三菱が新型「eKワゴン」と「eKクロス」の予約注文受け付けをスタート

2019.03.14 自動車ニュース
三菱eKワゴン
三菱eKワゴン拡大

三菱自動車は2019年3月14日、同年3月28日に発売予定の新型軽乗用車「eKワゴン」および「eKクロス」の予約注文受け付けを開始した。

eKクロス
eKクロス拡大
「eKワゴン」のインテリア。
「eKワゴン」のインテリア。拡大
「eKクロス」のインテリア。
「eKクロス」のインテリア。拡大

eKワゴンとeKクロスは、三菱と日産の合弁会社であるNMKVが企画・開発をマネジメント。新たな開発・生産プロセスのもと、プラットフォームやエンジン、CVTといった主要コンポーネンツを従来型から刷新した、新たな軽ハイトワゴンである。

2013年6月以来、約6年ぶりのフルモデルチェンジとなるeKワゴンは、運転のしやすさと快適性向上による日常での使いやすさを追求したほか、軽自動車初とうたう高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT」を搭載。「いつもよりもっといろいろな場所へ行ってみたい」というユーザーの思いに応えるという。

一方のeKクロスは、SUVテイストをまとったクロスオーバーモデルであり、その名称はSUVらしい力強さとハイトワゴンを掛け合わせた(クロスさせた)ことに由来する。ブランドメッセージである“Drive Your Ambition”を体現したデザインと、低燃費と力強い走りを実現したというハイブリッドシステムを特徴とし、「探究心を持って新しいことに挑戦したい」という、ユーザーの気持ちに応えるという。

(webCG)

関連キーワード:
eKワゴン, eKクロス, 三菱, 自動車ニュース

三菱 eKワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る