「トヨタ・パッソ」が大胆&おしゃれに変身

2018.10.10 自動車ニュース
「トヨタ・パッソ モーダ“Gパッケージ”」
「トヨタ・パッソ モーダ“Gパッケージ”」拡大

トヨタ自動車は2018年10月10日、マイナーチェンジしたコンパクトカー「パッソ」を発表。同日、販売を開始した。

「パッソ モーダ“Gパッケージ”」のリアビュー。


	「パッソ モーダ“Gパッケージ”」のリアビュー。
	拡大
「ドレスアップパッケージ」装着車のインテリア。
「ドレスアップパッケージ」装着車のインテリア。拡大
「パッソX“Lパッケージ・S”」
「パッソX“Lパッケージ・S”」拡大
「パッソ モーダ“Gパッケージ”」
「パッソ モーダ“Gパッケージ”」拡大

今回のマイナーチェンジでは、デザインの質感向上が図られるとともに、安全性が高められた。

「モーダ」シリーズについては、大開口のフロントグリルやL字型のフォグランプベゼルを採用することで、大胆さや上質さを強調。さらに、暖色系のボディーカラー「ブリリアントカッパークリスタルマイカ」をオプション設定した。また「モーダ“Gパッケージ”」には、15インチアルミホイールとLEDイルミネーション(フォグランプベゼル部)、合成皮革+ファブリックシート、本革巻きシフトノブをセットにした「ドレスアップパッケージ」を用意した。

「X」シリーズは、フロントグリル上部にシルバー塗装のアクセントを添えることで、シンプルかつシャープなイメージを演出した。

安全面では、歩行者も検知する衝突回避支援ブレーキや、夜間での歩行者の早期発見に貢献するオートハイビームなどをパッケージ化した衝突回避支援システム「スマートアシストIII」と、前後方向の障害物を検知するコーナーセンサーを標準装備。ベーシックグレード「X」を除き、車両を真上から見たような映像をナビ画面に表示して運転を支援する「パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ」も用意される。

FF車の価格は以下の通り。4WD車も、17万2800円高で全グレードにラインナップされる。

  • X:117万7200円
  • X“S”:124万2000円
  • X“Lパッケージ・S”:134万4600円
  • X“Gパッケージ”:147万4200円
  • モーダ:153万3600円
  • モーダ“Gパッケージ”:169万5600円

(webCG)
 

関連キーワード:
パッソ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ パッソ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • ホンダ・シビック タイプR リミテッドエディション(FF/6MT)【試乗記】 2020.11.21 試乗記 ホームコースの鈴鹿サーキットで、ホンダがFF車最速の座を宿敵ルノーから奪還した。その立役者となったのが、「シビック タイプR」のマイナーチェンジと同時に登場した「リミテッドエディション」。聖地・鈴鹿に赴き、進化と速さの秘密を探った。
ホームへ戻る