スマートBRABUSの最後を飾る限定モデルが登場

2018.11.01 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ日本は2018年11月1日、「スマートBRABUS」の最終特別仕様車「スマートBRABUSフォーツー ザ・ファイナル」と「スマートBRABUSカブリオ ザ・ファイナル」を各10台ずつ、計20台の台数限定で発売すると発表した。

今回の特別仕様車は、スマートブランドの誕生20周年限定モデル第2弾であり、同時にスマートBRABUSの最終モデルとなる。ベースモデルは「スマートBRABUSフォーツー/カブリオ エクスクルーシブ」で、これに通常では装備されないフロントバンパーやフロントスポイラー、サイドスカート、サイドアクセント等を装備。ボディーカラーには特別色となるアニバーサリーシルバーを採用し、アクセントとして随所にディープブラックを組み合わせている。

インテリアではエスプレッソブラウン色のレザーをダッシュボードやステアリングホイール、ドアパネルに採用し、さらにスマートBRABUSが日本で販売された期間を示す「2003-2018」の数字とシリアルナンバーを刻印。最終特別仕様にふさわしい装備を与えたという。

スマートBRABUSフォーツー ザ・ファイナルと同カブリオ ザ・ファイナルの主な専用装備は下記の通り。

【ボディーカラー】
アニバーサリーシルバー

【内装色】
エスプレッソブラウン(本革)

【エクステリア】

  • ドアミラー(カーボン調)
  • フロントスポイラー(ディープブラック)
  • フロントバンパー(アニバーサリーシルバー)
  • サイドアクセント(ディープブラック)
  • サイドスカート(アニバーサリーシルバー)
  • アルミホイール(ディープブラック)
  • リアディフューザー(ディープブラック)

【インテリア】

  • ダッシュボード(本革)
  • インテリアトリム(アニバーサリーシルバー)
  • ステアリングホイール(本革/グレーアクセント)
  • パドルシフト(シルバークロームマット)
  • シフトノブ(アルミ+本革)
  • パーキングブレーキハンドル(アルミ+本革)
  • シート(ダイヤモンドステッチ)
  • ドアパネル(本革)
  • フロアマット
  • ステップカバー(アルミ/カーボン調アクセント)

価格は以下の通り。

スマートBRABUSフォーツー ザ・ファイナル:409万円
スマートBRABUSカブリオ ザ・ファイナル:432万円

(webCG)

「スマートBRABUSカブリオ ザ・ファイナル」
「スマートBRABUSカブリオ ザ・ファイナル」拡大

関連キーワード:
フォーツー, フォーツーカブリオ, スマート, 自動車ニュース

スマート フォーツー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • ダイハツ・ロッキーX(FF/CVT)/トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.28 試乗記 全長4mを切るコンパクトなボディーサイズが特徴の新型SUV「ダイハツ・ロッキー」「トヨタ・ライズ」。小さな車体で大きな車内空間を実現したニューモデルは、機能的なSUVとしてはもちろん、今や希少な5ナンバーの実用車としても魅力的な一台に仕上がっていた。
  • スマートBRABUSフォーフォー エクスクルーシブ(RR/6AT)【試乗記】 2018.8.22 試乗記 よりパワフル、そしてスポーティーに仕立てられた、スマートの高性能バージョン「BRABUS」に試乗。今回のテスト車はリアシートを備えた4座の「フォーフォー」。スマートのミニマリズムに共感し、初代モデルを2台乗り継ぐ下野康史はどう評価する!?
  • フォルクスワーゲンTクロスTSI 1stプラス(FF/7AT)【試乗記】 2019.12.25 試乗記 自動車販売の最激戦区であるコンパクトSUVカテゴリーに、フォルクスワーゲンは「Tクロス」を送り込んできた。「ゴルフ」や「ポロ」と同様、同社はこのクラスにも“ベンチマーク”を打ち立てることができるのだろうか。導入記念の特別仕様車に試乗した。
  • トヨタ・カローラS(FF/CVT)【試乗記】 2019.12.5 試乗記 自慢のTNGAプラットフォームに日本専用ボディーをかぶせた新型「カローラ」は、なるほどトヨタの意欲作かもしれない。しかし、日本市場を席巻していたかつての姿を知る者にとっては、新型のキラリと光るポイントを理解しつつも、要所要所で感じる雑味が気になってしまうのだった。
ホームへ戻る