「ジープ・グランドチェロキー」に特別な“S”を冠した限定車

2018.12.21 自動車ニュース
ジープ・グランドチェロキーSモデル
ジープ・グランドチェロキーSモデル拡大

FCAジャパンは2018年12月20日、ジープブランドのフラッグシップモデル「グランドチェロキー」に特別仕様車「Sモデル」を設定し、2019年1月12日に120台の台数限定で発売すると発表した。

 
「ジープ・グランドチェロキー」に特別な“S”を冠した限定車の画像拡大
 
「ジープ・グランドチェロキー」に特別な“S”を冠した限定車の画像拡大
 
「ジープ・グランドチェロキー」に特別な“S”を冠した限定車の画像拡大
 
「ジープ・グランドチェロキー」に特別な“S”を冠した限定車の画像拡大

Sモデルの“S”は、グランドチェロキーシリーズの上級グレード「Summit(サミット)」と「SRT8」の頭文字を取ったもの。両グレードの特徴的なデザイン要素を採り入れるとともに、装備の充実を図った特別仕様車となっている、

フロントマスクにはサミット譲りとなる、3分割タイプのロワグリルとアクセント付きのフォグライトベゼルを備えたボディー同色のバンパーを採用。さらに、ブランドバッジをはじめとした、グラナイトクリスタルカラーのエクステリアパーツや、SRT8と同デザインのブラックルーフレールなどを装備する。

Sモデルは本国で「リミテッド」と「サミット」の中間に位置付けられている「Overland(オーバーランド)」がベース。20インチアルミホイールやナッパレザーとスエードを組み合わせたシート、レザー仕立てのインストゥルメントパネル&ドアパネル、レザーセンターアームレスト、ブラックウッドのインテリアアクセントなどが備わるほか、デュアルペインパノラミックサンルーフも特別に装備する。

ボディーカラーは「ダイアモンドクリスタルP/C」(限定70台)と「ブライトホワイトC/C」(同40台)に、通常はSRT8専用色となっている「ヴェルヴェットレッドP/C」(同10台)を加えた、全3色展開となる。

価格は620万円。

(webCG)

関連キーワード:
グランドチェロキー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ グランドチェロキー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.6 試乗記 実に11年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた「ジープ・ラングラー」。エンジンのダウンサイジング化やATの多段化などによって洗練されたのはいいものの、果たして人々が求める“ジープらしさ”は残っているのだろうか。4ドア・2リッターの「アンリミテッド スポーツ」に試乗した。
  • レクサスLC500/LS500h/RX450h/RX450hL【試乗記】 2019.10.30 試乗記 レクサスのラグジュアリークーペ「LC」と、フラッグシップセダン「LS」、そしてブランド最多のセールスを誇る「RX」。重責を担う3モデルの最新型は、どのようにリファインされたのか? マイナーチェンジのポイントと走りの印象を報告する。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る