【オートモビル カウンシル2019】ボルボはクラシックカー7台を展示

2019.03.27 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2019年3月27日、千葉・幕張メッセで開催される自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2019(オートモビル カウンシル2019)」(開催期間:4月5日~7日)に、同社のレストア事業を手がける「クラシックガレージ」のブースを出展。クラシックカー7台を展示・販売(一部車両を除く)すると発表した。

クラシックガレージは2016年8月に発足。ボルボ・カー・ジャパンのクラシックカー部門として当初は顧客からのレストア整備のみを請け負っていたが、2017年より車両の販売もスタートした。入庫されるクラシックボルボのコンディションに応じて、純正パーツを中心に整備を実施。正規ディーラー整備による安心感とともに、ユーザーにクラシックボルボを末永く愛用してもらうことを目指しているという。

今回出展を予定している車両は下記の通り。*は販売予定車両。

  • アマゾン122S(1970年)
  • 240ワゴン(1993年)
  • 240ワゴン(1993年)*
  • 940ポラールSXエステート(1996年)*
  • 940タック エステート(1997年)*
  • 940クラシック エステート(1997年)*
  • S90クラシック(1998年)*

(webCG)

ボルボ・アマゾン122S(1970年)
ボルボ・アマゾン122S(1970年)拡大

関連キーワード:
S90, ボルボ, オートモビル カウンシル2019, モーターショー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60 T4モメンタム(FF/8AT)【試乗記】 2020.4.10 試乗記 現行ボルボで唯一のセダンとなった「S60」に試乗。伝統のステーションワゴンやSUVが話題を集めている同ブランドにあって、セダンにはどんな魅力があるのか。最高出力190PSのエントリーモデル「T4」のステアリングを握り、箱根の山岳路で確かめてみた。
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.17 試乗記 2019年末に30台限定で導入されるや、発売当日に完売したという「ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード」。専用チューニングの電動パワートレインとシャシーを備えた、ハイパフォーマンスセダンの仕上がりを試した。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
  • アウディA5スポーツバック40 TDIクワトロ アドバンスト(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.15 試乗記 美しいスタイリングで人気を集める「アウディA5スポーツバック」のマイナーチェンジモデルが上陸。本命はやはりシリーズ初登場となるディーゼルエンジン搭載モデルだろう。一般道と高速道路でその仕上がりを試してみた。
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
ホームへ戻る