スバルが「ジャスティ/ジャスティカスタム」の安全装備を強化

2018.11.08 自動車ニュース
「スバル・ジャスティGSスマートアシスト」
「スバル・ジャスティGSスマートアシスト」拡大

スバルは2018年11月8日、トールワゴンタイプのコンパクトカー「ジャスティ/ジャスティカスタム」を一部改良し、販売を開始した。

「ジャスティカスタムRSスマートアシスト」
「ジャスティカスタムRSスマートアシスト」拡大

今回の改良では、衝突回避支援システム「スマートアシストIII」とコーナーセンサーを全車に標準装備とするなど、安全性の強化を図っている。

従来の「スマートアシストII」に替えて搭載するスマートアシストIIIは、ステレオカメラの採用によって制御対象や認識範囲が拡大。歩行者に対する緊急自動ブレーキやハイビームアシスト機能が追加された。また、フロントグリル内にソナーセンサーを2個加えることで、前方誤発進抑制制御の精度を高めている。

フロントとリアに搭載されるコーナーセンサーは、死角にある障害物を感知して、ブザー音とマルチインフォメーションディスプレイへの表示でドライバーに知らせる。

このほか、「RSスマートアシスト」が装備する15インチアルミホイールを「GSスマートアシスト」にも標準装備とした。また、ボディーカラーの設定も変更しており、単色に「ファイアークオーツレッド・メタリック」と「ブリリアントカッパークリスタル・マイカ」の2色を、2トーンカラーに「ブラック/ファイアークォーツレッド・メタリック」「ブラック/ブリリアントカッパークリスタル・マイカ」「ブラック/パールホワイトIII」の3タイプをそれぞれ追加している。

価格はジャスティが152万8200円~194万8320円。ジャスティカスタムが194万1840円~213万8400円。

(webCG)

関連キーワード:
ジャスティ, ジャスティカスタム, スバル, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルが「ジャスティ/ジャスティカスタム」の安全装備を強化 2018.11.8 自動車ニュース スバルは2018年11月8日、トールワゴンタイプのコンパクトカー「ジャスティ/ジャスティカスタム」を一部改良し、販売を開始した。衝突回避支援システム「スマートアシストIII」とコーナーセンサーを全車に標準装備とするなど、安全性の強化を図った。
  • スズキが「ソリオ」と「ソリオ バンディット」を一部改良 2018.7.2 自動車ニュース スズキは2018年7月2日、コンパクトハイトワゴン「ソリオ」および「ソリオ バンディット」を一部改良し、同年7月20日に発売すると発表した。今回は、予防安全技術の機能強化や快適装備の拡充を図っている。
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
ホームへ戻る