【東京オートサロン2019】三菱ブースの主役は「デリカD:5」

2019.01.11 自動車ニュース
三菱デリカD:5アーバンギア
三菱デリカD:5アーバンギア拡大

三菱自動車は2019年1月11日、カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2019」において、改良型「デリカD:5」や、「エクリプス クロス」のカスタマイズカーなどを展示した。

デリカD:5
デリカD:5拡大
デリカD:5(オプション装着車)
デリカD:5(オプション装着車)拡大
三菱ブースの様子。
三菱ブースの様子。拡大

三菱のステージに並んだのは3タイプの改良型デリカD:5。すでに2018年11月に注文受け付けが開始されている同車だが、一般公開されるのはこの場が初めてとなった。

ステージに立った三菱の深澤 潔執行役員は、車両の概要に加えて、デリカシリーズが2018年に誕生50周年を迎えたことなどを説明。具体的な数字は明かさなかったものの、改良型デリカD:5の受注が好調であることも加えた。

このほか三菱ブースには、エクリプス クロスと「アウトランダーPHEV」の最新モデルと、両車のカスタマイズモデルがそれぞれ展示されている。

(webCG)

関連キーワード:
デリカD:5, エクリプス クロス, アウトランダーPHEV, 三菱, 自動車ニュース

三菱 デリカD:5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.20 試乗記 大きく変わったフロントマスクが話題の「三菱デリカD:5」だが、パワートレインをはじめとした中身の洗練ぶりもかなりのものだ。「デリカじゃなきゃダメ」というこだわりのユーザーを生み出す、孤高のミニバンの進化のほどを探った。
  • 第31回:三菱デリカD:5(前編) 2019.4.24 カーデザイナー明照寺彰の直言 箱型オフローダーからオラオラ系のミニバンに変身!? そのデザインが物議を醸しつつも、なんだかんだいって販売好調な「三菱デリカD:5」。劇的に変化したフロントマスクを、現役の自動車デザイナー明照寺彰はどう評価するのか?
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)/デリカD:5アーバンギア(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.30 試乗記 高い悪路走破性能を身上とする三菱のユニークなミニバン「デリカD:5」がマイナーチェンジ。“コワモテ”のフロントマスクばかりが話題を集めているが、実際に乗ってみると、パワートレインにもシャシーにもはっきり進化の感じられる、充実した改良となっていた。
  • 第553回:「デリカD:5」の走破性恐るべし!
    三菱自動車の雪上試乗会に参加して
    2019.2.21 エディターから一言 毎年恒例となっている三菱自動車の雪上試乗会。2019年の目玉は、なんといっても大幅改良を受けた「デリカD:5」だ。曲がりくねったモーグルコースという、“ミニバン”には過酷な状況を走ってのインプレッションをお届けする。
  • 第540回:「デリカD:5」の過剰な走行性能が復活の兆し!?
    三菱の未来がかかる新たな研究開発設備を見学
    2018.12.11 エディターから一言 愛知県岡崎市にある、三菱自動車の開発・生産拠点。総面積100万平方メートルにもおよぶこの“地域”に2018年秋、新たなオフィスビルと環境試験棟の2棟が完成した。三菱の将来を託されたこれらの施設が報道陣向けにお披露目されたので、その様子をリポートする。
ホームへ戻る