最高出力217psの「アプリリアRSV4 1100ファクトリー」登場

2019.03.11 自動車ニュース

ピアッジオグループジャパンは2019年3月11日、大型二輪モデル「アプリリアRSV4 1100ファクトリー」の受注を同年3月22日に開始すると発表した。

RSV4はアプリリアのラインナップの中でも走行性能に特化した、フラッグシップスーパースポーツモデルである。

これまでは999ccのV型4気筒エンジンを搭載していたが、今回の新型では、その排気量を1078ccに拡大。リミッターを1万3600rpmに設定した新しいECUマッピングにより、217ps/1万3200rpmを実現した。またトルクについても全域で10% 以上のアップを果たしており、最大トルクは122Nm/1万1000 rpmとなっている。

軽量化も図られており、アクラポヴィッチ製のチタンエグゾーストサイレンサーや、ボッシュ製リチウムイオンバッテリーの採用などにより、車両重量を199kgに低減。空力性能を高めるため、MotoGPマシン「RS-GP」譲りのカーボン製ウイングレットをサイドカウルに装着している。

カラーリングはブラックのみ。価格は286万2000円で、2019年5月下旬にデリバリーが開始される予定。

(webCG)

アプリリアRSV4 1100ファクトリー
アプリリアRSV4 1100ファクトリー拡大

関連キーワード:
RSV4 1100ファクトリー, アプリリア, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • JAIA輸入二輪車試乗会2021(中編) 2021.5.6 試乗記 日本でも大人気のベスパから、ハイパフォーマンスで鳴らすドゥカティまで、幅広いブランドを擁するイタリア。情熱の国のラインナップから、今回は「ドゥカティ・パニガーレV2/スクランブラー」「ベスパGTS」の3台をチョイス。刺激的な走りを堪能した。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.5.11 試乗記 デビューから3年を経て、一段とブラッシュアップされたルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」。出力を増したエンジンや最新のエキゾーストシステムを搭載する、改良モデルの走りとは?
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.1 試乗記 「アウディRS 5クーペ」は、世界初の市販フルタイム4WD車「アウディ・クワトロ」の直系ともいうべきモデル。最高出力450PSのパワーユニットと40年にわたって磨きをかけられた4WDシャシーが織りなす走りを、ワインディングロードで味わった。
  • アウディRS Q3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2021.5.15 試乗記 アウディスポーツが手がけたハイパフォーマンスクーペSUV「RS Q3スポーツバック」に試乗。開発にはモータースポーツでの知見を生かし、さらにサーキットで鍛え上げたというその走りを、ロングドライブに連れ出し味わってみた。
  • JAIA輸入二輪車試乗会2021(後編) 2021.5.13 試乗記 小さいのや大きいの、スポーツタイプからクラシックまで……。輸入バイクの試乗イベントで触れた“最旬モデル”はどれも、個性豊かで乗り手に優しい、魅力あふれるオートバイだった。
ホームへ戻る