webCGメールマガジン

ここでしか読めないコラム、最新記事情報や読者アンケートの結果などクルマ好きなら必見です。

メルマガ会員に登録する
クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ボルボV90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)/S90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)

美しい意欲作 2017.02.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。

ドイツのライバルより上に見える

試乗会の行われている横浜みなとみらい地区に入ったら、斜め前の右折車線に白いS90が滑り込んできた。初めて見るボルボの新型フラッグシップセダンは、きれいだった。色のせいか、白鳥っぽい。クルマに興味のない女性などにも、「あれ、なに?」と指をさしてもらえそうなクルマだと思う。「メルセデス・ベンツEクラス」「BMW 5シリーズ」「アウディA6」らと同じクラスだが、あと4cmで5mの伸びやかな4ドアボディーは、もう少し上に見える。

S90は、「S80」以来、不在だったボルボのフルサイズセダンである。そしてS90のワゴン版がV90。これは従来の「V70」を引き継ぐ。「240」「740/760」「940/960」「850」と続いてきた“ボルボのワゴン”の最新型である。V70には、モデル末期恒例の “クラシック”がすでに出ている。

S90/V90は、大型SUVの「XC90」に続く新世代ボルボ第2弾である。ボディーサイズの大小にフレキシブルに対応できる車台、スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー、2リッター4気筒のDRIVE-Eパワートレイン、いずれも、いわば“フォードフリー”の自前コンポーネントで構成される。

2リッターエンジンのラインナップは、XC90と同じ。すなわち、最高出力254psのターボ、320psのターボ+スーパーチャージャー、これに87psのモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドの3種類。ただし、販売比率を2割程度と見込んでいるS90には、いまのところプラグインハイブリッドは用意されない。国内初の試乗会に用意されていたのは、S90、V90いずれも「T6 AWD インスクリプション」。320psの4WDモデルである。

「ボルボS90」のリアビュー。同車のデザインには、2013年のフランクフルトモーターショーで公開されたコンセプトカー「コンセプト クーペ」のエッセンスが生かされている。


	「ボルボS90」のリアビュー。同車のデザインには、2013年のフランクフルトモーターショーで公開されたコンセプトカー「コンセプト クーペ」のエッセンスが生かされている。
	拡大
「S90 T6 AWD インスクリプション」の前席。表皮には上質なナッパレザーが用いられており、ベンチレーション機能やマッサージ機能が備わる。
「S90 T6 AWD インスクリプション」の前席。表皮には上質なナッパレザーが用いられており、ベンチレーション機能やマッサージ機能が備わる。拡大
メーターパネルは、12.3インチの液晶表示となる。写真のように、カーナビの画面を表示することもできる。
メーターパネルは、12.3インチの液晶表示となる。写真のように、カーナビの画面を表示することもできる。拡大
「S90 T6 AWD インスクリプション」の2リッター直4エンジン。ターボとスーパーチャージャー、2つの過給機で燃焼の効率化が図られる。
「S90 T6 AWD インスクリプション」の2リッター直4エンジン。ターボとスーパーチャージャー、2つの過給機で燃焼の効率化が図られる。拡大

見た目以上にスポーティー

最初に乗ったのはS90。ナッパレザーの上等なシートに座ると、居住まいは、ルーフとアイポイントの低いXC90である。外観同様、内装もきれいだ。寒い国のクルマだから、部屋の中はあったかくしてあるよ、と言いたげなほっこり感を与えるのはボルボならではである。

美顔ローラーみたいなドライブモードセレクターや、小さなツマミを回すスタート/ストップスイッチもXC90と同じ。リアルなスイッチの数は少ないが、その分、モニター画面で操作するものが多く、とても一朝一夕には覚えきれない。ダッシュ中央のタッチスクリーンは赤外線式で、指を押しつける必要はなく、手袋をしていても操作できる。ほっこりしていても、装備はハイテクだ。

走行感覚は、ちょっと意外だった。4WDで、車重は1820kgある。もっとズッシリしているかと思ったら、さにあらず。むしろソールが薄い感じを与える。荒れた路面だと、255/35R20のピレリがちょっとバタつく。「乗り心地が若い!」というのが第一印象だった。

動力性能も若々しい。1.8t超とはいえ、同じ320psのXC90より240kgも軽い。しかも、低回転はスーパーチャージャー、上はターボで過給するツインチャージャーだから、どこから踏んでも力がある。白鳥に見えて、けっこうスポーツサルーンである。

スイッチやボタンの数が極力抑えられたインテリア。車両設定やインフォテインメントシステムの操作は、センターの9インチディスプレイを介して行う。
スイッチやボタンの数が極力抑えられたインテリア。車両設定やインフォテインメントシステムの操作は、センターの9インチディスプレイを介して行う。拡大
リモコンキー(写真左)は、内装と同色のレザーでコーディネートされる。その右側に見えるのは、センターコンソール上のエンジン始動スイッチと、走行モードの切り替えスイッチ。
リモコンキー(写真左)は、内装と同色のレザーでコーディネートされる。その右側に見えるのは、センターコンソール上のエンジン始動スイッチと、走行モードの切り替えスイッチ。拡大
2リッターの排気量から320psの最高出力を発生する「S90 T6 AWD インスクリプション」。JC08モードの燃費値は12.5km/リッターを記録する。
2リッターの排気量から320psの最高出力を発生する「S90 T6 AWD インスクリプション」。JC08モードの燃費値は12.5km/リッターを記録する。拡大

エアサスは付ける価値がある

続いて、V90に乗る。走りだすなり、驚いた。足まわりの印象がかなり違う。セダンより明らかに乗り心地がいい。同じクルマのセダンとワゴンだと、乗り心地はセダンのほうがいいものだが、逆である。

20インチのホイール/タイヤは両者一緒だ。違うのはリアサスペンションで、標準のリアサスは、XC90と同じく、複合樹脂素材の横置きリーフスプリングだが、V90にはオプションのエアサスが付いていた。乗り心地の好印象はアクティブダンパー(4輪)とセットになるこのリアサスペンションのおかげだろう。プラス20万円の投資効果は大きいと思う。

この日乗った2台は、ともにT6 AWD インスクリプションだが、本体価格はV90が799万円、S90は842万円。本来、高付加価値であるワゴンのほうがセダンより安く設定されている。グレード名は同じでも、S90にはサンルーフや高級オーディオを与えて、装備レベルをさらに上げているからだ。
ただし、エントリーグレードにあたる254psエンジン/18インチホイールのFFモデル“モメンタム”では、そんなねじれは解消され、V90は664万円。644万円のS90が最廉価となっている。

「V90/S90」のサスペンションは、フロントがダブルウイッシュボーンでリアがマルチリンク式。リアは、標準的なコイルスプリングに代えて、グラスファイバー製のリーフスプリングが使われている。グレードによりエアサスもオプション設定される。


	「V90/S90」のサスペンションは、フロントがダブルウイッシュボーンでリアがマルチリンク式。リアは、標準的なコイルスプリングに代えて、グラスファイバー製のリーフスプリングが使われている。グレードによりエアサスもオプション設定される。
	拡大
「V90 T6 AWD インスクリプション」の前席。ランバーサポートやサイドサポートの電動調節機構が備わる。
「V90 T6 AWD インスクリプション」の前席。ランバーサポートやサイドサポートの電動調節機構が備わる。拡大
こちらは、同じ「V90 T6 AWD インスクリプション」の後席。ドライバーの後方視界を確保すべく、乗員不在時は、左右席のヘッドレストを倒すことができる。
こちらは、同じ「V90 T6 AWD インスクリプション」の後席。ドライバーの後方視界を確保すべく、乗員不在時は、左右席のヘッドレストを倒すことができる。拡大

ボルボの美点は健在

全幅は変わらないが、V90のボディー全長はV70より12cm延びた。実測すると、平常時の荷室奥行きは115cm。これはV70より7cm長い。荷室側壁のレバーで後席背もたれを前に倒すと、フラットな荷室フロア奥行きは、175cmまで広がる。最大級の床面積を持つステーションワゴンである。

テールゲートのウィンドウ部分に強い傾斜がつき、ボルボ製フルサイズワゴンのアイコンでもあった切妻式リアエンドの伝統(?)はついえた。しかし、屋根の奥のほうからテールゲートが開くこちらのほうが、荷物の積み降ろしはずっとやりやすい。ビジュアル系大型ステーションワゴンとして、今後、V90はボルボのイメージリーダーになる予感がする。

S90とV90合わせて、正味90分あるかなしかのチョイ乗りだったが、わずかな試乗時間でも、作り手の意欲がひしひしと伝わってくる新鮮なニューボルボだった。ドイツ御三家の製品ほどパーフェクトではないが、乗っていると、いわく言い難いあたたかみと安心を覚えるのが、まさにボルボである。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=荒川正幸/編集=関 顕也)

「ボルボV90」のサイドビュー。伝統的な高級車のイメージに近づけるべく、従来のボルボ車に比べ、フロントホイールからAピラー付け根までの距離が長く取られている。


	「ボルボV90」のサイドビュー。伝統的な高級車のイメージに近づけるべく、従来のボルボ車に比べ、フロントホイールからAピラー付け根までの距離が長く取られている。
	拡大
「V90」の荷室容量は、560~1526リッター。絶対的な数値では、従来モデル「V70」(575~1600リッター)のほうが広い。
「V90」の荷室容量は、560~1526リッター。絶対的な数値では、従来モデル「V70」(575~1600リッター)のほうが広い。拡大
自動ブレーキや車線逸脱防止などの安全装備が多数備わる「S90/V90」。衝突時にボンネットを跳ね上げて歩行者を保護するプロテクション機能も搭載される。
自動ブレーキや車線逸脱防止などの安全装備が多数備わる「S90/V90」。衝突時にボンネットを跳ね上げて歩行者を保護するプロテクション機能も搭載される。拡大
ボルボV90 T6 AWD インスクリプション
ボルボV90 T6 AWD インスクリプション拡大

「V90 T6 AWD インスクリプション」のエンジン。2200rpmから40.8kgmの最大トルクを発生する。


	「V90 T6 AWD インスクリプション」のエンジン。2200rpmから40.8kgmの最大トルクを発生する。
	拡大
テスト車のインテリア。パネルの材質は、ウォルナット(写真)のほか、アルミニウムやバーチ(かばの木)が選べる。
テスト車のインテリア。パネルの材質は、ウォルナット(写真)のほか、アルミニウムやバーチ(かばの木)が選べる。拡大
北欧の神が持つハンマーをイメージした、T字のLEDヘッドランプ。ハロゲンランプ比で2倍の明るさを実現した。
北欧の神が持つハンマーをイメージした、T字のLEDヘッドランプ。ハロゲンランプ比で2倍の明るさを実現した。拡大

テスト車のデータ

ボルボV90 T6 AWD インスクリプション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4965×1890×1475mm
ホイールベース:2940mm
車重:1850kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ+スーパーチャージャー
トランスミッション:8段AT
最高出力:320ps(235kW)/5700rpm
最大トルク:40.8kgm(400Nm)/2200-5400rpm
タイヤ:(前)255/35R20 97W/(後)255/35R20 97W(ピレリPゼロ)
燃費:12.5km/リッター(JC08モード)
価格:799万円/テスト車=884万6000円
オプション装備:電動パノラマ・ガラス・サンルーフ(20万6000円)/Bowers & Wilkinsプレミアムサウンド・オーディオシステム<1400W/19スピーカー>サブウーハー付き(45万円)/電子制御リアサスペンション FOUR-C(20万円)

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:1255km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ボルボS90 T6 AWD インスクリプション
ボルボS90 T6 AWD インスクリプション拡大
「S90 T6 AWD インスクリプション」には、専用デザインの8スポーク20インチアルミホイールが装着される。
「S90 T6 AWD インスクリプション」には、専用デザインの8スポーク20インチアルミホイールが装着される。拡大
「S90」のトランクルームは、「S80」の480リッターをしのぐ500リッターの容量が確保される。6:4分割式の後席を倒すことで、容量を拡大できる。
「S90」のトランクルームは、「S80」の480リッターをしのぐ500リッターの容量が確保される。6:4分割式の後席を倒すことで、容量を拡大できる。拡大
高速道路を行く「S90」。コの字を描くリアコンビランプも特徴的なディテールだ。
高速道路を行く「S90」。コの字を描くリアコンビランプも特徴的なディテールだ。拡大

ボルボS90 T6 AWD インスクリプション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4965×1890×1445mm
ホイールベース:2940mm
車重:1820kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ+スーパーチャージャー
トランスミッション:8段AT
最高出力:320ps(235kW)/5700rpm
最大トルク:40.8kgm(400Nm)/2200-5400rpm
タイヤ:(前)255/35R20 97W/(後)255/35R20 97W(ピレリPゼロ)
燃費:12.5km/リッター(JC08モード)
価格:842万円/テスト車=842万円
オプション装備:なし

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:1899km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com