アストンマーティンがヴァルキリーのパワーユニット概要を発表

2019.03.04 自動車ニュース
アストンマーティン・ヴァルキリー
アストンマーティン・ヴァルキリー拡大

英アストンマーティンは、2019年3月1日(現地時間)、ハイパーカー「ヴァルキリー」のパワーユニットに関する概要を発表した。リアミドに搭載されるのは、コスワース製の6.5リッターV12に電動モーターを加えたハイブリッドシステムとなる。

「ヴァルキリー」に搭載されるV12エンジンとギアボックスは、ボディー剛性を確保する構造体としても機能している。
「ヴァルキリー」に搭載されるV12エンジンとギアボックスは、ボディー剛性を確保する構造体としても機能している。拡大
「ヴァルキリー」のシステム最高出力は1176ps/1万0500rpm、同最大トルクは900Nm/6000rpmとなる。
「ヴァルキリー」のシステム最高出力は1176ps/1万0500rpm、同最大トルクは900Nm/6000rpmとなる。拡大

コスワース製の6.5リッターV12は、単体で最高出力1014ps/1万0500rpm、最大トルク740Nm/7000rpmを発生。最高許容回転数として1万1000rpmが掲げられている。この数値は、排ガス規制に対応している自然吸気エンジンのロードカーでは最高のパフォーマンスであるとアストンマーティンは説明している。

V12エンジンには、さらに電動モーターが加えられ、ハイブリッドシステムを構築。F1由来となるKERSの技術を応用した、ブースト機能とエネルギー回生システムを持つ。ハイブリッドシステムを構築する2種類の特注モーターは、インテグラルパワートレイン社とリマック社がサプライヤーになっている。

アストンマーティンが主張するヴァルキリーのシステム最高出力は1176ps/1万0500rpm、同最大トルクは900Nm/6000rpm。

(webCG)

関連キーワード:
ヴァルキリー, アストンマーティン, 自動車ニュース