軽自動車になった「スマート」発売

2001.10.30 自動車ニュース

軽自動車になった「スマート」発売

ダイムラークライスラー日本は、2シーター・シティコミューター「スマートクーペ」の右ハンドル仕様車と、軽自動車「スマートK」を、2001年10月24日に発売した。

全幅1515mmのベーシックな「スマート」は、軽自動車規定をわずかに35mmオーバーしているため、普通乗用車登録だった。今回、リアトレッド、リアタイヤをそれぞれ10mm短縮したのに加え、リアフェンダーの幅を縮め、全幅1470mmまで“ダイエット”。晴れて軽自動車として発売された。
さらに右ハンドルとし、「日本市場のニーズに対応した」(プレスリリース)。

「K」の価格は、ベーシックな「クーペ」より3.0万円安い127.0万円。グラスルーフがスチールに、カップホルダー兼用小物入れが販売店オプションに、本革巻きステアリングホイールが革なしになるなど、装備の簡素化が図られた。
なお、「クーペ」の左ハンドル仕様は、引き続き販売される。

税金、保険が安くなり、価格も下がった「スマート」。日本でのブレイクなるか?

(webCG 有吉)

「スマート」公式サイト:
http://www.smart-j.com/

 
軽自動車になった「スマート」発売の画像

関連キーワード:
フォーツー, スマート, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • スマートBRABUSフォーフォー エクスクルーシブ(RR/6AT)【試乗記】 2018.8.22 試乗記 よりパワフル、そしてスポーティーに仕立てられた、スマートの高性能バージョン「BRABUS」に試乗。今回のテスト車はリアシートを備えた4座の「フォーフォー」。スマートのミニマリズムに共感し、初代モデルを2台乗り継ぐ下野康史はどう評価する!?
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • 「スマート・フォーツー/フォーフォー」ターボモデルの発表会場から 2016.8.3 画像・写真 コンパクトカー「スマート・フォーツー/フォーフォー」のターボエンジン搭載モデルが、3車種そろってデビュー。2016年8月3日から、順次販売が開始される。「Mercedes me Tokyo HANEDA」で開催された、発表会の様子を写真で紹介する。
  • メガーヌ ルノー・スポール 2019.1.17 実力検証! 新型メガーヌR.S.<PR> “最速のFF車”を目指して開発された、ルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノー・スポール」。その走りを、第一線で活躍するレーシングドライバー谷口信輝はどう評価するのか? ワインディングロードにおける印象を報告する。
ホームへ戻る