最高出力217psの「アプリリアRSV4 1100ファクトリー」登場

2019.03.11 自動車ニュース

ピアッジオグループジャパンは2019年3月11日、大型二輪モデル「アプリリアRSV4 1100ファクトリー」の受注を同年3月22日に開始すると発表した。

RSV4はアプリリアのラインナップの中でも走行性能に特化した、フラッグシップスーパースポーツモデルである。

これまでは999ccのV型4気筒エンジンを搭載していたが、今回の新型では、その排気量を1078ccに拡大。リミッターを1万3600rpmに設定した新しいECUマッピングにより、217ps/1万3200rpmを実現した。またトルクについても全域で10% 以上のアップを果たしており、最大トルクは122Nm/1万1000 rpmとなっている。

軽量化も図られており、アクラポヴィッチ製のチタンエグゾーストサイレンサーや、ボッシュ製リチウムイオンバッテリーの採用などにより、車両重量を199kgに低減。空力性能を高めるため、MotoGPマシン「RS-GP」譲りのカーボン製ウイングレットをサイドカウルに装着している。

カラーリングはブラックのみ。価格は286万2000円で、2019年5月下旬にデリバリーが開始される予定。

(webCG)

アプリリアRSV4 1100ファクトリー
アプリリアRSV4 1100ファクトリー拡大

関連キーワード:
RSV4 1100ファクトリー, アプリリア, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第2回:速さだけがすべてじゃない
    趣を異にする3台のスポーツモデルをチェック
    2019.4.24 JAIA輸入二輪車試乗会2019 “速さがすべて”の「アプリリアRSV 1100ファクトリー」のようなマシンがある一方で、「トライアンフ・スラクストンR」や「ドゥカティ・スクランブラー カフェレーサー」のように、走りの味に重きを置いたバイクもある。趣の異なる3台のスポーツバイクを試す。
  • KTM 790アドベンチャー(MR/6MT)/790アドベンチャーR(MR/6MT)【レビュー】 2019.4.27 試乗記 人気の“アンダー1000”クラスに加わった、KTMの新型モーターサイクル「790アドベンチャー」。その造りと走りは、ダカールラリー18連覇を成し遂げた強豪ブランドの実力を感じさせるものだった。
  • トライアンフ・スクランブラー1200 XE(MR/6MT)【レビュー】 2019.5.23 試乗記 クラシカルなスタイリングと本気のオフロード性能を併せ持つ「トライアンフ・スクランブラー1200XE」。870mmという高いシート高が気になるところだが、実際に乗ってみると、「それでも欲しい」と思わせる魅力にあふれた一台に仕上がっていた。
  • KTM 1290スーパーアドベンチャー/1090アドベンチャー【試乗記】 2019.5.11 試乗記 ダカールラリーで圧倒的な強さを見せるKTMがラインナップするアドベンチャーシリーズの中でも、上級モデルに位置する「1290スーパーアドベンチャー」と「1090アドベンチャー」。ブランド伝統のトレリスフレームとV型2気筒エンジンの組み合わせがかなえる走りを堪能した。
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2019.4.29 試乗記 燃料電池車、電気自動車、プラグインハイブリッド車の3つのパワートレインを同一プラットフォームに採用する、「3 in 1コンセプト」の下で誕生した「ホンダ・クラリティPHEV」。欧州を筆頭にパワートレインの電化が積極的に推し進められていく中、あらためて試乗してその存在意義を再考してみた。
ホームへ戻る