「メルセデス・ベンツEクラス」に高効率な1.5リッターモデル登場

2019.03.22 自動車ニュース
メルセデス・ベンツE300アバンギャルド スポーツ
メルセデス・ベンツE300アバンギャルド スポーツ拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年3月22日、「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに、新たに「E200アバンギャルド/E200 4MATICアバンギャルド」(BSG搭載モデル)と「E300アバンギャルド スポーツ」を設定すると発表。同日、注文受け付けを開始した。デリバリーの開始時期は同年6月以降になる見込み。

M264型エンジン
M264型エンジン拡大

今回のE200アバンギャルドおよびE200 4MATICアバンギャルドに搭載されるパワートレインは、新開発の1.5リッター直4ターボエンジン「M264」に新技術「BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)」と、「48Vボルト電気システム」などを組み合わせたもの。効率化と高性能化、快適性の向上を同時に実現したとアピールされる。

M264型エンジンは、単体で最高出力184ps、最大トルク280Nmを発生。回生ブレーキ等により発電した電気はリチウムイオン電池に蓄電され、必要に応じて最大160Nm(クランクシャフト作用値)の補助動力を供給する。燃費を向上させるだけでなく、パワートレインの総合的な性能も引き上げるという。

E300アバンギャルド スポーツには、可変バルブリフトシステム「CAMTRONIC」とターボが備わる2リッター直4を採用。従来の「E250」と比べた場合、最高出力は47ps増しの258psに、最大トルクは20Nmアップの370Nmに増大している。

各モデルの価格は以下の通り。ハンドル位置はすべて右のみとなる。

【セダン】

  • E200アバンギャルド(BSG搭載モデル):721万円
  • E200 4MATICアバンギャルド(BSG搭載モデル):744万円
  • E300アバンギャルド スポーツ:855万円

【ステーションワゴン】

  • E200ステーションワゴン アバンギャルド(BSG搭載モデル):759万円
  • E200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド(BSG搭載モデル):782万円
  • E300ステーションワゴン アバンギャルド スポーツ:893万円

(webCG)

関連キーワード:
Eクラス セダン, Eクラス ステーションワゴン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Eクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLE300d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.24 試乗記 モデルラインナップは全7種類と、今や一大ファミリーとなったメルセデス・ベンツのSUV製品群。その中核をなすのが「GLE」だ。4代目となる現行型の出来栄えを、2リッターディーゼルターボを搭載したエントリーモデル「300d」の試乗を通して確かめた。
  • マイナーチェンジした「メルセデス・ベンツEクラス」日本上陸 2020.9.10 自動車ニュース マイナーチェンジが施された最新型「メルセデス・ベンツEクラス/Eクラス ステーションワゴン/Eクラス オールテレイン」が上陸。2020年9月10日、予約注文の受け付けが開始された。デリバリーは、同年9月から順次行われる。
  • メルセデス・ベンツGLB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.29 試乗記 メルセデス・ベンツの人気SUV「GLA」と「GLC」の間に追加された、3列7人乗りの「GLB」。精神的支柱の「Gクラス」を想起させる四角い背高ボディーを背負ったニューモデルの仕上がりやいかに? 2リッターディーゼルのFF車「GLB200d」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツが新型「Sクラス」を発表 新時代のユーザーインターフェイスを提案 2020.9.3 自動車ニュース 独ダイムラーが7代目となる新型「メルセデス・ベンツSクラス」を発表。新しいコンセプトが取り入れられたユーザーインターフェイスが特徴で、立体映像やVR技術を用いた情報表示、ジェスチャーによる各種機能の操作など、多数の新機軸が取り入れられている。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
ホームへ戻る