【オートモビル カウンシル2019】ボルボはクラシックカー7台を展示

2019.03.27 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2019年3月27日、千葉・幕張メッセで開催される自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2019(オートモビル カウンシル2019)」(開催期間:4月5日~7日)に、同社のレストア事業を手がける「クラシックガレージ」のブースを出展。クラシックカー7台を展示・販売(一部車両を除く)すると発表した。

クラシックガレージは2016年8月に発足。ボルボ・カー・ジャパンのクラシックカー部門として当初は顧客からのレストア整備のみを請け負っていたが、2017年より車両の販売もスタートした。入庫されるクラシックボルボのコンディションに応じて、純正パーツを中心に整備を実施。正規ディーラー整備による安心感とともに、ユーザーにクラシックボルボを末永く愛用してもらうことを目指しているという。

今回出展を予定している車両は下記の通り。*は販売予定車両。

  • アマゾン122S(1970年)
  • 240ワゴン(1993年)
  • 240ワゴン(1993年)*
  • 940ポラールSXエステート(1996年)*
  • 940タック エステート(1997年)*
  • 940クラシック エステート(1997年)*
  • S90クラシック(1998年)*

(webCG)

ボルボ・アマゾン122S(1970年)
ボルボ・アマゾン122S(1970年)拡大

関連キーワード:
S90, ボルボ, オートモビル カウンシル2019, モーターショー, 自動車ニュース

ボルボ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT) 2020.2.17 試乗記 2019年末に30台限定で導入されるや、発売当日に完売したという「ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード」。専用チューニングの電動パワートレインとシャシーを備えた、ハイパフォーマンスセダンの仕上がりを試した。
  • ボルボS60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション/トヨタ・クラウン2.5 G(前編)【試乗記】 2020.1.8 試乗記 日本におけるセダンユーザー拡大を使命に、ボルボが送り込んできた新型「S60」。受けて立つのはこれぞニッポンのセダンたる「トヨタ・クラウン」。この2台を比較試乗し、SUV全盛のいま、セダンをチョイスする理由について考えた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.15 試乗記 ワールド・ツーリング・カー・カップ(WTCR)参戦マシンのロードゴーイングバージョンとして、台数限定600台が販売される「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」。伝統のホットモデル「GTI」シリーズで最強となる290PSのパワーを山岳路で味わうべく、富士山麓に連れ出した。
  • アウディSQ2(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.12 試乗記 アウディのコンパクトSUV「Q2」のラインナップに、動力性能を高めた「S」モデル「SQ2」が登場。小柄なボディーに最高出力300PSの高出力ターボエンジンと「クワトロ」フルタイム4WDを押し込んだハイパフォーマンスSUVは、いかなる走りを見せるのか?
ホームへ戻る