スバルが「ジャスティ/ジャスティカスタム」の安全装備を強化

2018.11.08 自動車ニュース
「スバル・ジャスティGSスマートアシスト」
「スバル・ジャスティGSスマートアシスト」拡大

スバルは2018年11月8日、トールワゴンタイプのコンパクトカー「ジャスティ/ジャスティカスタム」を一部改良し、販売を開始した。

「ジャスティカスタムRSスマートアシスト」
「ジャスティカスタムRSスマートアシスト」拡大

今回の改良では、衝突回避支援システム「スマートアシストIII」とコーナーセンサーを全車に標準装備とするなど、安全性の強化を図っている。

従来の「スマートアシストII」に替えて搭載するスマートアシストIIIは、ステレオカメラの採用によって制御対象や認識範囲が拡大。歩行者に対する緊急自動ブレーキやハイビームアシスト機能が追加された。また、フロントグリル内にソナーセンサーを2個加えることで、前方誤発進抑制制御の精度を高めている。

フロントとリアに搭載されるコーナーセンサーは、死角にある障害物を感知して、ブザー音とマルチインフォメーションディスプレイへの表示でドライバーに知らせる。

このほか、「RSスマートアシスト」が装備する15インチアルミホイールを「GSスマートアシスト」にも標準装備とした。また、ボディーカラーの設定も変更しており、単色に「ファイアークオーツレッド・メタリック」と「ブリリアントカッパークリスタル・マイカ」の2色を、2トーンカラーに「ブラック/ファイアークォーツレッド・メタリック」「ブラック/ブリリアントカッパークリスタル・マイカ」「ブラック/パールホワイトIII」の3タイプをそれぞれ追加している。

価格はジャスティが152万8200円~194万8320円。ジャスティカスタムが194万1840円~213万8400円。

(webCG)

関連キーワード:
ジャスティ, ジャスティカスタム, スバル, 自動車ニュース

スバル ジャスティ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルが「ジャスティ」を一部改良 運転支援/予防安全機能を大幅に強化 2020.9.25 自動車ニュース スバルがハイトワゴン型のコンパクトカー「ジャスティ」に一部改良を実施。内容は姉妹モデル「ダイハツ・トール」のマイナーチェンジに準じたもので、運転支援/予防安全システム「スマートアシスト」の機能を高めるとともに、全車標準装備とした。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.14 試乗記 「スバル・インプレッサスポーツ」に新たな最上級グレードとなる「STI Sport」が追加された。車名とグレード名の双方に“スポーツ”と付くマニア待望のSTIチューニングモデルは、一体どんな走りをみせてくれるのだろうか。
  • ハーレーダビッドソン・ストリートボブ114(6MT)【レビュー】 2021.6.4 試乗記 シンプルで伸びやかな“チョッパースタイル”を特徴とする、ハーレーのクルーザー「ストリートボブ」。従来型を上回る1868ccの特大エンジンが搭載された、最新2021年モデルの走りやいかに?
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
  • ロータス・エリーゼ スポーツ220 II(MR/6MT)【試乗記】 2021.5.28 試乗記 小型で軽量、そしてシンプルというロータス伝統の理念を究めた「エリーゼ」が、四半世紀の歴史の幕を閉じる。最後のスタンダード仕様ともいうべき「スポーツ220 II」に試乗し、エリーゼがこれまで歩んできた孤高のストーリーに思いをはせた。
ホームへ戻る