「マクラーレン600LT」にオープンモデルの「スパイダー」登場

2019.01.17 自動車ニュース
マクラーレン600LTスパイダー
マクラーレン600LTスパイダー拡大

マクラーレン・オートモーティブは2019年1月17日、オープンスポーツカー「600LTスパイダー」の詳細を発表した。

 
「マクラーレン600LT」にオープンモデルの「スパイダー」登場の画像拡大
 
「マクラーレン600LT」にオープンモデルの「スパイダー」登場の画像拡大
 
「マクラーレン600LT」にオープンモデルの「スパイダー」登場の画像拡大
 
「マクラーレン600LT」にオープンモデルの「スパイダー」登場の画像拡大
 
「マクラーレン600LT」にオープンモデルの「スパイダー」登場の画像拡大

315km/hでオープンエアを満喫

車名にも表れている通り、600LTスパイダーはサーキット志向の高性能モデル「600LT」をベースに電動開閉式のリトラクタブルハードトップを装備したオープントップモデルである。

ルーフは3分割式で、車速が40km/h以下であれば走行中でも開閉が可能。オープン時にルーフが格納されるシート後方の格納スペースは、ルーフを閉じた状態では52リッターのラゲッジスペースとして利用できる。また、クローズド時のクーペと変わらない快適性や、伸びやかなシルエットもリトラクタブルハードトップならではの特徴だ。シート後方には昇降式ウインドディフレクターも備わっており、オープン時に風の巻き込みを防いだり、クローズド時には積極的にエキゾーストサウンドを楽しんだりできるという。

走りに関する部分は基本的にクーペと共通で、パワープラントには最高出力600ps、最大トルク620Nmを発生する3.8リッターV8ツインターボエンジンとデュアルクラッチ式7段ATを採用。特徴的なサウンドを発する上方排気の「トップエグジット・エキゾースト」や、250km/h走行時に100kgのダウンフォースを発生する固定式リアウイングも、クーペから受け継いでいる。

車両骨格もクーペと同じ軽量・強靭(きょうじん)なカーボンファイバー製シャシー「モノセルII」となっており、追加の補強等なしに十分なボディー剛性を確保。車両重量は「570Sスパイダー」より100kg軽い1297kg(乾燥重量)と、オープン化にともなう重量増を50kgに抑えている。動力性能については、0-100km/h加速が2.9秒、0-200km/h加速が8.4秒、最高速はクローズド時で324km/h、オープン時で315km/hと公称される。

価格は3226万8000円。現在注文を受け付けており、2019年3月以降の納車を予定している。

(webCG)
 

関連キーワード:
600LT スパイダー, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン600LTスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2019.8.8 試乗記 全方位的な改良によって走りを追求したマクラーレンの高性能モデル「600LT」に、電動ハードトップを持つ「スパイダー」が登場。“硬”と“軟”、2つのキャラクターを併せ持つ最新モデルに試乗し、完璧を求めるマクラーレンの哲学に触れた。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • マクラーレン650S スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2014.7.22 試乗記 主力のスーパースポーツ「12C」とスペシャルモデル「P1」の技術が盛り込まれた、マクラーレンの最新作「650S」。その実力や、いかに? オープンバージョン「650S スパイダー」に、一般道で試乗した。
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.9.25 試乗記 圧倒的な動力性能を持つスーパーカーでありながら、快適性や利便性も徹底追求したという「マクラーレンGT」。南仏コート・ダジュールでそのステアリングを握った筆者は、新機軸というべき走りに驚かされたのだった。
ホームへ戻る