「マクラーレン600LT」にオープンモデルの「スパイダー」登場

2019.01.17 自動車ニュース
マクラーレン600LTスパイダー
マクラーレン600LTスパイダー拡大

マクラーレン・オートモーティブは2019年1月17日、オープンスポーツカー「600LTスパイダー」の詳細を発表した。

 
「マクラーレン600LT」にオープンモデルの「スパイダー」登場の画像拡大
 
「マクラーレン600LT」にオープンモデルの「スパイダー」登場の画像拡大
 
「マクラーレン600LT」にオープンモデルの「スパイダー」登場の画像拡大
 
「マクラーレン600LT」にオープンモデルの「スパイダー」登場の画像拡大
 
「マクラーレン600LT」にオープンモデルの「スパイダー」登場の画像拡大

315km/hでオープンエアを満喫

車名にも表れている通り、600LTスパイダーはサーキット志向の高性能モデル「600LT」をベースに電動開閉式のリトラクタブルハードトップを装備したオープントップモデルである。

ルーフは3分割式で、車速が40km/h以下であれば走行中でも開閉が可能。オープン時にルーフが格納されるシート後方の格納スペースは、ルーフを閉じた状態では52リッターのラゲッジスペースとして利用できる。また、クローズド時のクーペと変わらない快適性や、伸びやかなシルエットもリトラクタブルハードトップならではの特徴だ。シート後方には昇降式ウインドディフレクターも備わっており、オープン時に風の巻き込みを防いだり、クローズド時には積極的にエキゾーストサウンドを楽しんだりできるという。

走りに関する部分は基本的にクーペと共通で、パワープラントには最高出力600ps、最大トルク620Nmを発生する3.8リッターV8ツインターボエンジンとデュアルクラッチ式7段ATを採用。特徴的なサウンドを発する上方排気の「トップエグジット・エキゾースト」や、250km/h走行時に100kgのダウンフォースを発生する固定式リアウイングも、クーペから受け継いでいる。

車両骨格もクーペと同じ軽量・強靭(きょうじん)なカーボンファイバー製シャシー「モノセルII」となっており、追加の補強等なしに十分なボディー剛性を確保。車両重量は「570Sスパイダー」より100kg軽い1297kg(乾燥重量)と、オープン化にともなう重量増を50kgに抑えている。動力性能については、0-100km/h加速が2.9秒、0-200km/h加速が8.4秒、最高速はクローズド時で324km/h、オープン時で315km/hと公称される。

価格は3226万8000円。現在注文を受け付けており、2019年3月以降の納車を予定している。

(webCG)
 

関連キーワード:
600LT スパイダー, マクラーレン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン675LT(MR/7AT)【試乗記】 2015.12.2 試乗記 サーキットでの走りを追求した世界限定500台の高性能モデル「マクラーレン675LT」。0-100km/h加速は2.9秒、最高速は330km/hという動力性能を誇るミドシップのスーパースポーツを、富士スピードウェイでフラットアウト。「650S」をも超えるという、その実力を堪能した。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【海外試乗記】 2019.2.12 試乗記 5.2リッターV10エンジンを搭載した「ランボルギーニ・ウラカン」が、より走りを高めた「ウラカンEVO」に進化。高性能モデル「ペルフォルマンテ」譲りの心臓を得た“ベビー・ランボ”の走りを、バーレーンのインターナショナル・サーキットからリポートする。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.1.7 試乗記 生産台数900台となる「アヴェンタドールSVJ」の記念すべき1号車が、目の前にある。歴代最高となる770psのパワーを持ち、ランボルギーニ自慢の可変空力デバイス「ALA」を採用したフラッグシップモデルの走りを、ワインディングロードで確かめた。
  • 仕様変更された最新型「メルセデスAMG GT」発売 2019.2.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、高性能スポーツカー「メルセデスAMG GT」のマイナーチェンジモデルを発表した。ヘッドライトやセンターコンソールのデザインに加えて、走行モードに関わるシステムなどが変更されている。
  • BMWアルピナD4ビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.2.14 試乗記 実に700Nmもの最大トルクを発生する、3リッター直6ディーゼルエンジンを搭載した「BMWアルピナD4ビターボ クーペ」。よどみない加速と繊細な乗り味に浸りながら、アルピナという小さな自動車メーカーが長年にわたり愛され続ける理由を考えた。
ホームへ戻る