マツダ、軽乗用車「キャロル」の安全装備を強化

2018.12.20 自動車ニュース
マツダは「キャロル」の安全装備を強化する一部改良を行った。
マツダは「キャロル」の安全装備を強化する一部改良を行った。拡大

マツダは2018年12月20日、軽乗用車「キャロル」に一部改良を実施し、同日に販売を開始した。

「マツダ・キャロルGS」のリアビュー。
「マツダ・キャロルGS」のリアビュー。拡大
「マツダ・キャロルGS」のインテリア。パネルカラーや一部意匠を変更している。
「マツダ・キャロルGS」のインテリア。パネルカラーや一部意匠を変更している。拡大
「マツダ・キャロルGS」のシート。表皮のカラーを変更している。
「マツダ・キャロルGS」のシート。表皮のカラーを変更している。拡大

今回の一部改良は、MT車である「GF」を除く全車において、従来の「衝突被害軽減ブレーキ」に昼間の歩行者検知機能を追加した「デュアルセンサーブレーキサポート」や「後退時ブレーキサポート」「後退時誤発進抑制機能」「車線逸脱警報機能」のほか、夜間時の「ハイビームアシスト機能」「リアパーキングセンサー」を追加採用している。

GFグレードには「GL」「GS」「GX」と同様に、約55km/h以上の速度で走行中に急ブレーキを検知すると、ハザードランプが自動で高速点滅し後続車に注意を促す「エマージェンシーストップシグナル」を新たに装備している。

さらに全車で、インテリアのパネルカラーとシート表皮カラー、その他一部意匠を変更しているほか、GS、GXグレードには周囲の明るさを感知して自動点灯するオートライトシステム機能を持つディスチャージヘッドランプを採用している。

GL、GS、GXの3グレードは、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に該当するという。

グレードラインナップと価格は以下の通り。

  • GF(FF/5MT):84万7800円
  • GL(FF/CVT):95万3640円
  • GL(4WD/CVT):105万9480円
  • GS(FF/CVT):110万4840円
  • GS(4WD/CVT):120万5280円
  • GX(FF/CVT):121万5000円

(webCG)

関連キーワード:
キャロル, マツダ, 自動車ニュース

マツダ キャロル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダからSUVスタイルの軽トールワゴン登場 2018.12.26 自動車ニュース マツダの軽トールワゴン「フレアワゴン」にSUVライクな意匠が特徴の新モデル「タフスタイル」が登場。「スズキ・スペーシア ギア」の姉妹モデルにあたり、専用デザインの内外装に加えて、はっ水加工のシート表皮や防汚仕様のラゲッジスペースも特徴となっている。
  • 「マツダAZ-ワゴン」に上質装備の特別仕様車 2011.12.21 自動車ニュース マツダは2011年12月21日、軽乗用車「AZ-ワゴン」に、特別仕様車「XSリミテッド」と「カスタムスタイルXSリミテッド」を設定し、販売を開始した。
  • 2019ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:NISMO/無限編)【試乗記】 2019.10.2 試乗記 普段、サーキットなどでしのぎを削る国内メーカーの4つの“ワークス”が、一堂に会して開催する「ワークスチューニンググループ合同試乗会」。今回はNISMOが手がけた「日産GT-R」と、無限のパーツを装着した「ホンダ・シビック タイプR」を試す。
  • これは現代の「ファミリア」か!?
    「CX-30」に見るマツダのねらいとは?
    2019.9.27 デイリーコラム マツダが新たなクロスオーバー「CX-30」の国内販売をスタートした。既存モデルとのすみ分けが微妙に思えるこのニューモデル。同社はどんなねらいで、何を目指して開発したのだろうか? その存在意義を、筆者はこう見る。
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る