「ルノー・メガーヌ スポーツツアラー」に1周年記念の限定車登場

2018.11.29 自動車ニュース
ルノー・メガーヌ スポーツツアラー アニヴェルセル
ルノー・メガーヌ スポーツツアラー アニヴェルセル拡大

ルノー・ジャポンは2018年11月29日、ステーションワゴン「ルノー・メガーヌ スポーツツアラー アニヴェルセル」を、30台の台数限定で発売した。

 
「ルノー・メガーヌ スポーツツアラー」に1周年記念の限定車登場の画像拡大
 
「ルノー・メガーヌ スポーツツアラー」に1周年記念の限定車登場の画像拡大
 
「ルノー・メガーヌ スポーツツアラー」に1周年記念の限定車登場の画像拡大
 
「ルノー・メガーヌ スポーツツアラー」に1周年記念の限定車登場の画像拡大

今回のメガーヌ スポーツツアラー アニヴェルセルは、「メガーヌ スポーツツアラー」の日本導入1周年を記念したモデルである。カタログモデルとして販売されている「GT」が1.6リッター直4ターボエンジンを搭載するのに対し、アニヴェルセルは最高出力132ps、最大トルク205Nmの1.2リッター直4ターボエンジンを搭載している。

エクステリアには、クロームモールやガーニッシュ、新デザインの18インチアロイホイールを採用。一方インテリアには、シルバーのトリムやベロア生地とレザー調素材のコンフォートシート、ナパレザーのステアリングが備わる。

また、ドライブモードには、GTと共通の「ニュートラル」「コンフォート」「スポーツ」「パーソナル」に加えて、新たに「エコ」を設定。エコモードを選択した場合には、アクセルオフ時のエンジンブレーキの利きを抑制して走行距離を延ばし、燃料消費を抑制する「フリーホイール機能」を利用できる。

ボディーカラーは新色「ブルーベルリンメタリック」のみの設定で、価格は312万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
メガーヌ スポーツツアラー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.19 試乗記 新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「スポーツツアラーGT」。205ps&280Nmの高出力ターボエンジンと、四輪操舵システム、そしてハッチバックよりちょっと長めのボディーとホイールベースが織り成す走りをリポートする。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記 40mm長いホイールベースを持つ新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「メガーヌ スポーツツアラー」。ロングドライブの機会が多いモデルだからこそ浴することのできる、4輪操舵の恩恵とは? ハッチバックとは一味違う、その走りをリポートする。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記 ルノーのCセグメントハッチバック「メガーヌ」がモデルチェンジ。その第1弾として、標準モデルとともに日本に導入されたのが、高性能版の「GT」だ。箱根のワインディングロードで、ルノー・スポールが手がけたこだわりのハンドリングを満喫した。
  • ホンダ・シビック タイプR リミテッドエディション(FF/6MT)【試乗記】 2020.11.21 試乗記 ホームコースの鈴鹿サーキットで、ホンダがFF車最速の座を宿敵ルノーから奪還した。その立役者となったのが、「シビック タイプR」のマイナーチェンジと同時に登場した「リミテッドエディション」。聖地・鈴鹿に赴き、進化と速さの秘密を探った。
ホームへ戻る