アプリリアの最新型スーパースポーツ「RSV4ファクトリー」上陸

2021.06.08 自動車ニュース
アプリリアRSV4ファクトリー
アプリリアRSV4ファクトリー拡大

ピアッジオグループジャパンは2021年6月8日、スーパースポーツバイク「アプリリアRSV4ファクトリー」を国内に導入すると発表した。同年6月9日に受注を始め、同年7月ごろにデリバリーを開始する。

 
アプリリアの最新型スーパースポーツ「RSV4ファクトリー」上陸の画像拡大
 
アプリリアの最新型スーパースポーツ「RSV4ファクトリー」上陸の画像拡大
 
アプリリアの最新型スーパースポーツ「RSV4ファクトリー」上陸の画像拡大
 
アプリリアの最新型スーパースポーツ「RSV4ファクトリー」上陸の画像拡大
 
アプリリアの最新型スーパースポーツ「RSV4ファクトリー」上陸の画像拡大

今回発表されたRSV4ファクトリーは、「RSV4 1100ファクトリー」のビッグマイナーチェンジモデル。従来型に対して、フレームやエンジンの基本設計はそのままに、デザインを改良、パフォーマンスも高められている。

スタイリングについては、2020年12月に国内販売がスタートした660ccクラスのスポーツバイク「RS660」にインスパイアされたデザインを採用。その開発にはアプリリアレーシングの空力エンジニアが直接関わっており、レーシングバイクと同じ手法で細かいチューニングを実施。極限まで空気抵抗を低減し、高速走行時の安定性を高め、コーナー立ち上がりでのウイリー傾向を軽減させたという。

エルゴノミクスも改良されており、新形状の燃料タンクを採用するとともに、シート高を9mm下げ、ステップ位置を10mm下方に移動。フェアリングとライダーの一体感が高まり、より自然でリラックスしたライディングポジションがとれるようになったとアピールされる。

エンジンは、81mmのボアを維持しつつ、ストロークのみ1mm延長(52.3→53.3mmm)することで排気量を1078ccから1099ccへと拡大。217PSの最高出力は変わらないものの、最大トルクを122N・mから125N・mへと増大させている。

足まわりにはオーリンズ製の「Smart EC 2.0セミアクティブサスペンション」を装備。電子制御のレベルを3段階(滑らかなサーキット用/路面に凹凸のあるサーキット用/公道用)に調節でき、走行環境に合わせて性能を最適化できる。またRSV4ファクトリーでは、フレームに対するエンジンの搭載位置、ステアリングヘッドの角度、スイングアームのピボットの高さもライダーの好みに応じて調整可能となっている。

価格は308万円。

(webCG)

関連キーワード:
RSV4 1100ファクトリー, アプリリア, バイク, 自動車ニュース