クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フォルクスワーゲン・アルテオン シューティングブレークTSI 4MOTIONエレガンス(4WD/7AT)

見てよし 乗ってよし 2021.07.23 試乗記 フォルクスワーゲンのフラッグシップ「アルテオン」がマイナーチェンジ。注目はこの改良を機に登場したステーションワゴン「アルテオン シューティングブレーク」である。流麗なフォルムと実用性の高さをうたうニューフェイスの仕上がりやいかに。

これがフォルクスワーゲン!?

2015年のジェネーブモーターショーで、フォルクスワーゲンがコンセプトカーの「スポーツクーペコンセプトGTE」を披露したときは、正直目を疑った。といっても、生で見たわけではないが、とびきりスタイリッシュな4ドアクーペがフォルクスワーゲンブースを飾るとは夢にも思わなかったからだ。

それだけに、まさか本当にデビューするなんて考えていなかったのだが、その2年後の同じジュネーブモーターショーの会場で、コンセプトカーのデザインをほぼそのまま再現するアルテオンが登場。同年の10月に日本上陸を果たした。

実車を目の当たりにして、同じフォルクスワーゲンであるにもかかわらず、主力モデルの「ゴルフ」とはまるで印象が異なるアルテオンに強い衝撃を受けたことをいまも思い出す。それ以来、私のなかでアルテオンは、ゴルフと一二を争うくらい好きなモデルになった。

そんなアルテオンがモデルチェンジのはざまで日本での新車販売を一時休止したときには、「このまま終わってしまうのでは」と心配していたが、ヨーロッパでのマイナーチェンジから遅れること約1年、新型の販売が開始されてひと安心。さらに、ルーフ後半を伸ばすことでワゴン風のデザインに仕立て上げたシューティングブレークが新たに加わり、完全復活を遂げたのはうれしいかぎりである。

そんなアルテオンから、今回は新着のアルテオン シューティングブレークを試乗することができた。

フォルクスワーゲンのフラッグシップ「アルテオン」のマイナーチェンジを機に追加された「アルテオン シューティングブレーク」。
フォルクスワーゲンのフラッグシップ「アルテオン」のマイナーチェンジを機に追加された「アルテオン シューティングブレーク」。拡大
「アルテオン シューティングブレーク」は、2021年7月13日に日本導入が発表された。今回の試乗車は「TSI 4MOTIONエレガンス」グレードで、車両本体価格は644万6000円。
「アルテオン シューティングブレーク」は、2021年7月13日に日本導入が発表された。今回の試乗車は「TSI 4MOTIONエレガンス」グレードで、車両本体価格は644万6000円。拡大
「アルテオン シューティングブレーク」のフロントマスク。デイタイムランニングランプとつながるラジエーターグリル下部のLED照明が特徴となる。
「アルテオン シューティングブレーク」のフロントマスク。デイタイムランニングランプとつながるラジエーターグリル下部のLED照明が特徴となる。拡大
「アルテオン シューティングブレークTSI 4MOTIONエレガンス」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4870×1875×1445mm、ホイールベースは2835mm。車重は1750kgと発表されている。
「アルテオン シューティングブレークTSI 4MOTIONエレガンス」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4870×1875×1445mm、ホイールベースは2835mm。車重は1750kgと発表されている。拡大

こじつけでもいいじゃないか

「メルセデス・ベンツCLSシューティングブレーク」の登場以来、ヨーロッパ勢に設定が増えているシューティングブレーク。もともとは2ドアクーペに広い荷室を与えたボディースタイルを意味していたが、4ドアクーペをベースにして、同じ手法でステーションワゴン風に仕立て上げたものもシューティングブレークと呼んでしまおうと“こじつけ”たのが、現在の流れであるのはご存じのとおり。メルセデスの「CLAシューティングブレーク」はもちろんのこと、ポルシェの「パナメーラ スポーツツーリスモ」や「タイカン クロスツーリスモ」も現代のシューティングブレークである。

4ドアクーペやその派生モデルである4ドアのシューティングブレークは、人によって好き嫌いが分かれるところだが、私自身はそのどちらも好きなジャンル。特に最近のモデルは、スタイリッシュなデザインとしながらパッケージングも優れており、「カッコいいけど使い勝手がいまひとつ」といった批判は、必ずしもあてはまらないのだ。

このアルテオンの場合、ファストバックでも後席の足元は足が組めるだけの余裕があり、ラゲッジスペースも後席使用時で563リッターを確保している。これがシューティングブレークになると、ルーフが後方に伸ばされたおかげで、後席のヘッドルームが拡大されたのがうれしいところ。

ラゲッジスペースは後席使用時の数字こそ565リッターとあまり変わらないが、後席を収納したときの容量も1557リッターから1632リッターへと向上し、ワゴンスタイルを採用したおかげで荷物の出し入れがしやすいなど、数字以上に使いやすい仕上がりになっている。

4ドアクーペをベースにして、スタイリッシュなステーションワゴン風に仕立て上げられた「アルテオン シューティングブレーク」。ボディーサイズは4ドアクーペ「アルテオン」と同寸となる。
4ドアクーペをベースにして、スタイリッシュなステーションワゴン風に仕立て上げられた「アルテオン シューティングブレーク」。ボディーサイズは4ドアクーペ「アルテオン」と同寸となる。拡大
荷室容量は後席使用時で565リッター(VDA計測値)。キーを持った人の足の動きで作動する挟み込み防止機能・イージーオープン&クローズ機能付き「オートマチックテールゲート」が標準装備される。
荷室容量は後席使用時で565リッター(VDA計測値)。キーを持った人の足の動きで作動する挟み込み防止機能・イージーオープン&クローズ機能付き「オートマチックテールゲート」が標準装備される。拡大
後席背もたれを前方に倒せば最大で1632リッターのスペースに拡大できる(VDA計測値)。荷室と居住空間を隔てる「ラゲッジネットパーティション」も標準装備されている。
後席背もたれを前方に倒せば最大で1632リッターのスペースに拡大できる(VDA計測値)。荷室と居住空間を隔てる「ラゲッジネットパーティション」も標準装備されている。拡大
UVカット機能を有する電動サンシェード付きパノラマスライディングルーフは、「ラグジュアリーパッケージ」(29万7000円)に含まれるオプション。
UVカット機能を有する電動サンシェード付きパノラマスライディングルーフは、「ラグジュアリーパッケージ」(29万7000円)に含まれるオプション。拡大

アナログ時計はなくなったが

ブラウンとブラックのコンビネーションカラーがスタイリッシュなナッパレザーのドライバーズシートに身を委ねると、マイナーチェンジ前とはずいぶん雰囲気が違うことに気づく。

コックピットのデジタル化がこのアルテオンでも進められ、ステアリングホイールやエアコンの操作パネルなどにタッチスイッチを採用したのが新型の特徴といえるが、センタークラスターの低い位置にあるエアコンの操作パネルは、調節のためにいちいち視線を落とす必要があり、以前のダイヤル式のほうが使いやすいと思った。ダッシュボードの中央に置かれていたアナログ時計も廃止され、デジタル化が進むのを手放しで喜べない私である。

この「エレガンス」グレードでは、ダッシュボードやドア内側にナチュラルなウッドパネルが配され、さらにステッチが施された人工皮革がそれを覆う。これまで以上に上質さが感じられ、トータルでは好ましい方向に進化したように思う。

さて、肝心の走りだが、2リッター直列4気筒ターボと7段デュアルクラッチギアボックスの組み合わせになるパワートレインは、マイナーチェンジ前と基本的には変わらず、最高出力が従来の280PSから272PSにわずかにダウン。しかし、数字とは裏腹に、エンジンは以前よりも活発さを増した印象だ。

水平基調のダッシュボードは、従来型の基本デザインが踏襲されている。センター部分のアナログ時計が廃止されたほか、エアコンの吹き出し口形状やハザードスイッチの位置・形状などの変更がマイナーチェンジモデルにおける注目のポイント。
水平基調のダッシュボードは、従来型の基本デザインが踏襲されている。センター部分のアナログ時計が廃止されたほか、エアコンの吹き出し口形状やハザードスイッチの位置・形状などの変更がマイナーチェンジモデルにおける注目のポイント。拡大
エアコンの操作は、従来型のダイヤルスイッチ式からタッチ式コントロールパネルに変更された。「パサート」などに採用されているものと基本デザインは同じとなる。
エアコンの操作は、従来型のダイヤルスイッチ式からタッチ式コントロールパネルに変更された。「パサート」などに採用されているものと基本デザインは同じとなる。拡大
「アルテオン」に搭載されるパワーユニットは、最高出力272PS、最大トルク350N・mを発生する2リッター直4ターボエンジン。7段デュアルクラッチトランスミッション「DSG」が組み合わされる。
「アルテオン」に搭載されるパワーユニットは、最高出力272PS、最大トルク350N・mを発生する2リッター直4ターボエンジン。7段デュアルクラッチトランスミッション「DSG」が組み合わされる。拡大
今回の試乗車はオプションのボディーカラー「オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト」(13万2000円)をまとっていた。これを含め「アルテオン シューティングブレーク」は、全7色から外装色が選択できる。
今回の試乗車はオプションのボディーカラー「オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト」(13万2000円)をまとっていた。これを含め「アルテオン シューティングブレーク」は、全7色から外装色が選択できる。拡大

数字だけでは見えない進化

もともと低回転からトルクに余裕があった2リッターエンジンだが、新型では低中速域でアクセル操作に対するレスポンスが高まり、一般道でさらに扱いやすくなった。一方、高速道路で本線に合流するときなどは、4000rpmあたりから本来のパフォーマンスを発揮し、レブリミットまで力強い加速が続く。4WDの「4MOTION」のおかげでドライ路面はいうまでもなく、ぬれた路面でも姿勢を乱すことなく、安定した加速をみせてくれるのもなんとも頼もしい。

試乗したエレガンスグレードには245/35R20サイズのタイヤが装着され、荒れた路面ではバネ下の重さを感じることがあったが、標準装着されるアダプティブシャシーコントロール「DCC」が十分に仕事をし、乗り心地はおおむねマイルドでフラット感も十分。高速走行時の安定感も非常に高い。それでいて、実際のサイズよりもひとまわり小さく感じる軽快さも兼ね備えており、実に運転が楽しいクルマに仕上がっていた。

フォルクスワーゲンらしい実用性や堅実なつくりに加えて、他にはない華やかさを持つアルテオン シューティングブレーク。ファストバックのアルテオンとともに、ファン拡大に貢献してくれそうな一台である。

(文=生方 聡/写真=神村 聖/編集=櫻井健一)

今回の試乗車は、標準装備の20インチアルミホイールに、245/35R20サイズの「ピレリPゼロ」タイヤが組み合わされていた。
今回の試乗車は、標準装備の20インチアルミホイールに、245/35R20サイズの「ピレリPゼロ」タイヤが組み合わされていた。拡大
「エレガンス」グレードではダッシュボードやドア内側に天然ウッドパネルが組み込まれ、前後席にはヒーター機能が標準装備される。
「エレガンス」グレードではダッシュボードやドア内側に天然ウッドパネルが組み込まれ、前後席にはヒーター機能が標準装備される。拡大
今回の試乗車のインテリアは、チタンブラック&フローレンスブラウンのナッパレザーで仕立てられていた。後席の背もたれには、60:40の分割可倒機構とスキーホールが備わる。
今回の試乗車のインテリアは、チタンブラック&フローレンスブラウンのナッパレザーで仕立てられていた。後席の背もたれには、60:40の分割可倒機構とスキーホールが備わる。拡大
「アルテオン シューティングブレーク」は、全車フルタイム4WD「4MOTION」仕様。アダプティブシャシーコントロール「DCC」や電子制御ディファレンシャルロック「XDS」「プログレッシブステアリング」などで足まわりは強化されている。
「アルテオン シューティングブレーク」は、全車フルタイム4WD「4MOTION」仕様。アダプティブシャシーコントロール「DCC」や電子制御ディファレンシャルロック「XDS」「プログレッシブステアリング」などで足まわりは強化されている。拡大

テスト車のデータ

フォルクスワーゲン・アルテオン シューティングブレークTSI 4MOTIONエレガンス

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4870×1875×1445mm
ホイールベース:2835mm
車重:1750kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:272PS(200kW)/5500-6500rpm
最大トルク:350N・m(35.7kgf・m)/2000-5400rpm
タイヤ:(前)245/35R20 95Y/(後)245/35R20 95Y(ピレリPゼロ)
燃費:11.5km/リッター(WLTCモード)
価格:644万6000円/テスト車=698万5000円
オプション装備:ボディーカラー<オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト>(13万2000円)/内装<フローレンスブラウン>(3万3000円)/ラグジュアリーパッケージ(29万7000円) ※以下、販売店オプション フロアマット<プレミアムクリーン>(7万7000円)

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:687km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--/リッター

フォルクスワーゲン・アルテオン シューティングブレークTSI 4MOTIONエレガンス
フォルクスワーゲン・アルテオン シューティングブレークTSI 4MOTIONエレガンス拡大
 
フォルクスワーゲン・アルテオン シューティングブレークTSI 4MOTIONエレガンス【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フォルクスワーゲン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。