光岡「ビュート」「ビュートなでしこ」をマイナーチェンジ

2019.01.17 自動車ニュース
ミツオカ・ビュート
ミツオカ・ビュート拡大

光岡自動車は2019年1月17日、コンパクトモデル「ビュート」「ビュートなでしこ」をマイナーチェンジし、同年1月20日に発売すると発表した。

「ミツオカ・ビュート」のリアビュー。ボディーカラーのバリエーションが全38色から43色に拡大した。
「ミツオカ・ビュート」のリアビュー。ボディーカラーのバリエーションが全38色から43色に拡大した。拡大
「ミツオカ・ビュート」のインテリア。全6色から選択可能な「カラードドアトリム」を新設定した。
「ミツオカ・ビュート」のインテリア。全6色から選択可能な「カラードドアトリム」を新設定した。拡大
「ミツオカ・ビュート」のシート。レザーカラーは3色から選べるようになった。
「ミツオカ・ビュート」のシート。レザーカラーは3色から選べるようになった。拡大
ミツオカ・ビュートなでしこ
ミツオカ・ビュートなでしこ拡大

ビュートおよびビュートなでしこは、「日産マーチ」をベースに、光岡が内外装に独自のカスタマイズを施したモデルで、ビュートが4ドアセダン、ビュートなでしこが5ドアハッチバック車のスタイリングを採用している。今回のマイナーチェンジでは、人気の高かったボディーカラーを標準化するとともに、インテリアのメーカーオプション設定を見直している。

ビュートのボディーカラーを全43色に拡大

ビュートでは、ボディーカラーを「標準6色+オプションカラー28色」から「標準15色+オプションカラー28色」へ拡大し、インテリアのメーカーオプションに「カラードドアトリム」(全6色から選択可能)を新設定した。メーカーオプションのレザーカラーに、これまでの「アイボリー」「ダークレッド」に加え「ココア」を新色として設定。メーカーオプション「クラシックインパネ」のパネルカラーを1色から7色へ拡大した。これらを含むメーカーオプションの価格は改定されているが、車両価格は従来通りとしている。

ラインナップと価格は下記の通り。

  • 12ST:241万9200円
  • 12STプレミアム:253万8000円
  • 12DX:272万7000円
  • 12LX:300万7800円
  • 12DX 4WD:288万3600円
  • 12LX 4WD:314万8200円

内装色の選択肢が増えたビュートなでしこ

一方ビュートなでしこについては、インテリアのメーカーオプションに「カラードドアトリム」(6色から選択可能)を新設定し、メーカーオプションのレザーカラーに、これまでの「アイボリー」「ダークレッド」に加え「ココア」を追加。メーカーオプション「クラシックインパネ」のパネルカラーを1色から7色へと拡大している。ビュート同様にメーカーオプションの価格は改定されているが、車両価格は従来通りとなっている。

ビュートなでしこはモノグレードで、価格は181万4400円。

(webCG)

関連キーワード:
ビュート, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ ビュート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカの「ビュート」「ビュートなでしこ」に期間限定の特別仕様車「ノスタルジア」設定 2021.5.12 自動車ニュース 光岡自動車は2021年5月12日、「ビュート」および「ビュートなでしこ」に特別仕様車「nostalgia(ノスタルジア)」を設定し、販売を開始した。期間限定での販売となっており、同年12月23日まで注文を受け付ける。
  • ミツオカ・ビュート 2012.5.25 画像・写真 2012年5月24日に発売された新型「ミツオカ・ビュート」の姿を、写真で紹介する。
  • ミツオカ・ビュート OTTAVA(オッターヴァ) 2012.10.24 画像・写真 光岡自動車は2012年10月24日、「ビュート」の特別仕様車「OTTAVA(オッターヴァ)」を発表した。10月25日に発売する。車両価格は585万円。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2021.6.25 試乗記 さまざまなクロカンやSUVを取りそろえるジープのなかで、最も都会派とされる「コンパス」。マイナーチェンジされた最新型を走らせてみると、多くのブランドと交わるなかで培われた商品力の高さを感じ取ることができた。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る