日産が放つ“第四の軽”、その正体は……?

2007.01.23 自動車ニュース

日産が放つ“第四の軽”、その正体は……?

日産自動車は、新型軽自動車「PINO(ピノ)」を、2007年1月22日に発売した。

「日産ピノ」は、スズキからOEM供給されるニューモデル。その正体は、いうまでもなく「アルト」だ。

日産は、これまでもOEMで軽自動車を扱っており、今回の「ピノ」は、「モコ(=スズキMRワゴン)」「クリッパー(=三菱ミニキャブ)」「オッティ(=三菱eKワゴン)」に次ぐ4番目。
名前の由来は「ピノキオのように、長く愛され一緒に成長していける友達」という思いからで、同社では、コンパクトカーラインナップにおける“末っ子”と位置づける。

ボディカラーは、「ライムグリーン」「スノーパールホワイト」など全9色。
アルトは「マツダ・キャロル」としてもOEM提供されており、それらスズキ、マツダの“兄弟”とは、エンブレム、グリル、ホイールに、サイコロの模様をあしらったシート表皮などが識別点となる。
価格は86万1000円(FF/5MT)から115万1850円(4WD/4AT)までで、販売目標台数は月2500台とされる。

ソニープラザとのコラボレーションにより、オンラインショップ「Pinoshop.jp」もオープン。インターネットを通じて、オリジナルシートカバーなど「ピノ」を飾るグッズを購入することができる。

(webCG 関)

日産が放つ“第四の軽”、その正体は……?の画像
「ピノショップオリジナルシートクロス」。1万2600円。
「ピノショップオリジナルシートクロス」。1万2600円。
これら「ピノ」を飾るグッズは、「Pinoshop.jp」で購入できる。
これら「ピノ」を飾るグッズは、「Pinoshop.jp」で購入できる。

関連キーワード:
キャロル, アルト, マツダ, スズキ, ピノ, 自動車ニュース

マツダ キャロル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダからSUVスタイルの軽トールワゴン登場 2018.12.26 自動車ニュース マツダの軽トールワゴン「フレアワゴン」にSUVライクな意匠が特徴の新モデル「タフスタイル」が登場。「スズキ・スペーシア ギア」の姉妹モデルにあたり、専用デザインの内外装に加えて、はっ水加工のシート表皮や防汚仕様のラゲッジスペースも特徴となっている。
  • スズキ・スペーシア ギア ハイブリッドXZターボ(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.29 試乗記 これはハイトワゴンなのか!? SUVなのか!? それとも……!? スズキのニューフェイス「スペーシア ギア」は、過去にない新しいジャンルの軽乗用車だ。そのポテンシャルを探るべく、あちらへこちらへ連れ出してみた。
  • 「ホンダN-BOX」追撃の切り札となるか?
    「スズキ・スペーシア ギア」の可能性を占う
    2019.1.14 デイリーコラム 発表と同時に、既存のモデルとは一味違うデザインで話題をさらった「スズキ・スペーシア ギア」。クロスオーバースタイルという、ありそうでなかった軽トールワゴンはスズキの切り札となるか? 過去のモデルとの比較を通し、その可能性について考えた。
  • スズキ・スペーシア ギア 2018.12.20 画像・写真 スズキからアクティブ仕立ての軽トールワゴン「スペーシア ギア」登場。「スペーシア」とはデザインが異なるだけでなく、荷室を防汚仕様とするなど、レジャーシーンで役立つ工夫も凝らされている。既存の軽乗用車とは一味違う新型車の詳細を、写真で紹介する。
  • マツダ、軽乗用車「キャロル」の安全装備を強化 2018.12.20 自動車ニュース マツダは2018年12月20日、軽乗用車「キャロル」に一部改良を実施し、販売を開始した。昼間の歩行者検知機能を追加した衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」などの先進安全装備を上位モデルに採用している。
ホームへ戻る