フォルクスワーゲンが「アルテオン」に新グレードを設定

2018.10.26 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・アルテオンTSI 4MOTIONエレガンス」
「フォルクスワーゲン・アルテオンTSI 4MOTIONエレガンス」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年10月26日、「アルテオン」のモデルラインナップに新グレード「TSI 4MOTIONエレガンス」を追加設定し、販売を開始した。

 
フォルクスワーゲンが「アルテオン」に新グレードを設定の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「アルテオン」に新グレードを設定の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「アルテオン」に新グレードを設定の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「アルテオン」に新グレードを設定の画像拡大

今回追加されたアルテオンTSI 4MOTIONエレガンスは、車名が示すとおり、専用の内外装装備を装着することで、既存の「TSI 4MOTION Rライン」「TSI 4MOTION Rライン アドバンス」グレードとは異なる、エレガントさを強調した新グレードである。

エクステリアには、専用のフロントバンパーやシルバーのドアミラーを採用。ホイールカラーはシルバーとなる。

インテリアでは、インパネにウッドの装飾パネルを採用。レザーシートのカラーリングは「チタンブラック」「ミストラルグレー」「バレンシアブラウン」の3色を設定した。

このほかセットオプションとして、電動パノラマスライディングルーフと、デンマークのオーディオメーカーDynaudio(ディナウディオ)製のプレミアムサウンドシステムを組み合わせた「ラグジュアリーパッケージ」(24万8400円)を新たに設定。TSI 4MOTIONエレガンスだけでなく、TSI 4MOTION Rライン アドバンスでも装着可能となっている。

価格は599万円。

(webCG)

関連キーワード:
アルテオン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン 2.0 TSI 4MOTION(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.10.27 試乗記 フォルクスワーゲンの新たなフラッグシップモデル「アルテオン」。流麗な5ドアクーペのスタイリングをまとったニューカマーの実力を、アウトバーンを中心にドイツの一般道で試した。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
  • アウディRS 5スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.7 試乗記 伸びやかな5ドアのボディーに、パワフルな2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS 5スポーツバック」。最高出力450PS、最大トルク600N・mのアウトプットを自慢の「クワトロ」フルタイム4WDで御す、その走りを試した。
  • BMW 840iグランクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.9.28 試乗記 BMWがラインナップするLセグメントのスペシャリティーモデル「8シリーズ」に、4ドアの「グランクーペ」が登場。ポルトガルのアルガルヴェで試乗した直6モデルの「840i」は、「ぜひ日本にも」と願わずにはいられないクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る