トライアンフから新たな大型二輪モデル「スピードツイン」登場

2019.02.13 自動車ニュース
トライアンフ・スピードツイン
トライアンフ・スピードツイン拡大

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは2019年2月13日、新たな大型二輪モデル「スピードツイン」を発表。同日販売を開始した。

 
トライアンフから新たな大型二輪モデル「スピードツイン」登場の画像拡大
 
トライアンフから新たな大型二輪モデル「スピードツイン」登場の画像拡大
 
トライアンフから新たな大型二輪モデル「スピードツイン」登場の画像拡大
 
トライアンフから新たな大型二輪モデル「スピードツイン」登場の画像拡大
 
トライアンフから新たな大型二輪モデル「スピードツイン」登場の画像拡大
 
トライアンフから新たな大型二輪モデル「スピードツイン」登場の画像拡大

専用シャシーに高出力版の1.2リッターエンジンを搭載

スピードツインは1.2リッターの水冷並列2気筒エンジンを搭載したスポーティーなネイキッドモデルで、モダンクラシックをうたう「ボンネビル」シリーズの最新モデルにあたる。“スピードツイン”という名称は、1938年に登場した戦前の名車にあやかったもので、トライアンフ伝統のモデル名が復活することとなった。

商品コンセプトは「THE NEW PERFORMANCE ICON」というもので、クラス最高峰のハンドリングを実現すべく、「スラクストン」よりも10kg軽い専用シャシーや、新しいサスペンションのセットアップを採用。フロントをツインディスクとしたブレーキはブレンボ製で、タイヤには「ピレリ・ディアブロ ロッソIII」を用いている。

一方、マグネシウム製のカムカバーが特徴のエンジンは、同じ1.2リッターの中でもより高出力な“スラクストン・チューン”となっており、97ps/6750rpmの最高出力と112Nm/4950の最大トルクを発生。2500rpm付近からフラットなトルクカーブを描く、力強いトルク特性も特徴として挙げられる。

走りに関する装備も充実しており、作動のカットも可能な切り替え式トラクションコントロールや、「スポーツ」「ロード」「レイン」の3つのモードを備えたライディングモードセレクターを標準で採用。変速操作の負担を減らすトルクアシストクラッチや、807mmのシート高、快適なライディングポジションがかなえる“乗りやすさ”も魅力となっている。

デザインについては、丸目単眼のヘッドランプ(ただし最新のLED式)やティアドロップ型のガソリンタンクなど、クラシカルなボンネビルシリーズならではの特徴は踏襲しつつ、バーエンドミラーやブラックのツインスポーツサイレンサー、7スポークのアルミホイールなどでスポーティーなイメージを強調。各部にブラシ仕上げのアルミニウムパーツが用いられた、上質なディテールも特徴とされている。

カラーリングは「ジェットブラック」と「コロッシレッド×ストームグレイ」「シルバーアイス×ストームグレイ」の3種類。価格はジェットブラックが160万円で、その他の2種類は163万8880円となっている。

(webCG)

関連キーワード:
スピードツイン, トライアンフ, 自動車ニュース

トライアンフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トライアンフ・スピードツイン(MR/6MT)【レビュー】 2019.4.1 試乗記 クラシカルなスタイリングとスポーティーな走りが身上の「トライアンフ・スピードツイン」。往年の名車の名を冠する生粋のスポーツバイクは、その名に恥じない本格的なパフォーマンスと、オーナーの所有欲を満たす上質さを併せ持つ一台に仕上がっていた。
  • トライアンフ・スクランブラー1200 XE(MR/6MT)【レビュー】 2019.5.23 試乗記 クラシカルなスタイリングと本気のオフロード性能を併せ持つ「トライアンフ・スクランブラー1200XE」。870mmという高いシート高が気になるところだが、実際に乗ってみると、「それでも欲しい」と思わせる魅力にあふれた一台に仕上がっていた。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • ポルシェ911スピードスター(RR/6MT)【レビュー】 2019.6.15 試乗記 スタイリッシュなオープンボディーに500psオーバーのハイチューンエンジンを組み合わせた限定車「ポルシェ911スピードスター」。このスペシャルモデルでどんな快楽が味わえるのか、イタリア・サルデーニャ島から報告する。
  • カンナム・ライカー ラリーエディション(MR/CVT)【レビュー】 2019.6.7 試乗記 BRPの三輪モーターサイクル「Can-Am(カンナム)」に、スポーティーなエントリーモデル「ライカー」シリーズが登場。類例のないデザインが存在感を放つニューモデルは、二輪とも四輪とも一味違う、スポーティーな走りが楽しめるマシンだった。
ホームへ戻る