第2回:速さだけがすべてじゃない
趣を異にする3台のスポーツモデルをチェック

2019.04.24 JAIA輸入二輪車試乗会2019
 
第2回:速さだけがすべてじゃない趣を異にする3台のスポーツモデルをチェックの画像拡大

“速さがすべて”の「アプリリアRSV 1100ファクトリー」のようなマシンがある一方で、「トライアンフ・スラクストンR」や「ドゥカティ・スクランブラー カフェレーサー」のように、走りの味に重きを置いたバイクもある。趣の異なる3台のスポーツバイクを試す。

アプリリアRSV4 1100ファクトリー
アプリリアRSV4 1100ファクトリー拡大
 
第2回:速さだけがすべてじゃない趣を異にする3台のスポーツモデルをチェックの画像拡大
 
第2回:速さだけがすべてじゃない趣を異にする3台のスポーツモデルをチェックの画像拡大
 
第2回:速さだけがすべてじゃない趣を異にする3台のスポーツモデルをチェックの画像拡大
 
第2回:速さだけがすべてじゃない趣を異にする3台のスポーツモデルをチェックの画像拡大
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2052×--×--mm
ホイールベース:1439mm
重量:199kg
エンジン:1078cc 水冷4ストローク V型4気筒 DOHC 4バルブ
最高出力:217ps(159.6kW)/1万3200rpm
最大トルク:122Nm(12.4kgm)/1万1000rpm
価格:286万2000円
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2052×--×--mm
	ホイールベース:1439mm
	重量:199kg
	エンジン:1078cc 水冷4ストローク V型4気筒 DOHC 4バルブ
	最高出力:217ps(159.6kW)/1万3200rpm
	最大トルク:122Nm(12.4kgm)/1万1000rpm
	価格:286万2000円拡大

想像以上にサーキットオリエンテッド
アプリリアRSV4 1100ファクトリー……286万2000円

21世紀のレーサーレプリカたる「RSV4 RF」のエンジンを、999ccから1077ccに拡大して公道での乗りやすさに(若干)配慮したのが、ネイキッドの「トゥオーノV4ファクトリー」。そのキャパシティーアップをまんまパフォーマンスに注いだのが、RSV4 1100ファクトリーである。

ボア×ストローク=81×52.3mmのショートストロークユニットは、1万3200rpmで217psの最高出力を発生。トゥオーノのそれが175ps/1万1000rpmだから、2100rpm余計に回して、約25%ものパワーアップを果たしている! 最大トルクは、122Nm/11000rpm。

シート高は、RFよりさらに11mm高い851mm(泣)。シート幅が細いのがまだしもの救いだが、身長165cm、足の長さに不足があるライダー(←ワタシのことです)の場合、両足つま先立ちとなる。ツラい。これはもう、ひとたび走り始めたなら、二度と止まりたくない!?

低い位置から生えるバーハンドルに手を伸ばすと、ハンドル位置が近く垂れ角が控えめなためか、思いのほかポジションはキツくない。念のためステアリングを左右に切ってみても、手がタンクに挟まれることはない。

スペックを見ると、新しいV4エンジンは明らかにスポーティーな高回転型ユニットだが、一方、その排気量から低回転域でもトルクが厚い。アイドリングでも楽に8の字が描ける。

いざ走り始めると、どこかバタついた印象で回り始める65度V4は、5000rpmあたりから音質を朗らかに変えて急速にスムーズさを増す。と同時にRSV4は、ライダーの血の気を引かせる激しい加速を披露する。ギアをチェンジ。再び回転を上げ……。

スイマセン、大磯プリンスホテルの広い駐車場をもってしても、ギアを2速に入れるのが限界でした。なにしろ、7000rpm付近ですでに100km/hを超えちゃうバイクなので。それでも約200kgの車重をまったく感じさせない軽快さと、自分にはもったいないほどの一体感を味見することができた……なんて言ったら、バイクに笑われる!?

独特の空力パーツをサイドに装着し、ライド・バイ・ワイヤはじめ、トラクション、ローンチ、そしてウイリーコントロールといった各種電子制御を備えるアプリリアのV4スポーツ。でも、ライダーに一番必要なのは、心置きなくスロットルを開けられるレースコースですね。想像以上にサーキットオリエンテッドなRSV4 1100ファクトリーでした。

(文=青木禎之/写真=三浦孝明/編集=堀田剛資)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第2回:速さだけがすべてじゃない
    趣を異にする3台のスポーツモデルをチェック
    2019.4.24 JAIA輸入二輪車試乗会2019 “速さがすべて”の「アプリリアRSV 1100ファクトリー」のようなマシンがある一方で、「トライアンフ・スラクストンR」や「ドゥカティ・スクランブラー カフェレーサー」のように、走りの味に重きを置いたバイクもある。趣の異なる3台のスポーツバイクを試す。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る