最高出力217psの「アプリリアRSV4 1100ファクトリー」登場

2019.03.11 自動車ニュース

ピアッジオグループジャパンは2019年3月11日、大型二輪モデル「アプリリアRSV4 1100ファクトリー」の受注を同年3月22日に開始すると発表した。

RSV4はアプリリアのラインナップの中でも走行性能に特化した、フラッグシップスーパースポーツモデルである。

これまでは999ccのV型4気筒エンジンを搭載していたが、今回の新型では、その排気量を1078ccに拡大。リミッターを1万3600rpmに設定した新しいECUマッピングにより、217ps/1万3200rpmを実現した。またトルクについても全域で10% 以上のアップを果たしており、最大トルクは122Nm/1万1000 rpmとなっている。

軽量化も図られており、アクラポヴィッチ製のチタンエグゾーストサイレンサーや、ボッシュ製リチウムイオンバッテリーの採用などにより、車両重量を199kgに低減。空力性能を高めるため、MotoGPマシン「RS-GP」譲りのカーボン製ウイングレットをサイドカウルに装着している。

カラーリングはブラックのみ。価格は286万2000円で、2019年5月下旬にデリバリーが開始される予定。

(webCG)

アプリリアRSV4 1100ファクトリー
アプリリアRSV4 1100ファクトリー拡大

関連キーワード:
RSV4 1100ファクトリー, アプリリア, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス プロトタイプ【試乗記】 2019.11.13 試乗記 “小さなクルマ”の既成概念を超えるべく、プラットフォームからパワートレイン、足まわりに至るまで刷新された新型「トヨタ・ヤリス」。発売前のプロトタイプ試乗会でわかった、その出来栄えは?
  • レクサスLC500/LS500h/RX450h/RX450hL【試乗記】 2019.10.30 試乗記 レクサスのラグジュアリークーペ「LC」と、フラッグシップセダン「LS」、そしてブランド最多のセールスを誇る「RX」。重責を担う3モデルの最新型は、どのようにリファインされたのか? マイナーチェンジのポイントと走りの印象を報告する。
  • 第148回:衝撃のアウディA6 2019.10.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第148回は「衝撃のアウディA6」。5代目となる新型に試乗! “どのモデルも同じ乗り味”“おりこうすぎる”というネガティブな先入観から一転、カーマニア人間国宝を目指す筆者の前に現れた、新たな境地とは?
  • 第1回:これぞオートバイのカッコよさ
    大排気量のクラシックモデルに高ぶる
    2019.4.20 JAIA輸入二輪車試乗会2019 昔ながらの“単車らしい”デザインをまとうクラシカルなオートバイ。とはいえ、ブランドや仕立てが変われば、その乗り味もまったく異なるものになる。さて、今回ピックアップした伊・米・英の3台では、どんな走りが楽しめるのか?
  • ホンダCB650R(MR/6MT)【レビュー】 2019.11.16 試乗記 伝統と新しさの融合をコンセプトに掲げる、ホンダのスポーツネイキッドバイク「CB650R」。その走りは、気負わずに付き合えるオートバイのよさを実感させてくれた。
ホームへ戻る