【オートモビル カウンシル2019】ボルボはクラシックカー7台を展示

2019.03.27 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2019年3月27日、千葉・幕張メッセで開催される自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2019(オートモビル カウンシル2019)」(開催期間:4月5日~7日)に、同社のレストア事業を手がける「クラシックガレージ」のブースを出展。クラシックカー7台を展示・販売(一部車両を除く)すると発表した。

クラシックガレージは2016年8月に発足。ボルボ・カー・ジャパンのクラシックカー部門として当初は顧客からのレストア整備のみを請け負っていたが、2017年より車両の販売もスタートした。入庫されるクラシックボルボのコンディションに応じて、純正パーツを中心に整備を実施。正規ディーラー整備による安心感とともに、ユーザーにクラシックボルボを末永く愛用してもらうことを目指しているという。

今回出展を予定している車両は下記の通り。*は販売予定車両。

  • アマゾン122S(1970年)
  • 240ワゴン(1993年)
  • 240ワゴン(1993年)*
  • 940ポラールSXエステート(1996年)*
  • 940タック エステート(1997年)*
  • 940クラシック エステート(1997年)*
  • S90クラシック(1998年)*

(webCG)

ボルボ・アマゾン122S(1970年)
ボルボ・アマゾン122S(1970年)拡大

関連キーワード:
S90, ボルボ, オートモビル カウンシル2019, モーターショー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.27 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」のラインナップで、最も高性能な「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」に試乗。2リッター直4エンジンにターボとスーパーチャージャー、そして電動モーターを組み合わせた、“全部乗せ”400PSオーバーPHVの走りとは?
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.17 試乗記 2019年末に30台限定で導入されるや、発売当日に完売したという「ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード」。専用チューニングの電動パワートレインとシャシーを備えた、ハイパフォーマンスセダンの仕上がりを試した。
  • ボルボS60 T4モメンタム(FF/8AT)【試乗記】 2020.4.10 試乗記 現行ボルボで唯一のセダンとなった「S60」に試乗。伝統のステーションワゴンやSUVが話題を集めている同ブランドにあって、セダンにはどんな魅力があるのか。最高出力190PSのエントリーモデル「T4」のステアリングを握り、箱根の山岳路で確かめてみた。
  • ボルボS60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.3 試乗記 高い動力性能を備えながら、それを過度に主張しない上品かつ控えめなキャラクターによって独特の存在感を放つ「ボルボS60」。プラグインハイブリッドシステムを搭載した「T6 Twin Engine」に試乗し、ライバルとは一線を画すプレミアムセダンの魅力に触れた。
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
ホームへ戻る