日産が放つ“第四の軽”、その正体は……?

2007.01.23 自動車ニュース

日産が放つ“第四の軽”、その正体は……?

日産自動車は、新型軽自動車「PINO(ピノ)」を、2007年1月22日に発売した。

「日産ピノ」は、スズキからOEM供給されるニューモデル。その正体は、いうまでもなく「アルト」だ。

日産は、これまでもOEMで軽自動車を扱っており、今回の「ピノ」は、「モコ(=スズキMRワゴン)」「クリッパー(=三菱ミニキャブ)」「オッティ(=三菱eKワゴン)」に次ぐ4番目。
名前の由来は「ピノキオのように、長く愛され一緒に成長していける友達」という思いからで、同社では、コンパクトカーラインナップにおける“末っ子”と位置づける。

ボディカラーは、「ライムグリーン」「スノーパールホワイト」など全9色。
アルトは「マツダ・キャロル」としてもOEM提供されており、それらスズキ、マツダの“兄弟”とは、エンブレム、グリル、ホイールに、サイコロの模様をあしらったシート表皮などが識別点となる。
価格は86万1000円(FF/5MT)から115万1850円(4WD/4AT)までで、販売目標台数は月2500台とされる。

ソニープラザとのコラボレーションにより、オンラインショップ「Pinoshop.jp」もオープン。インターネットを通じて、オリジナルシートカバーなど「ピノ」を飾るグッズを購入することができる。

(webCG 関)

日産が放つ“第四の軽”、その正体は……?の画像
「ピノショップオリジナルシートクロス」。1万2600円。
「ピノショップオリジナルシートクロス」。1万2600円。
これら「ピノ」を飾るグッズは、「Pinoshop.jp」で購入できる。
これら「ピノ」を飾るグッズは、「Pinoshop.jp」で購入できる。

関連キーワード:
キャロル, アルト, マツダ, スズキ, ピノ, 自動車ニュース

マツダ キャロル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダからSUVスタイルの軽トールワゴン登場 2018.12.26 自動車ニュース マツダの軽トールワゴン「フレアワゴン」にSUVライクな意匠が特徴の新モデル「タフスタイル」が登場。「スズキ・スペーシア ギア」の姉妹モデルにあたり、専用デザインの内外装に加えて、はっ水加工のシート表皮や防汚仕様のラゲッジスペースも特徴となっている。
  • マツダが新型「フレアクロスオーバー」を発表 姉妹車「スズキ・ハスラー」と同様にさまざまな領域を強化 2020.1.29 自動車ニュース マツダは2020年1月29日、軽乗用車「フレアクロスオーバー」を全面改良し、同年2月27日に発売すると発表した。姉妹モデル「スズキ・ハスラー」と同様に、充実した運転支援システムも新型モデルのセリングポイントとなる。
  • メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」を日本導入 手ごろなサイズの3列7人乗りモデル 2020.6.25 自動車ニュース メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」の日本導入を発表。取り回しのしやすいボディーサイズでありながら、高効率なパッケージにより3列7人乗りを実現している。グレードは「200d」と「250 4MATICスポーツ」の2種類。納車開始は2020年7月ごろを予定している。
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATIC/GLB200d 4MATIC【海外試乗記】 2019.12.10 試乗記 メルセデス・ベンツの新型SUV「GLB」は、「GLA」と「GLC」の間に位置づけられるモデル。都会派といわれるGLAやGLCに対してこちらはオフロード志向を強めたエクステリアが目を引くが、その出来栄えは? 日本導入が見込まれるガソリン/ディーゼル車に試乗し、実力を確かめた。
  • スズキ・スペーシア ギア 2018.12.20 画像・写真 スズキからアクティブ仕立ての軽トールワゴン「スペーシア ギア」登場。「スペーシア」とはデザインが異なるだけでなく、荷室を防汚仕様とするなど、レジャーシーンで役立つ工夫も凝らされている。既存の軽乗用車とは一味違う新型車の詳細を、写真で紹介する。
ホームへ戻る