【東京オートサロン2019】ホンダアクセスは「S660ネオクラシック」をさらにカスタマイズ

2018.12.18 自動車ニュース
ホンダアクセスブースのイメージ。
ホンダアクセスブースのイメージ。拡大

ホンダアクセスは2018年12月18日、カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2019」(開催期間:2019年1月11日~13日)への出展概要を発表した。

ウェルコンセプト
ウェルコンセプト拡大
モデューロ ネオクラシック レーサー
モデューロ ネオクラシック レーサー拡大
モデューロ ネオクラシック レーサー
モデューロ ネオクラシック レーサー拡大
シビック バーサタイリスト
シビック バーサタイリスト拡大
トリップバン
トリップバン拡大
フィット エレガントカラーコレクション
フィット エレガントカラーコレクション拡大

2019年のホンダアクセスブースのコンセプトは「楽しみ上手な家族の家」。“Hondaのある生活”をそれぞれ表現した5台のコンセプトモデルを展示する。

展示車両の概要は以下の通り。

「Well Concept(ウェルコンセプト)」
ホンダアクセスの従業員活動「N Lab.」で製作された“これからのファミリーカー”をテーマにしたコンセプトモデル。外装も内装も“強い、かっこいい”ではなく“優しい、楽しい”ファミリーカー。クルマと一緒にどこかへ行きたくなる、家族の一員のように。We will go……。(ベース車両:「ステップワゴン」)

「Modulo Neo Classic Racer(モデューロ ネオクラシック レーサー)」
東京オートサロン東京国際カスタムカーコンテスト2016で最優秀賞を獲得し、2018年8月にキットとして発売した「S660ネオクラシック」をベースに、モデューロの実行空力を備えたエアロパーツを装着したコンセプトモデル。ネオクラシックのスポーティーな一面と、モデューロの上質な走りを融合させている。(ベース車両:「S660」)

「CIVIC VERSATILIST(シビック バーサタイリスト)」
大人のアクティブライフのために、都会から自然の中まで幅広いシーンに似合うシビックを目指したモデル。シビックの低全高スタイルを生かしながらSUVらしさを加え、シックでありながら個性的なネクストアクティブビークルを提案する。(ベース車両:「シビック ハッチバック」)

「TRIP VAN(トリップバン)」
サーフィンが趣味で最近ビーチクリーン活動も始めた大学生が、日本中をサーフトリップ! というシチュエーションを設定し、内外装をカスタマイズした「N-VAN」。機能的かつシンプルなツールとして、細部にもさまざまなアイデアを盛り込んでいる。(ベース車両:「N-VAN +STYLE FUNターボ 4WD」

「FIT Elegant Color Collection(フィット エレガントカラーコレクション)」
“女性にとってクルマは第2の自分の部屋”をテーマとした女性向けコーディネート。シックできれいめな色合いにルージュの差し色をアクセントとし、“きちんと感”と“大人のかわいらしさ”を追求することで、落ち着いた大人の女性におすすめのカスタマイズを提案する。(ベース車両:「フィット モデューロスタイル13G」)

このほか、S660ネオクラシックと東京オートサロン2017に出展したコンセプトモデル「T880」の同乗試乗会も予定されている。

(webCG)

関連キーワード:
東京オートサロン2019, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事