光岡「ビュート」「ビュートなでしこ」をマイナーチェンジ

2019.01.17 自動車ニュース
ミツオカ・ビュート
ミツオカ・ビュート拡大

光岡自動車は2019年1月17日、コンパクトモデル「ビュート」「ビュートなでしこ」をマイナーチェンジし、同年1月20日に発売すると発表した。

「ミツオカ・ビュート」のリアビュー。ボディーカラーのバリエーションが全38色から43色に拡大した。
「ミツオカ・ビュート」のリアビュー。ボディーカラーのバリエーションが全38色から43色に拡大した。拡大
「ミツオカ・ビュート」のインテリア。全6色から選択可能な「カラードドアトリム」を新設定した。
「ミツオカ・ビュート」のインテリア。全6色から選択可能な「カラードドアトリム」を新設定した。拡大
「ミツオカ・ビュート」のシート。レザーカラーは3色から選べるようになった。
「ミツオカ・ビュート」のシート。レザーカラーは3色から選べるようになった。拡大
ミツオカ・ビュートなでしこ
ミツオカ・ビュートなでしこ拡大

ビュートおよびビュートなでしこは、「日産マーチ」をベースに、光岡が内外装に独自のカスタマイズを施したモデルで、ビュートが4ドアセダン、ビュートなでしこが5ドアハッチバック車のスタイリングを採用している。今回のマイナーチェンジでは、人気の高かったボディーカラーを標準化するとともに、インテリアのメーカーオプション設定を見直している。

ビュートのボディーカラーを全43色に拡大

ビュートでは、ボディーカラーを「標準6色+オプションカラー28色」から「標準15色+オプションカラー28色」へ拡大し、インテリアのメーカーオプションに「カラードドアトリム」(全6色から選択可能)を新設定した。メーカーオプションのレザーカラーに、これまでの「アイボリー」「ダークレッド」に加え「ココア」を新色として設定。メーカーオプション「クラシックインパネ」のパネルカラーを1色から7色へ拡大した。これらを含むメーカーオプションの価格は改定されているが、車両価格は従来通りとしている。

ラインナップと価格は下記の通り。

  • 12ST:241万9200円
  • 12STプレミアム:253万8000円
  • 12DX:272万7000円
  • 12LX:300万7800円
  • 12DX 4WD:288万3600円
  • 12LX 4WD:314万8200円

内装色の選択肢が増えたビュートなでしこ

一方ビュートなでしこについては、インテリアのメーカーオプションに「カラードドアトリム」(6色から選択可能)を新設定し、メーカーオプションのレザーカラーに、これまでの「アイボリー」「ダークレッド」に加え「ココア」を追加。メーカーオプション「クラシックインパネ」のパネルカラーを1色から7色へと拡大している。ビュート同様にメーカーオプションの価格は改定されているが、車両価格は従来通りとなっている。

ビュートなでしこはモノグレードで、価格は181万4400円。

(webCG)

関連キーワード:
ビュート, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ ビュート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(7人乗り)(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.19 試乗記 取り回しのしやすさと利便性の高さで人気を博す、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」がマイナーチェンジ。新デザインとなった改良モデルは、従来型からどのような進化を遂げたのか? ベーシックな1.5リッターのガソリン車に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • 光岡「ビュート」「ビュートなでしこ」をマイナーチェンジ 2019.1.17 自動車ニュース 光岡自動車は2019年1月17日、コンパクトモデル「ビュート」「ビュートなでしこ」をマイナーチェンジし、同年1月20日に発売すると発表した。今回のマイナーチェンジでは、人気の高かった外装色の標準化や、内装のメーカーオプション設定を見直している。
  • ミツオカ・ビュート 2012.5.25 画像・写真 2012年5月24日に発売された新型「ミツオカ・ビュート」の姿を、写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル2.0 Rライン マイスター(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.15 試乗記 フォルクスワーゲンのスペシャルティーモデル「ザ・ビートル」の販売終了とともに、「タイプI」に始まった80年にもおよぶ「ビートル」の歴史が幕を閉じる。最後の特別仕様車「2.0 Rライン マイスター」に乗り“20世紀のアイコン”たる存在をあらためて考えた。
ホームへ戻る