「BMW 320d」が故障し、次々と警告が発せられた! 手を尽くした先に判明した、意外な原因とは? オーナーを混乱させる結果となった、BMWの設計にモノ申す。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(後編)【試乗記】 2020.7.15 試乗記 2020年2月のデビュー以来ライバルとして好勝負を続ける、新型の「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」。ヤリスに続いて試乗したホンダのコンパクトカーは、過去のモデルから受け継いだ実力の高さを見せてくれた。
ホームへ戻る