最高出力217psの「アプリリアRSV4 1100ファクトリー」登場

2019.03.11 自動車ニュース

ピアッジオグループジャパンは2019年3月11日、大型二輪モデル「アプリリアRSV4 1100ファクトリー」の受注を同年3月22日に開始すると発表した。

RSV4はアプリリアのラインナップの中でも走行性能に特化した、フラッグシップスーパースポーツモデルである。

これまでは999ccのV型4気筒エンジンを搭載していたが、今回の新型では、その排気量を1078ccに拡大。リミッターを1万3600rpmに設定した新しいECUマッピングにより、217ps/1万3200rpmを実現した。またトルクについても全域で10% 以上のアップを果たしており、最大トルクは122Nm/1万1000 rpmとなっている。

軽量化も図られており、アクラポヴィッチ製のチタンエグゾーストサイレンサーや、ボッシュ製リチウムイオンバッテリーの採用などにより、車両重量を199kgに低減。空力性能を高めるため、MotoGPマシン「RS-GP」譲りのカーボン製ウイングレットをサイドカウルに装着している。

カラーリングはブラックのみ。価格は286万2000円で、2019年5月下旬にデリバリーが開始される予定。

(webCG)

アプリリアRSV4 1100ファクトリー
アプリリアRSV4 1100ファクトリー拡大

関連キーワード:
RSV4 1100ファクトリー, アプリリア, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トライアンフ・スピードツイン(MR/6MT)【レビュー】 2019.4.1 試乗記 クラシカルなスタイリングとスポーティーな走りが身上の「トライアンフ・スピードツイン」。往年の名車の名を冠する生粋のスポーツバイクは、その名に恥じない本格的なパフォーマンスと、オーナーの所有欲を満たす上質さを併せ持つ一台に仕上がっていた。
  • ドゥカティ・スクランブラー デザートスレッド(MR/6MT)【レビュー】 2019.6.28 試乗記 単なる“おしゃれなネオクラシック”と思ったら大間違い。「ドゥカティ・スクランブラー デザートスレッド」は、ストリートでも林道でも存分に走りが楽しめる、極めてハイレベルな“万能選手”に仕上がっていた。
  • BMW S1000RR Mパッケージ(MR/6MT)【レビュー】 2019.3.23 試乗記 2009年に誕生するやいなや、ファンと業界の話題をさらってみせた「BMW S1000RR」。“速さ”と“乗りやすさ”を兼ね備えたドイツのスーパーバイクは、フルモデルチェンジによってどのような進化を遂げたのか。雨のポルトガル・エストリルサーキットでその実力に触れた。
  • 第11回:長距離ドライブで実力を試す 2018.2.6 徹底検証! ボルボXC60 第2世代となった「ボルボXC60」で、往復1000kmを超えるロングドライブへ。市街地から高速道路、ワインディングロードまで、さまざまな道を走らせてみると、ボルボが総力をあげて開発した新型の価値が見えてきた。
  • アウディQ8 55 TFSIクワトロ デビューパッケージSライン(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.16 試乗記 アウディのSUVファミリーに、新たなフラッグシップモデル「Q8」が登場。大きくてスタイリッシュな“SUVクーペ”は、カッコだけの高級車なのか、それとも……? その走りっぷりをチェックした。
ホームへ戻る