スバルが「ジャスティ/ジャスティカスタム」の安全装備を強化

2018.11.08 自動車ニュース
「スバル・ジャスティGSスマートアシスト」
「スバル・ジャスティGSスマートアシスト」拡大

スバルは2018年11月8日、トールワゴンタイプのコンパクトカー「ジャスティ/ジャスティカスタム」を一部改良し、販売を開始した。

「ジャスティカスタムRSスマートアシスト」
「ジャスティカスタムRSスマートアシスト」拡大

今回の改良では、衝突回避支援システム「スマートアシストIII」とコーナーセンサーを全車に標準装備とするなど、安全性の強化を図っている。

従来の「スマートアシストII」に替えて搭載するスマートアシストIIIは、ステレオカメラの採用によって制御対象や認識範囲が拡大。歩行者に対する緊急自動ブレーキやハイビームアシスト機能が追加された。また、フロントグリル内にソナーセンサーを2個加えることで、前方誤発進抑制制御の精度を高めている。

フロントとリアに搭載されるコーナーセンサーは、死角にある障害物を感知して、ブザー音とマルチインフォメーションディスプレイへの表示でドライバーに知らせる。

このほか、「RSスマートアシスト」が装備する15インチアルミホイールを「GSスマートアシスト」にも標準装備とした。また、ボディーカラーの設定も変更しており、単色に「ファイアークオーツレッド・メタリック」と「ブリリアントカッパークリスタル・マイカ」の2色を、2トーンカラーに「ブラック/ファイアークォーツレッド・メタリック」「ブラック/ブリリアントカッパークリスタル・マイカ」「ブラック/パールホワイトIII」の3タイプをそれぞれ追加している。

価格はジャスティが152万8200円~194万8320円。ジャスティカスタムが194万1840円~213万8400円。

(webCG)

関連キーワード:
ジャスティ, ジャスティカスタム, スバル, 自動車ニュース

スバル ジャスティ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型コンパクトハイトワゴン「スバル・ジャスティ」発売 2016.11.9 自動車ニュース スバルからハイトワゴンタイプの新型小型車「ジャスティ/ジャスティカスタム」が登場。ダイハツからOEM供給される「トール/トールカスタム」の姉妹車で、5ナンバー枠に収まるコンパクトさでありながら広々とした室内空間を確保している。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【レビュー】 2020.1.14 試乗記 すでに本国ドイツでは新型となる第8世代モデルがデビューする中、日本に上陸したのが「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」だ。最高出力290PS、最大トルク380N・mの2リッターターボユニットを積んだ、日本仕様の「GTI」では史上最強をうたう限定車の実力やいかに!?
  • スバルが新型「レヴォーグ プロトタイプ」のハイパフォーマンスバージョン「STI Sport」を発表【東京オートサロン2020】 2020.1.10 自動車ニュース スバルは2020年1月10日、千葉県の幕張メッセで開催中の「東京オートサロン2020」(会期:2020年1月10日~12日)において、新型「レヴォーグ プロトタイプ」のハイパフォーマンスバージョン「STI Sport」を世界初公開した。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
  • トヨタ・コペンGRスポーツ(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.15 試乗記 ダイハツの軽オープンスポーツ「コペン」に、よりスポーティーな「GRスポーツ」が登場。TOYOTA GAZOO Racingがチューニングを施した新モデルは、どのようなクルマに仕上がっていたのか? ダイハツとトヨタのコラボが生んだミニマムスポーツの実力を試す。
ホームへ戻る