【オートモビル カウンシル2019】ボルボはクラシックカー7台を展示

2019.03.27 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2019年3月27日、千葉・幕張メッセで開催される自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2019(オートモビル カウンシル2019)」(開催期間:4月5日~7日)に、同社のレストア事業を手がける「クラシックガレージ」のブースを出展。クラシックカー7台を展示・販売(一部車両を除く)すると発表した。

クラシックガレージは2016年8月に発足。ボルボ・カー・ジャパンのクラシックカー部門として当初は顧客からのレストア整備のみを請け負っていたが、2017年より車両の販売もスタートした。入庫されるクラシックボルボのコンディションに応じて、純正パーツを中心に整備を実施。正規ディーラー整備による安心感とともに、ユーザーにクラシックボルボを末永く愛用してもらうことを目指しているという。

今回出展を予定している車両は下記の通り。*は販売予定車両。

  • アマゾン122S(1970年)
  • 240ワゴン(1993年)
  • 240ワゴン(1993年)*
  • 940ポラールSXエステート(1996年)*
  • 940タック エステート(1997年)*
  • 940クラシック エステート(1997年)*
  • S90クラシック(1998年)*

(webCG)

ボルボ・アマゾン122S(1970年)
ボルボ・アマゾン122S(1970年)拡大

関連キーワード:
S90, ボルボ, オートモビル カウンシル2019, モーターショー, 自動車ニュース

ボルボ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN/S60 T8ポールスターエンジニアード【海外試乗記】 2018.11.14 試乗記 日本にやって来るのはまだまだ先。とはいえ、快進撃をみせる新世代ボルボのミッドサイズセダンには要注目だ。アメリカ西海岸で試乗した新型「S60」の走りは果たして、あらためてこのブランドの勢いを感じさせるものだった。
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード 2019.2.12 画像・写真 8年ぶりにフルモデルチェンジした、ボルボのミッドサイズセダン「S60」。2019年秋の国内販売開始に先駆けて、最上級モデル「S60 T8ポールスターエンジニアード」(北米仕様車)が東京都内で披露された。そのディテールを写真で紹介する。
  • 「ボルボS60」がフルモデルチェンジ よりスポーティーでスタイリッシュなセダンへと進化 2019.11.5 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンが新型「S60」を発表。3代目となったボルボのDセグメントセダンは、従来モデルより伸びやかで均整のとれたデザインが特徴で、最新のプラットフォーム「SPA」の採用によって進化した走りや快適性、充実した安全装備もセリングポイントとなっている。
  • ボルボS60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2019.11.7 試乗記 ボルボのDセグメントセダン「S60」が3代目にフルモデルチェンジ。端正で伸びやかなスタイリングが目を引く新型は、このセグメントをけん引するドイツ勢のモデルにも比肩する、実力派のプレミアムセダンとなっていた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
ホームへ戻る