軽自動車になった「スマート」発売

2001.10.30 自動車ニュース

軽自動車になった「スマート」発売

ダイムラークライスラー日本は、2シーター・シティコミューター「スマートクーペ」の右ハンドル仕様車と、軽自動車「スマートK」を、2001年10月24日に発売した。

全幅1515mmのベーシックな「スマート」は、軽自動車規定をわずかに35mmオーバーしているため、普通乗用車登録だった。今回、リアトレッド、リアタイヤをそれぞれ10mm短縮したのに加え、リアフェンダーの幅を縮め、全幅1470mmまで“ダイエット”。晴れて軽自動車として発売された。
さらに右ハンドルとし、「日本市場のニーズに対応した」(プレスリリース)。

「K」の価格は、ベーシックな「クーペ」より3.0万円安い127.0万円。グラスルーフがスチールに、カップホルダー兼用小物入れが販売店オプションに、本革巻きステアリングホイールが革なしになるなど、装備の簡素化が図られた。
なお、「クーペ」の左ハンドル仕様は、引き続き販売される。

税金、保険が安くなり、価格も下がった「スマート」。日本でのブレイクなるか?

(webCG 有吉)

「スマート」公式サイト:
http://www.smart-j.com/

 
軽自動車になった「スマート」発売の画像

関連キーワード:
フォーツー, スマート, 自動車ニュース

スマート フォーツー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートEQフォーツー/フォーツーカブリオ/フォーフォー【海外試乗記】 2020.2.7 試乗記 シティーコミューターとして親しまれてきたスマートが、電動モビリティーの新ブランド、EQの下で電気自動車(BEV)に生まれ変わった。日本上陸を前に、2シーターの「フォーツー」と同「カブリオ」、4人乗り4ドアモデル「フォーフォー」の3台をスペインで試した。
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • ジャガーFタイプ クーペ/Fタイプ コンバーチブル【海外試乗記】 2020.2.19 試乗記 マイナーチェンジでフロントフェイスの印象が大きく変わった、ジャガーのスポーツカー「Fタイプ」。では、その走りはどうか? 欧州ポルトガルで、タイプの異なる3モデルに試乗した。
  • 「GP」モデルにインスパイアされた高性能な「MINIクラブマン」登場 2020.2.13 自動車ニュース BMWジャパンは2020年2月13日、「究極のスポーティードライビングと、高い実用性の両立」をうたう限定車「MINIジョンクーパーワークス クラブマンGPインスパイア―ドエディション」を日本に導入すると発表した。
ホームへ戻る