【東京オートサロン2019】グッドイヤーがSUV向けハイパフォーマンスタイヤを発表

2019.01.11 自動車ニュース
グッドイヤー・イーグルF1アシメトリック3 SUV
グッドイヤー・イーグルF1アシメトリック3 SUV拡大

日本グッドイヤーは2019年1月11日、カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2019」の会場において、ラグジュアリーSUV向けとなる新タイヤ「イーグルF1アシメトリック3 SUV」を発表した。同年2月1日に発売する。

日本グッドイヤーブースに展示された、2019年のNASCAR Xfinity(エックスフィニティー)シリーズに参戦予定の「トヨタ・スープラ」。カラーリングはグッドイヤーのオリジナル仕様に仕立てられている。
日本グッドイヤーブースに展示された、2019年のNASCAR Xfinity(エックスフィニティー)シリーズに参戦予定の「トヨタ・スープラ」。カラーリングはグッドイヤーのオリジナル仕様に仕立てられている。拡大
日本グッドイヤーの金原雄次郎社長は、同社が2018年も堅調な伸びを見せたことを説明した。
日本グッドイヤーの金原雄次郎社長は、同社が2018年も堅調な伸びを見せたことを説明した。拡大

今回のイーグルF1アシメトリック3 SUVは、イーグルシリーズのフラッグシップタイヤである「イーグルF1アシメトリック3」をラグジュアリーSUV向けに最適化したハイパフォーマンスタイヤである。

路面との接地面積拡大や粘性コンパウンドの採用により、ドライ/ウエットを問わず、優れたハンドリング性能とブレーキング性能を発揮するという。また、内部構造の強化と軽量化がもたらす、高速走行時の安定性とハンドリング性能の高さもセリングポイントだ。国内のラベリング制度においては、全サイズでウエット性能「a」、低燃費性能「A」を獲得している。

ラインナップは255/45R19から275/35R22までの全9サイズで、価格はオープン。

プレスカンファレンスでは日本グッドイヤーの金原雄次郎社長が登壇。イーグルF1アシメトリック3 SUVの概要を説明するとともに、国内市場における同社の好調ぶりを語った。

(webCG)

関連キーワード:
東京オートサロン2019, グッドイヤー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事