アストンマーティンがヴァルキリーのパワーユニット概要を発表

2019.03.04 自動車ニュース
アストンマーティン・ヴァルキリー
アストンマーティン・ヴァルキリー拡大

英アストンマーティンは、2019年3月1日(現地時間)、ハイパーカー「ヴァルキリー」のパワーユニットに関する概要を発表した。リアミドに搭載されるのは、コスワース製の6.5リッターV12に電動モーターを加えたハイブリッドシステムとなる。

「ヴァルキリー」に搭載されるV12エンジンとギアボックスは、ボディー剛性を確保する構造体としても機能している。
「ヴァルキリー」に搭載されるV12エンジンとギアボックスは、ボディー剛性を確保する構造体としても機能している。拡大
「ヴァルキリー」のシステム最高出力は1176ps/1万0500rpm、同最大トルクは900Nm/6000rpmとなる。
「ヴァルキリー」のシステム最高出力は1176ps/1万0500rpm、同最大トルクは900Nm/6000rpmとなる。拡大

コスワース製の6.5リッターV12は、単体で最高出力1014ps/1万0500rpm、最大トルク740Nm/7000rpmを発生。最高許容回転数として1万1000rpmが掲げられている。この数値は、排ガス規制に対応している自然吸気エンジンのロードカーでは最高のパフォーマンスであるとアストンマーティンは説明している。

V12エンジンには、さらに電動モーターが加えられ、ハイブリッドシステムを構築。F1由来となるKERSの技術を応用した、ブースト機能とエネルギー回生システムを持つ。ハイブリッドシステムを構築する2種類の特注モーターは、インテグラルパワートレイン社とリマック社がサプライヤーになっている。

アストンマーティンが主張するヴァルキリーのシステム最高出力は1176ps/1万0500rpm、同最大トルクは900Nm/6000rpm。

(webCG)

関連キーワード:
ヴァルキリー, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
  • メルセデスAMG GT/AMG GT S/AMG GT Cロードスター/AMG GT Rプロ【海外試乗記】 2019.4.24 試乗記 仕様変更が施された、メルセデスの高性能スポーツカー「AMG GT」シリーズ。ベーシックモデルから限定20台のトップモデルまで、最新型のステアリングを握ってわかったこととは? ドイツから報告する。
  • 第129回:引きこもれ! 中年カーマニア 2019.3.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第129回は「引きこもれ! 中年カーマニア」。AMG製V8ツインターボエンジンを搭載した「アストンマーティンDB11」に試乗。ドイツ製パワーユニットVS“イタリアの秘宝”フェラーリエンジン、その対決の行方は!?
ホームへ戻る