【東京オートサロン2019】三菱ブースの主役は「デリカD:5」

2019.01.11 自動車ニュース
三菱デリカD:5アーバンギア
三菱デリカD:5アーバンギア拡大

三菱自動車は2019年1月11日、カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2019」において、改良型「デリカD:5」や、「エクリプス クロス」のカスタマイズカーなどを展示した。

デリカD:5
デリカD:5拡大
デリカD:5(オプション装着車)
デリカD:5(オプション装着車)拡大
三菱ブースの様子。
三菱ブースの様子。拡大

三菱のステージに並んだのは3タイプの改良型デリカD:5。すでに2018年11月に注文受け付けが開始されている同車だが、一般公開されるのはこの場が初めてとなった。

ステージに立った三菱の深澤 潔執行役員は、車両の概要に加えて、デリカシリーズが2018年に誕生50周年を迎えたことなどを説明。具体的な数字は明かさなかったものの、改良型デリカD:5の受注が好調であることも加えた。

このほか三菱ブースには、エクリプス クロスと「アウトランダーPHEV」の最新モデルと、両車のカスタマイズモデルがそれぞれ展示されている。

(webCG)

関連キーワード:
デリカD:5, エクリプス クロス, アウトランダーPHEV, 三菱, 自動車ニュース

三菱 デリカD:5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る