トライアンフから新たな大型二輪モデル「スピードツイン」登場

2019.02.13 自動車ニュース
トライアンフ・スピードツイン
トライアンフ・スピードツイン拡大

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは2019年2月13日、新たな大型二輪モデル「スピードツイン」を発表。同日販売を開始した。

 
トライアンフから新たな大型二輪モデル「スピードツイン」登場の画像拡大
 
トライアンフから新たな大型二輪モデル「スピードツイン」登場の画像拡大
 
トライアンフから新たな大型二輪モデル「スピードツイン」登場の画像拡大
 
トライアンフから新たな大型二輪モデル「スピードツイン」登場の画像拡大
 
トライアンフから新たな大型二輪モデル「スピードツイン」登場の画像拡大
 
トライアンフから新たな大型二輪モデル「スピードツイン」登場の画像拡大

専用シャシーに高出力版の1.2リッターエンジンを搭載

スピードツインは1.2リッターの水冷並列2気筒エンジンを搭載したスポーティーなネイキッドモデルで、モダンクラシックをうたう「ボンネビル」シリーズの最新モデルにあたる。“スピードツイン”という名称は、1938年に登場した戦前の名車にあやかったもので、トライアンフ伝統のモデル名が復活することとなった。

商品コンセプトは「THE NEW PERFORMANCE ICON」というもので、クラス最高峰のハンドリングを実現すべく、「スラクストン」よりも10kg軽い専用シャシーや、新しいサスペンションのセットアップを採用。フロントをツインディスクとしたブレーキはブレンボ製で、タイヤには「ピレリ・ディアブロ ロッソIII」を用いている。

一方、マグネシウム製のカムカバーが特徴のエンジンは、同じ1.2リッターの中でもより高出力な“スラクストン・チューン”となっており、97ps/6750rpmの最高出力と112Nm/4950の最大トルクを発生。2500rpm付近からフラットなトルクカーブを描く、力強いトルク特性も特徴として挙げられる。

走りに関する装備も充実しており、作動のカットも可能な切り替え式トラクションコントロールや、「スポーツ」「ロード」「レイン」の3つのモードを備えたライディングモードセレクターを標準で採用。変速操作の負担を減らすトルクアシストクラッチや、807mmのシート高、快適なライディングポジションがかなえる“乗りやすさ”も魅力となっている。

デザインについては、丸目単眼のヘッドランプ(ただし最新のLED式)やティアドロップ型のガソリンタンクなど、クラシカルなボンネビルシリーズならではの特徴は踏襲しつつ、バーエンドミラーやブラックのツインスポーツサイレンサー、7スポークのアルミホイールなどでスポーティーなイメージを強調。各部にブラシ仕上げのアルミニウムパーツが用いられた、上質なディテールも特徴とされている。

カラーリングは「ジェットブラック」と「コロッシレッド×ストームグレイ」「シルバーアイス×ストームグレイ」の3種類。価格はジェットブラックが160万円で、その他の2種類は163万8880円となっている。

(webCG)

関連キーワード:
スピードツイン, トライアンフ, 自動車ニュース

トライアンフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノM(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.21 試乗記 今や少数派となったリトラクタブルハードトップを採用する2+2シーター「フェラーリ・ポルトフィーノM」に試乗。マラネッロの開発陣が磨きをかけたパワートレインやシャシーの仕上がりを中心に、先代「ポルトフィーノ」からの進化を探ってみた。
  • トライアンフ・トライデント660 2020.10.30 画像・写真 英国のバイクメーカーの老舗トライアンフから、660ccの3気筒エンジンを搭載したネイキッドモデル「トライデント660」が登場。既存のラインナップとは趣を異にするトライアンフ久々のブランニューモデルを、写真で紹介する。
  • JAIA輸入二輪車試乗会2021(後編) 2021.5.13 試乗記 小さいのや大きいの、スポーツタイプからクラシックまで……。輸入バイクの試乗イベントで触れた“最旬モデル”はどれも、個性豊かで乗り手に優しい、魅力あふれるオートバイだった。
  • トライアンフ・トライデント660(6MT)【レビュー】 2021.4.14 試乗記 トライアンフのミドル級バイク「トライデント660」が日本上陸。クールなスタイリングと戦略的な価格が目を引く新型モーターサイクルは、乗ってみても思わずほほがゆるむ、極めて魅力的な一台だった。
  • スズキ・ハヤブサ(6MT)【レビュー】 2021.6.9 試乗記 圧倒的な動力性能でファンを魅了し続ける、スズキのフラッグシップモデル「ハヤブサ」。押しも押されもしないメガスポーツ/ウルトラスポーツの“第一人者”は、2度目のモデルチェンジでどのような進化を遂げたのか? 3代目となる新型の走りに触れた。
ホームへ戻る