「トヨタ・ポルテ/スペイド」に上質感を高めた特別仕様車

2018.11.05 自動車ニュース
「トヨタ・ポルテF“ラフィネ”」
「トヨタ・ポルテF“ラフィネ”」拡大

トヨタ自動車は2018年11月5日、コンパクトカー「ポルテ」および「スペイド」に、特別仕様車「ポルテF“ラフィネ”」と「スペイドF“ノーブルコレクション”」をそれぞれ設定し、販売を開始した。

「ポルテF“ラフィネ”」のインテリア。
「ポルテF“ラフィネ”」のインテリア。拡大
「スペイドF“ノーブルコレクション”」
「スペイドF“ノーブルコレクション”」拡大
「スペイドF“ノーブルコレクション”」のインテリア。
「スペイドF“ノーブルコレクション”」のインテリア。拡大

今回の2タイプの特別仕様車は、いずれも「F」グレードをベースに、装備の充実によって上質感を高めたもの。特別装備の内容については、同等の仕様となっている。

エクステリアでは、ルーフに革調シボ付きのフィルムを貼ることで、外板色を2トーン化。ボディーカラーは特別設定色「ブロンズマイカメタリック」を含む全5色を設定した。

インテリアでは、本革巻きのステアリングホイールとシフトレバーノブ、合皮とファブリックを組み合わせたシートを採用。インパネなど内装の主要パーツをブラックで統一し、インサイドドアハンドルなどの各所にメッキのアクセントを加えた。

このほか、通常はオプションとなる「HIDパッケージ」と「スーパーUVカットパッケージ」を特別装備している。

価格はポルテF“ラフィネ”とスペイドF“ノーブルコレクション”ともに、FF車が197万9640円、4WD車が213万0840円。

(webCG)

関連キーワード:
ポルテ, スペイド, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ポルテ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • 「トヨタRAV4」にオフロード性能を強化した特別仕様車 2020.10.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年10月2日、「RAV4」の「アドベンチャー」グレードに特別仕様車“オフロードパッケージ”を設定し、販売を開始した。オフロードイメージを強めただけでなく、最低地上高を高めて悪路走破性を強化している。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
  • トヨタRAV4 PHV G(4WD/CVT)【試乗記】 2020.10.6 試乗記 エコはもちろん、パワフルな走りも自慢。トヨタのミドルクラスSUV「RAV4」にプラグインハイブリッドモデルの「RAV4 PHV」が登場。システム最高出力306PSを誇る高性能バージョンは、“シゲキ”より“上質さ”を感じさせるモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る